menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  2. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  3. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  5. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  6. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  8. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  9. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  10. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、シュートのタッチがとても良いんです。

・下半身(脚)が使えてないな…

・アクションがオーバーにできていないな…

・もう少し連動を滑らかにしたいな…

と、少しずつエラーも感じ取れるようにもなってきました。

それもこれも、自然なフォーム今倉コーチの「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム」を実践している成果だと感じています。

やっぱりシュート練習って楽しいです。

・・・ですがシューティングって1人で行えないですよね?

2人1組ぐらいで行うのが、最も効率的な練習法って感じていました。

ですが、今倉コーチは「正しいアークと強烈なバックスピンをかけると、たった1人でシューティング練習は行えますよ」

と不敵な笑みを浮かべながら仰いました。

そんなバカな…と思っている私の元に、ある動画が届きました。

1人で行うシュート練習法。

それがコチラです。

動画を見ていただくとわかる取り、1人で行う練習法というのは

スウィッシュと同時に強烈なバックスピンが「かかった結果」の時に行える練習法となります。

もしかすると、「再現性がない」と思われたかもしれませんが、動画のような練習法が最も理想的なシューティング練習だといえます。

入ったことに対してではなく、自然と完璧なフォームで何度も打てている証拠となります。

 

その方法を習得できるシュート理論が、コチラになります↓

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】友人関係をどう考えるか

  2. 【バスケ】指導者は必見のポストマンディフェンスの「基本」

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No…

  4. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

  5. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①

  6. 【新着レビュー】ワンハンドシュートを習得するメリット①

ピックアップ記事

  1. ディフェンスが上手くなりたいけど、よくフェイクにかかって抜かれてしまう…。このような悩みを抱…
  2. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  3. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  2. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  3. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る