【バスケ】教えて! アーリーオフェンスの意味と仕掛け方!

オフェンス スキルアップ ヒヤマ ココロ

オフェンス戦術のひとつである、アーリーオフェンス

速攻やセットオフェンスとちがった独特なテンポに、難しさを感じる人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、アーリーオフェンスの特徴やコツについて詳しく説明します。

「どうやって攻めたらいいかわからない」「うまくプレーする方法が知りたい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

【バスケ戦術】アーリーオフェンスとは?

バスケ戦術である「アーリーオフェンス(Early Offense)」とは、ディフェンスの守備体勢がととのう前に攻撃を仕掛けてスコアをねらう戦術です。

アウトナンバーをねらった速攻とはちがい、基本的に5対5を想定してプレーをおこないます。

とはいえ、セットオフェンスほどゆっくりもしていません。

トランジション(攻守の切替え)のあと「速いテンポ」もしくは「早いタイミング」で攻撃を仕掛けることで、ディフェンスの不意をついたプレーが可能になります。

また、速攻でディフェンスが追いついてきた場合にセットプレーへ切り替えるのではなく、スピードを維持したままチャンスをねらうことで効果を発揮します。

二次速攻(セカンドブレイク)ともいわれ、スピード感のある判断が求められるのも特徴です。

アーリーオフェンスは意外と簡単!?そのコツとは?

「アーリーオフェンスはどうすれば上手くできるの?」「アーリーオフェンスのやり方がわからない」と悩む人もおおいはず。

ここからは、意外と簡単に取り組めるアーリーオフェンスのコツについて説明します。

アーリーオフェンスでは、以下のポイントを意識してみましょう。

  • トレーラーを活用する
  • ピックアンドロールを活用する
  • タイミングを逃したら切り替える

どのようなことか、ひとつずつ確認していきます。

トレーラーを活用する

トレーラーとは、トランジション(攻守の切替え)で遅れてオフェンス参加する選手のことです。

おもに4番や5番といったインサイド選手がトレーラーになることが多く、最後にやってくるため攻撃速度がワンテンポずれます。

アーリーオフェンスでは、この「ズレ」を活用することで不意打ちプレーが可能になるのです。

トレーラーが飛び込むのは、コートの中央をはしる「ミドルレーン」と、両サイドをはしる「サイドレーン」のあいだ。

このエリアを「トレーラーレーン」と呼び、遅れて飛びこむことでパスが通りやすくなります。

パスが通ればレイアップ。

もし打てなくても、アウトサイドへボールを戻せば大丈夫です。飛びこんだ時点でディフェンスの注意を引けているため、今度はアウトサイドからのシュートがねらいやすくなります。

トレーラーを活用したプレーは、ディフェンスを混乱させることに効果てき面!アーリーオフェンスに取り入れられれば、あっという間にシュートへ結びつけることができます。

ピックアンドロールを活用する

ピックアンドロールとはスクリーンプレーのひとつで、アーリーオフェンスに限らずさまざまなオフェンスシーンで多用されています。

戦術としては、ボールマンのディフェンスにスクリーン(ピック)を掛けたあと、フリースペースに動いて(ロールして)ディフェンスの注意を引きよせる流れ。一時的にボールマンのマークがはずれてシュートがねらいやすくなるほか、ロールした自分へパスが通れば、そこからの展開も期待できます。

シンプルだからこそ使いやすいピックアンドロール。スピード感が求められるアーリーオフェンスでは、有効活用できる術としてチームで練習しておくのがオススメです。

タイミングを逃したら切り替える

アーリーオフェンスは、いわば速攻の延長戦のようなもの。速攻ほどのスピードは無いとはいえ、各選手の素早い判断が求められます。

また、最初に説明したとおり、ディフェンスの守備体勢がままならないうちに攻めるのが「アーリーオフェンス」です。オフェンスにかけられる時間は、ほんのわずかであることがわかりますよね。

タイミングを逃したら、すぐにセットオフェンスへ切り替えることも大切です。

アーリーオフェンスでチャンスを掴もう

アーリーオフェンスは難しそうと思われがちですが、とてもシンプルな動きで得点をねらう戦術です。トランジションの流れからテンポよく動くことができれば、効率的にスコアを上げることができることでしょう。

速攻からアーリーオフェンスにつなげる練習も、流れをつかめるのでオススメです。チャンスをものにできるよう、ポイントを押さえた練習に取り組んでみてくださいね。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人:ヒヤマ ココロヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。