【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.18

オフェンス シュート スキルアップ ディフェンス トレーニング ドリブル メンタル 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

コンタクトの強さは馬鹿力にあるとしか考えていない人は、技量が足りません。

体を張ったぶつかりや押さえ込みは、最終的に力ではなく「技」で決します。

体の当たりを強くしようと肉体改造、筋肉づくりに没頭する人も多いと思います。

しかしそれはその筋力の発揮の技能があってこそのものであり、うまく体を動かすことのできない人は、バーベルを持ち上げることはできても、競技の中で瞬間的に起こるコンタクトに対応することができません。

相手も動く人間であり、動きをかわされることもあればタイミングをずらされることもあります。都合よく筋力だけを発揮してぶつかることは皆無です。

筋力とは能力のほんの一つに過ぎません。それを武器にできる利用の仕方、つまり「技」が必要なのです。

単におしくらまんじゅうみたいに押し合いをするのでも、体格の差が歴然でない限りは、力任せでうまく勝てるものではありません。

そこで勘の良い人は、自分の力の入れやすい体勢とか、押す方向だとか、体が当たる瞬間の踏ん張り方、そのようなことに気を配ります。

自らの感性でどのようにしたらぶつかりに負けないか、我慢できるか、良いポジョンを取れるのか、変化をさせていきます。成功するやり方を自分で探って見つけていきます。

一見して線が細いと思える人が、意外にパワフルだったりすることがありますね。それは体の使い方が上手いからです。コンタクトの「力」ではなく「技能」が高いのです。

筋力ももちろん必要です。でもそれより押さえ込める技、有利なポジョンを取れる技を磨くことに時間を掛ける方が断然に有益です。なぜなら筋力は、その技術の上に自然とプラスされるからです。

技がなく力だけならば、力の分は強いですが技でかわされたりずらされたりすれば負けてしまいます。パワーがあるおかげで技術もより発達するのであればいいのですが、その方向の発展はありません。技から力へは進みますが、力から技へは繋がらないのです。

じつは筋力とは、様々な運動能力の一番後ろにくるものなのです。そして残念ながら、自分はパワーがあると自負する人は、過信して全てを力任せにやろうしてしまい、そこから謙虚に技を習得しようとはしません。

ぜひコンタクトパワーよりもコンタクトスキルを磨いてください。力(筋力)という能力も、最後は技として使われるということを覚えておいてください。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/mm/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/mm/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/