【バスケ】女子でも1ハンドで3ポイントシュートが打てる!

シュート

あなたは、女子のワンハンドシュートをどう思いますか?

「筋力が弱いから無理じゃない?」

「体が小さい選手は届かないでしょ」

なぁんて思ったりしますよね。

学生時代からずっとボースハンドで打ってきた筆者もそう思っていました。

実は、我々が教わってきたシュート理論そのものが、もう古いんです。

今回は、驚きの新常識で、誰でもワンハンドシュートが打てる理論をご紹介したいと思います。

NBA選手のシュートフォーム

アメリカでは少し前から使われていて、コービーブライアントも新常識の理論でシュートしていました。

簡単に説明すると・・・

  • ボールはベタ持ちで、右目の上辺り
  • 身体は斜め45度
  • 身体は前へジャンプ
  • ジャンプの時にターン

今までの理論と真逆だと思いませんか?

FOREST理論

この新常識の理論は「FOREST理論」と呼ばれていて、最近日本でも徐々に広がってきています。

  • Follow through・・・フォロースルーをしっかり
  • Off hand・・・・・・左手を添える
  • Rhythm・・・・・・・リズムよく打つ
  • Elbow・・・・・・・肘を一方向へ向けて
  • Sweep&Sway・・・・・履く&傾きの動きを入れて
  • Turn・・・・・・・・捻りを加えて打ちましょう

このうち、特に「E」「S」「T」の部分が、今までの日本にはない理論なんです!

今まで私たちが教わってきたのは、「BEEF理論」

  • ボールは体の中心にセット
  • 身体は正対
  • 真上にジャンプ、真下に着地
  • 腕は体の中心からまっすぐ伸ばす

これを読んだだけでも、かなり窮屈なシュートフォームだということが分かります。

実はコレ、3ポイントがなかった60年以上も昔のシュートフォームなんです。

昔のままのシュート理論

真上にジャンプして真下に着地すると、太ももの前と後ろの相反する筋肉を同時に動かしているのです。

つまり、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような動きなのです。

「それにしても窮屈すぎない?」

「窮屈なうえに反対の動きをする筋肉を同時に動かしていたなんて…」

「昔のプレイヤーはそんなフォームで打てていたの?」

そう思いますよね。

そう、打てていたんです。

というのも、3ポイントがなかったので『できるだけ近くで打ちなさい』というのが昔の教えだったからなんです。

「窮屈に固めたら、同じフォームでマシンのように入り続ける」というのが昔の教えだったんです。

当然と言えば当然ですよね、どこから入れても2点なんですから。

ですが、3ポイントルールができ、遠距離シュートは勝つための立派な戦術として認識され、世界では女子のワンハンドシュートは当たり前になってきているにも関わらず、日本のシュート理論だけは昔のままで教えられているんです

理屈はそのままで距離だけ伸ばそうったって、飛ぶはずがありませんよね。

セットした腕は窮屈なまま、真上に飛んで真下に着地、体の中心からボールを放つ…

そりゃ、ワンハンドシュートは届かない、ってなるわけです。

どうすると飛距離が伸びるのか

  1. 腕が付いている肩側にボールをセットし、フォロースルーは腕を自然に開く。そうすると腕をラクにしてシュートを放てる
  2. 前ももと裏ももの拮抗筋を同時に動かすと飛距離が出ない…なので、裏ももの筋肉だけを使ってボールを飛ばす
  3. ほうきのような掃く動きと捻りを加える。そうすると、身体の力が最大限ボールに伝わり飛距離が伸びる。

本来の身体の仕組みに従って打つ

このシュート理論は、BEEF理論に疑問を持った今倉定男コーチが、何年も渡米し現場で見たシュートを日本人向けに改編したものを「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム」と名付けました。

講義の一部動画がありますのでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ugJPkdE1Ih4&feature=emb_rel_end

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたも、ワンハンドシュートに変えてみませんか。

今さら…なんて思っても、今始めなければどんどん遅くなります。

興味を持たれたなら、いますぐにこの理論を知ってください。

小学生の女子でも、305cmのリングで3ポイントが入るようになりました。

飛距離に悩む男子選手も、届かなかったシュートがこの理論で入るようになりました。

筆者も、指導するチームの女子に取り入れて真っ最中です。

6年生の3人ほどが、ロングシュートが安定してきています。

あなたもぜひ参考にしてみてください。

今回、ご紹介の理論はこちらに収録されています。

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム(講義編)

日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム2~精度の高め方~

ショート・ミドルレンジからのシュートも
高精度にできる「精度の上げ方」がコレ↓
https://rs39.net/c/bk/ckis_2/bl/

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加