menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
  4. 【バスケ】手のひらのどこにボールを置く?【シュート】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その6
  6. 【バスケ】ゴールに正対しろ!と指導すると精度が下がる理由がコレ↓【シュ…
  7. 【坂口慎の武学籠球】教育と指導のバランス
  8. 【自宅トレ】新年度で他チームに差をつける体力トレーニング
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その5
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その4
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「BS」を分析する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!小谷究です。

私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めています。

また、同大学バスケットボール部を指導しています。

このメルマガでは、バスケットボールを分析する方法について一緒に勉強して行きましょう。

今回はブロックショットの本数である「BS」について分析していきましょう。

ブロックショットとは、相手プレーヤーがショットしようとしている、もしくはショットしたボールにディフェンスプレーヤーが触れることをいいます。

ショットを放つ際には、ボールをレシーブした位置から一旦下げるディップをするにせよ、しないにせよ、一度ボールを額のあたりのリフティングポジションまで運び、それからリングへと押し出します。

このリフティングポジションの局面がはっきりしているプレーヤーとほとんど分からないプレーヤー、もしくはステフィン・カリーのようにこの局面がないプレーヤーもいますが、多くのプレーヤーがリフティングポジションの局面がはっきりと見てとれます。

リフティングポジションまでリフティングする際に、肩よりも低い位置でディフェンスプレーヤーがボールをカットして奪った場合にはスティールである「ST」としてカウントされます。

リフティングされているボールを肩よりも高い位置で、ディフェンスプレーヤーがカットした場合に「BS」としてカウントされます。

【「BS」が多いプレーヤーの身長と身体能力】

NBA2017-18シーズンにおける1ゲームあたりのブロックショットをみるとアンソニー・デイビスが2.6本でトップ、次いでクリント・カペラ1.9本、ケビン・デュラント、ジョエル・エンビード、マイルズ・ターナー1.8本と続きます。

彼らの身長に着目するとアンソニー・デイビスが208cm、クリント・カペラが208cm、ケビン・デュラントが206cm、ジョエル・エンビードが213cm、マイルズ・ターナーが211cmと比較的長身で身体能力の高いプレーヤーが名を連ねます。

前述したとおり、リフティング中のボールについては、肩よりも高い位置でディフェンスプレーヤーがカットした場合に「BS」としてカウントされます。

さらに、ブロックショットとしてよく観察されるものは、リフティングポジションからリングに向かって押し出される、もしくは、手から離れた直後のボールにディフェンスプレーヤーが触れるものになります。

したがって、ブロックショットをするにはある程度の高さに到達できる身長やジャンプ力が必要になるといえます。

つまり、ボックススコアで「BS」が多いプレーヤーが確認できた場合には、そのプレーヤーは長身であるか、高い身体能力を持ち合わせている、もしくはその両方を兼ね備えていることが予想されます。

次回は、「BS」が多いプレーヤーについてさらに深く分析していきましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】-戦術4-Latvia1

  2. 坂口慎の【武学籠球】ワンモーションとツーモーションの安定感につい…

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No…

  4. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic3

  5. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バス…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み そ…

ピックアップ記事

  1. あなたは脚を細かく刻めますか?一歩で大きく移動できるダイナミックな動作というのは魅力です。で…
  2. 今回ご紹介したチームと選手の話というのは特別なものではない。どこにでも誰にでも起こりうる、私たちの日…
  3. 学力偏差値の高い子らは、何でも真面目にやれるし頑張れる。知識も豊富だ。しかしその良さを活用することを…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.42
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その8
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その7
ページ上部へ戻る