menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【新作情報】ディフェンス指導の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは、ディフェンス指導の際、選手たちに「相手を止めきるように守れ!」というように、

「ディフェンス=相手を止める」と指導されていませんか?

もし、そうだとすると、残念ながら選手たちは、自分たちよりもスピードが速くて、スキルのある選手たちを止めることは、どれだけ練習を重ねても難しいかもしれません。

なぜなら、あなたの選手たちが日々成長するように、強豪校の選手たちも同じように成長しているからです。

つまり、いくら練習を重ねても、小手先のテクニックでは近づけたような気がしても、本質的には差を埋められず、同じような結果を招く危険性があります。

では、どうすればいいのか?

星澤先生のディフェンス理論では、「時間」を奪うことが、ディフェンス指導において、最も重要だと仰います。

 

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術13 ワールドカップ対戦国2

  2. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想す…

  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「3P%」と「2P…

  4. 【バスケ動画】ディフェンスが苦手な選手が行う動き方

  5. 【バスケ練習法】なぜ、たった58分で1対1から5対5まで練習が行…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
ページ上部へ戻る