【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.55

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

お知らせ
こちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。

「熊本クリニック」

熊本を訪問し、高校男子バスケ部にて不定期の講習会をおこないました。不定期と言っても年4,5回ほど呼ばれていますので、しっかりとした積み上げができています。

ジャンプスキルの向上と、平面における切り返し動作の発達を主に取り組んでいて、今回は新チームの2,1年生とくに1年生の基礎訓練を念頭に、内容をひとつずつ丁寧に実践していきました。

動きというのはそれぞれが別物なのではなく、根っこのところで繋がっています。繋がっているし重なっているのが運動動作というものです

ジャンプ練習

まずジャンプから入りました。2人で向かい合ってタップを繰り返します。全身で動作するダイナミックなジャンプを、タップという技術に組み込みます。

最重要は①股関節の使い方です。鼠径部の沈み込みとお尻での立ち上がり、これをマスターします。

上手なスクワット動作を覚えられると「構え」も「ジャンプ」も上達しやすくなりますので、これは重要なファンダメンタルです。

次に必要になるのが②上半身のスウィングです。足先を前へ揃えて股関節スクワットをすると、上半身が自然と少し前後へ振れます(※その原理は省きます)。

その振れに合わせるようにして腕をスウィングすると、全身で振り込むジャンプ動作を掴めます。

スクワットの動きに腕の動きがうまくマッチすれば、股関節を中心として腕の先、脚の先まで、全身の力が一連に作用して、大きな力でジャンプすることができるのです。

これは練習してきた3年生がやはり一番上手です。2年生もまずまずですが、もっと上達の余白があります。1年生はまるで體を操作できません。わかりやすいですね。そうであるからこそ、分解して一つずつ練習していきます。

50分ほどかけ丁寧に取り組んでいった結果、約10名の1年生が皆できるようになりました。2年生も一から練習し直したことで、さらに上達しました。

時間を掛けたのは特別なジャンプテクニックのようなことではなく、基礎となるスクワットの部分です。

ジャンプと切り返し動作の共通点

このジャンプ練習のあと、切り返し動作の練習に進んでいきましたが、じつはジャンプ同様、基本のスクワットができるかどうかが上達の鍵となりました。

切り返し動作のポイントは唯一、床を刺す脚の技術です。脚のどの辺りで踏ん張るかによって、切り返しが軽くも重くもなります。

私が選手たちにアドバイスしたのは、できるだけ膝を伸ばした体勢で脚を突っ張り、鼠径部をしぼって「股関節で衝撃を受ける」ということでした。

これはスクワットの基本そのままです。股関節でのスクワットが習得できていると、この感覚は容易く理解できます。

基本が身についていると、初めて取り組む慣れない動作であっても、あまり時間を掛けずに習得できることでしょう。

何が言いたいかというと、ジャンプも切り返しも、まったく違う動作なのに礎となる體の感覚は同じであるということです。

だとすると運動の技量習得というのは、私たちが苦労しているより実際はそれほど難しいものでもないと考えることもできます。

ひとつの體ですることですから、本来はすべてが繋がっているはずです。だからこそ共通した基礎というものを大切にすべきなのです

ファンダメンタルの意味

この高校チームに限らずとも、スクワットの構えや動作というものが身についていない者は、多くの練習で時間が掛かっています。チームには必ず、基礎がしっかり身についている選手とそうではない選手がいます。

それは一様に頑張っているけれど力に差が出ているのではなく、基礎を大事にしているか軽んじているかの違いです。

ファンダメンタルという言葉をよく耳にしますが、本当の意味するところは、自分の肉体を動かす上で中心となる體の使い方だと私は考えます。

それはどのような動作においても組み込まれているもので、偏ったり特化した動作ではありません。

「どんな運動をするにせよまず脚というのはこのように使うものだ」

それが本当のファンダメンタルです。

人間の身体構造(からだのつくり)を無視して、バスケットボールでの動きはこう、野球ではこうと特別な動作として行おうとしてもそれはうまくいきません。

まず基本となる脚の使い方、腕の使い方、背骨の使い方など、私たちの骨のつくり・筋肉のつくりから表現される自然な動作というものを見つけて習得することが、高度な身体操作への足掛かりとなります。

つまり熟知することです。どんなスポーツをしても特別な動きをしても、必ずベースとなる基礎動作がありますので、それは自分のからだのつくりというものを熟知する必要があるのです。

基礎基本があってこそ

今回の熊本での體づくり講習会でも、下半身動作の基礎として股関節の動きの習得度によって、バスケットボール動作の練習に差が出ました。

3,2年生と1年生で大きく差があり、また同学年で比べてもこれまでの積み上げによって、たとえば2年生10数名で技量に差が見られました。

面白いくらいに、基礎が習得できている者はどのような形態の動作であっても巧みにできており、基礎の無い者はどの練習においてもできませんでした。

人間の脚というのはどのように動くものなのか、どう力を入れるのが基本か、それを身につけることをあなたもどうぞ大切にしてください。

基礎練習に時間を掛け、自分の體をよく知ることで、走る技量、跳ぶ技量、投げる技量といったものがはじめて向上します。

バスケットボールにおける専門的な動きも、基礎があってこそ身につきます。

體づくりとは唯一つそれを習得するためにこそ、必要なのです。

(了)

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp

・TEL:0120-242-007
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム2~精度の高め方~
ショート・ミドルレンジからのシュートも

高精度にできる「精度の上げ方」がコレ↓
https://rs39.net/c/bk/ckis_2/bl/

 

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます