menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、シュートのタッチがとても良いんです。

・下半身(脚)が使えてないな…

・アクションがオーバーにできていないな…

・もう少し連動を滑らかにしたいな…

と、少しずつエラーも感じ取れるようにもなってきました。

それもこれも、自然なフォーム今倉コーチの「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム」を実践している成果だと感じています。

やっぱりシュート練習って楽しいです。

・・・ですがシューティングって1人で行えないですよね?

2人1組ぐらいで行うのが、最も効率的な練習法って感じていました。

ですが、今倉コーチは「正しいアークと強烈なバックスピンをかけると、たった1人でシューティング練習は行えますよ」

と不敵な笑みを浮かべながら仰いました。

そんなバカな…と思っている私の元に、ある動画が届きました。

1人で行うシュート練習法。

それがコチラです。

動画を見ていただくとわかる取り、1人で行う練習法というのは

スウィッシュと同時に強烈なバックスピンが「かかった結果」の時に行える練習法となります。

もしかすると、「再現性がない」と思われたかもしれませんが、動画のような練習法が最も理想的なシューティング練習だといえます。

入ったことに対してではなく、自然と完璧なフォームで何度も打てている証拠となります。

 

その方法を習得できるシュート理論が、コチラになります↓

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】ワンモーションとツーモーションの安定感につい…

  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「BS」を分析する…

  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「MIN」から分析…

  4. 【レビュー3】3Pシュートを高い確率で決める為の術だといえます。…

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  6. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】フリースローを加え…

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る