menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 今倉理論を観る前に心掛けたいこと
  2. 【レビュー4】ドリブルからシュートに移行しやすい事もメリットの1つ【新…
  3. 【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】
  4. 【レビュー3】3Pシュートを高い確率で決める為の術だといえます。【新作…
  5. 【レビュー2】シュートに対する新しい考え方だけではありません【新作教材…
  6. 【武学籠球】相手を抜くタイミングとは?
  7. 【新作教材】ワンハンドシュートの利点【レビュー1】
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】作ってきたこれまでと作ら…
  9. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「ST」が多いプレーヤー…
  10. 【バスケ】シュートレンジが最大「約3m広がり」 確率が「2倍アップ」…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【新作情報】ディフェンス指導の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは、ディフェンス指導の際、選手たちに「相手を止めきるように守れ!」というように、

「ディフェンス=相手を止める」と指導されていませんか?

もし、そうだとすると、残念ながら選手たちは、自分たちよりもスピードが速くて、スキルのある選手たちを止めることは、どれだけ練習を重ねても難しいかもしれません。

なぜなら、あなたの選手たちが日々成長するように、強豪校の選手たちも同じように成長しているからです。

つまり、いくら練習を重ねても、小手先のテクニックでは近づけたような気がしても、本質的には差を埋められず、同じような結果を招く危険性があります。

では、どうすればいいのか?

星澤先生のディフェンス理論では、「時間」を奪うことが、ディフェンス指導において、最も重要だと仰います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタ…

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8

  4. 【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  5. 【シュート】スナップの使い方について

  6. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点…

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。慎です。今回は先日リアルスタイルさんからリリースされた「ナチュ…
  2. 今回は、諸外国のシュートフォーム事情について考えてみたい。確かな証拠があ…
  3. 今回ご紹介している今倉コーチのシュート理論は飛距離が伸び、シュート成功率がアップするだけでは…

おすすめ記事

  1. 今倉理論を観る前に心掛けたいこと
  2. 【レビュー4】ドリブルからシュートに移行しやすい事もメリットの1つ【新着情報】
  3. 【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】
ページ上部へ戻る