【ポストプレー】ローポスト1対1をできるようになろう!

オフェンス スキルアップ 練習法

強いポストプレーで確実に得点できる…センタープレーヤーにとってめちゃめちゃ憧れですよね。

もちろん指導する側でも、そんなプレーヤーが1人は居てほしいと願うものです。

そんな選手がいないなら、あなたがなってしまいしょう。

ミニバス選手でもできる簡単なポストプレーの練習法をご紹介します。

パワーポジションで強い面取り(シール)

ボールをもらう前から1対1が始まっています

強いポストプレーのために、まずは面取りです。

ボールに対してしっかりと開いた状態の面を張ります。

注意する点は、

  • ボールマンがパスをしやすい角度
  • ペイントエリアの外で立つ

ペイントエリア付近は接触のあるプレーが多いですが、押し負けない強い体幹が必要となります。

押し負けないためには、しっかりとしたパワーポジションが重要です。

 パワードリブルで押し込む

パスをもらったら、いよいよシュートへ向かいます。

  1. ディフェンスに背中を向けたまま
  2. リングに向かって縦足を取り
  3. 低く強い1ドリブル(パワードリブル)でリングへ向かって押し込む
  4. ボードに当ててシュート

まずはこのプレーを繰り返し練習しましょう。

実際の試合では、ディフェンスがどちら側に着いてもできるのがいいので、ウィークサイドストロングサイドのどちらも練習するといいでしょう。

また、ドリブルは両手で1つだけ、です。

距離も短いためたくさんのドリブルはできません。強いドリブル1つだけでリングへ向かってアタックしましょう。

できれば選手同士や指導者、親御さんなどがダミーのディフェンスに立って行なうのがいいですね。

リングへ向いてターンシュート

1つ目のパワープレーをやられたディフェンスが、同プレーに反応した際のプレーです。

なので、パワープレーをフェイクに使います

※ボールをもらったところからの手順です。

  1. 縦足を踏んでディフェンスを押し込む(フェイク)
  2. リバースターンで(足を引いて)リングを向く
  3. 素早いモーションでシュート

フェイクに反応したディフェンスとの間合いができるので、足を引いてのシュートになります。

1つ目とは違って少し距離のシュートのため、かなり打ち込む必要があります。

またはシュート確率が低くなるので、打った後のリバウンドも合わせて練習できるといいですね。

シュートチェックでドライブ

2つ目のターンシュートをやられたディフェンスがそれに反応します。

シュートチェックに出てくるのでドリブルで破りましょう。

  1. 縦足を踏んでディフェンスを押し込む(フェイク)
  2. リバースターンで(足を引いて)リングを向く
  3. 素早いモーションのシュートフェイク
  4. ウィークサイドをドライブ

気を付けることは、フェイクをフェイクだからとテキトーにせず、ディフェンスが反応しなければプレーを実行するということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1つ目から順に、ディフェンスが反応した場面を想定してご紹介しました。

  • パスをもらいやすい角度に面を取る
  • ペイントエリアの外で立つ
  • フェイクをテキトーにやらない
  • 繰り返し何度も行なう

これであなたも立派なセンタープレーヤーです。

ぜひ、練習や指導の参考にしてみてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人:バスケットボール上達編集部バスケットボール上達塾 編集部
私たち編集部は、重田恒文さんや星澤純一さん、金田伸夫さん、今倉定男さんなど有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。