menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を…
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
  4. 坂口慎の【武学籠球】バスケ歴数ヶ月の武学の先輩がディープスリー?
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.27
  6. 【バスケ】指導者は必見のポストマンディフェンスの「基本」
  7. 【バスケ】横ズレをなくすためのシューティングライン
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「3P%」と「2P%」の…
  9. 【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法
  10. 【坂口慎の武学籠球】Harden選手の片脚ステップバックシュート
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、シュートのタッチがとても良いんです。

・下半身(脚)が使えてないな…

・アクションがオーバーにできていないな…

・もう少し連動を滑らかにしたいな…

と、少しずつエラーも感じ取れるようにもなってきました。

それもこれも、自然なフォーム今倉コーチの「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム」を実践している成果だと感じています。

やっぱりシュート練習って楽しいです。

・・・ですがシューティングって1人で行えないですよね?

2人1組ぐらいで行うのが、最も効率的な練習法って感じていました。

ですが、今倉コーチは「正しいアークと強烈なバックスピンをかけると、たった1人でシューティング練習は行えますよ」

と不敵な笑みを浮かべながら仰いました。

そんなバカな…と思っている私の元に、ある動画が届きました。

1人で行うシュート練習法。

それがコチラです。

動画を見ていただくとわかる取り、1人で行う練習法というのは

スウィッシュと同時に強烈なバックスピンが「かかった結果」の時に行える練習法となります。

もしかすると、「再現性がない」と思われたかもしれませんが、動画のような練習法が最も理想的なシューティング練習だといえます。

入ったことに対してではなく、自然と完璧なフォームで何度も打てている証拠となります。

 

その方法を習得できるシュート理論が、コチラになります↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  2. 小谷コーチの【分析バスケ】「T0/40MIN」を分析する

  3. 【電光石火】セカンダリーブレイクについて【バスケ】

  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテ…

  5. 【武学籠球】武学は科学

  6. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。坂口慎です。前回は僕の武学の先輩が、バスケ…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…

おすすめ記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を考えよう その3
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
ページ上部へ戻る