【バスケ】強いチームは外さない!?レイアップを確実に決めるためには。

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 育成法

バスケットボールにおいて、レイアップシュートというのは決して無視できないシュートです。

速攻でノーマークのレイアップシュート、めちゃめちゃ緊張しますよね。

 

1対1のドライブからのシュートだったり、パス&ランからのシュートだったり。

単純なシュートだからこそ、絶対に決めたいシュートですよね。

 

そんな切っても切れないレイアップシュートを、落とさないコツをご紹介したいと思います。

(参考)

【バスケ】レイアップシュートはステップから教えましょう

【バスケ】入らない原因はたった2つ。これで解決レイアップシュート練習法。

 

落とす原因1

まず1つめは、踏み切りに入るのが遅くてリングに近づきすぎてしまうパターンです。

ドリブルが1つ多かった時などになりがちで、シュートがリングの根元に当たることがよくあります。

 

ミニバスなどの身体の小さな選手は、どうしてもリングに近づこうとするので実際のシュート時にはリングの真下に来ちゃった、なんてこともしばしば。

距離が近すぎると、シュートのコントロールが難しくなります。

 

これに対する改善点は、早めにステップに入ることです。

少し遠いくらいがちょうどいいんです。遠めから思いきってステップに入りましょう。

 

そうするとシュートのコントロールがしやすくなるので、落とす可能性がかなり低くなります。

 

落とす原因2

2つ目は、身体が前に倒れてしまっているパターンです。

身体が前に倒れると、シュートの際のジャンプも前に飛んでしまいます。

そうすると、やはりシュートはリングの根元に当たりがちになります

 

この改善点は、踏み切った後、上にジャンプすることです。

前にジャンプする選手に多いのが、ハードルを飛び越えるようにジャンプしている状態です。

 

・1歩目でステップに入り

・2歩目で床を蹴って踏み切り

1歩目の足を後ろに残さず前で上げるように

 

この3番目の動作を意識的に行うことで、フォームがキレイな高いシュートになります。

 

強いチームはレイアップを落とさない

バスケのシュートの中で最も基本的なシュートなので、慣れてくるとおろそかになってしまいがちですが、やはり一番使うことが多いのも事実です。

 

速攻ノーマーク、カッティングからのレイアップ、ドライブからのレイアップなどなど。

1本1本を丁寧に打ってきちんと決めることで、得点が重なっていきます。

 

高校や大学の上位レベルでも、レイアップシュートを見ない試合はありませんし、やはり勝ち進むチームは、そういった基礎的なシュートも丁寧にやって落とさないのです。

 

 

いかがでしたか?

レイアップシュートを落とす原因と改善点をご紹介しました。

 

(原因)

・ステップに入るのが遅い

・体が前に倒れている

 

(改善点)

・少し遠いくらいから強くステップする

・2歩目の足を前に持ってきて上にジャンプする

 

レイアップシュートの大切さをお分かりいただけたと思います。

選手たちと共有し、ぜひチームでの練習にお役立てください。

 

 

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加