【バスケ】入らない原因はたった2つ。これで解決レイアップシュート練習法。

オフェンス シュート 指導法 練習メニュー

「ミニバスを始めた」

「中学で初めてバスケ部に入った」

「自分なりに上手い人をまねして練習しても入らない」

 

そんな人へレイアップシュートが入らない原因と、解決する練習法をお伝えします。

 

レイアップは、バスケットを始めたら最初に練習するシュートで、基礎のシュートになります。

そのため、安定して入るようになるとバスケットがどんどん楽しくなります。

 

しっかりマスターして、レイアップ100%を目指していきましょう。

 

 

上手くいかない原因①

1つ目の原因は、腕の力で投げてしまう。

これは、始めたばかりの選手に多い現象です。

 

特にミニバス選手だと、リングに届かせようと力任せに放ってしまうことが多いです。

投げてしまうと、バックボードに当たったボールが、跳ねすぎてリングを越えてしまいます。

 

投げてしまっている要因としては、シュートステップに入った時にボールを構える位置が低すぎることです。

 

 

上手くいかない原因②

2つ目は、ボールにスピンがかかってしまう。

 

スナップをかけてバックボードの低い位置に当たって、ボールが跳ね上がってしまうのが要因です。

回転をかけてしまうため、リングの真横くらいのバックボードを狙っていることが多いです。

スピンがかかったボールは、擦るようにバックボードに当たるので、予期せぬ方向に飛んでしまいます。

 

スナップをかけずにボールを上へ持ち上げ、バックボードに当たったボールは下へ落ちてリングに入るのが理想です。

 

 

解決方法①

投げてしまう選手に対する解決方法です。

シュートモーションに入ったときに、ボールを胸の前あたりに構えることを意識してください。

 

ドリブルから「1、2」とステップを踏むときにボールを胸の前に構え、「2」のステップで溜めた力を上へ踏み切ります。

前ではなく、上です。

 

そうすることで高くジャンプでき、そのジャンプの力でふわっと柔らかく上がったボールは、素直に下に落ちてリングを通ります。

 

投げるのではなく、持ち上げるイメージでシュートしてください。某バスケ漫画にもあるように「置いてくる」が基本です。

 

 

解決方法②

スピンがかかってしまう選手に対する解決方法です。

 

ボールを手から放す時に、手首で回転を掛けないことを意識してください。

こちらも、身体の低い位置で構えることで回転がかかりやすくなりますので、胸の前で構えることで解決できます。

 

ボールを当てる場所は、バックボードにある小さな枠の上角あたりが一番いいですね。

 

なかなか習得できない場合は、リングを使わずエアーで練習してみてください。

ボールを上へ上げるだけの練習を繰り返してください。

 

リングやボードに意識が取られない分、ボールを置いてくるように上げるイメージが掴めると思います。

この方法だと、お家で自主練でもできると思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

レイアップが入るようになるポイントは、

 

・ボールを胸の前あたりで構えること

・2歩目のステップで上へ踏み切ること

・手首で回転をかけずに置きに行く

・バックボードの小さな枠の上角を狙う

 

これらを意識することで、レイアップシュートが入るようになります。

 

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加