menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を…
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
  4. 坂口慎の【武学籠球】バスケ歴数ヶ月の武学の先輩がディープスリー?
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.27
  6. 【バスケ】指導者は必見のポストマンディフェンスの「基本」
  7. 【バスケ】横ズレをなくすためのシューティングライン
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「3P%」と「2P%」の…
  9. 【バスケ】一人で行える“効率的”シュート練習法
  10. 【坂口慎の武学籠球】Harden選手の片脚ステップバックシュート
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【新作情報】ディフェンス指導の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは、ディフェンス指導の際、選手たちに「相手を止めきるように守れ!」というように、

「ディフェンス=相手を止める」と指導されていませんか?

もし、そうだとすると、残念ながら選手たちは、自分たちよりもスピードが速くて、スキルのある選手たちを止めることは、どれだけ練習を重ねても難しいかもしれません。

なぜなら、あなたの選手たちが日々成長するように、強豪校の選手たちも同じように成長しているからです。

つまり、いくら練習を重ねても、小手先のテクニックでは近づけたような気がしても、本質的には差を埋められず、同じような結果を招く危険性があります。

では、どうすればいいのか?

星澤先生のディフェンス理論では、「時間」を奪うことが、ディフェンス指導において、最も重要だと仰います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について…

  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  3. 【武学籠球】武学における学び方の三段階~自学自育~

  4. 【片岡編集長のレポート】吉田亜沙美選手のスーパープレー2

  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「DR」,「TR」…

  6. 【小谷コーチの分析バスケ】NBAとNCAAのゲームを数試合ほど観…

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。坂口慎です。前回は僕の武学の先輩が、バスケ…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…

おすすめ記事

  1. 坂口慎の【武学籠球】バスケクリニックなのに寝技をし始める?
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】いまこそ「キャプテン」を考えよう その3
  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「eFG%」を導く
ページ上部へ戻る