menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】これをやればトレーニングの効果が上がります~トレーニングの基礎~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケに限らずどんな競技でも、スポーツをやっていれば「強くなりたい」「スピードを上げたい」などの願望を持ち、それに備えてトレーニングを組んだりしている選手も多いと思います。

 

それらのトレーニング効果を上げ、身体の軸を安定させる基礎の体幹トレーニングをご紹介したいと思います。

 

 

どんな効果があるの?

「ドローイン」

ダイエットなどにも効果のあるこの言葉を、あなたも一度は聞いたことがあるかもしれません。

とても地味なトレーニングですが、体幹を鍛えるにはとても有効的でいつでもどこでもできるので、お家トレーニングにオススメです。

 

どんなことに効果があるかと言いますと、

お腹の内側のトレーニングなので、身体全体が鍛えられて軸がブレずに当たりに強くなり、手足を動かす時にも力がグンと増します。

 

腕や太ももに筋肉はあっても体幹が鍛えられていないと、反応が遅いとかスピードが出ないとかジャンプが低いなどに繋がります。

つまり、体幹を鍛えることによって身体能力も上げることができるのです。

 

どうです?

魔法のトレーニングだと思いませんか?

 

 

ドローインのやり方は?

効果的なトレーニングであることは、おわかりいただけたと思います。

では、やり方ですが…。

 

息を大きく吸いながらお腹を膨らませます。

口から「ふぅー」と息を吐きながらお腹を凹ませていき、吐き切ったら凹ませたお腹をキープしながら鼻でゆっくり息をします。

 

お腹に力が入っていると思います。

きちんと効いているかのチェックは、自分でお腹を突いてみてください。

 

お腹の内側が固くなっていると思います。

これがドローインです。

 

お腹に力を入れるので息がしにくくなりますが、息を止めないように気をつけてください。

できるだけ長くキープしましょう。

長くキープできればできるほど、インナーマッスルが鍛えられてきた証拠です。

 

また、肩や胸に力を入れずお腹だけに力を入れるようにしてください。

 

 

いつできるの?

いつでもできます。

テレビを見ながら、勉強しながら、お風呂で、通勤通学中など、腰を掛けて座っている状態であればいつでもどこでもトレーニングできます。

 

また、より効果的にするには、他のトレーニング中にもこのドローインを意識して、お腹に力を入れて取り組むことで、行っているトレーニングの効果が上がります。

 

 

いかがでしたか。

今回ご紹介した「ドローイン」をマスターすることでフィジカルが強くなり、当たり負けしなくなったり、ジャンプ力が上がったり、スピードが上がったりと良いこと尽くめなんです。

 

簡単なトレーニングで大きな成果を得られるので、ぜひお家トレーニングや自主練に取り入れて、指導の参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『…

  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック

  3. 【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  4. 保護中: 【トレーニングレポート⑤】今の日本の子供たちに、運動す…

  5. 【バスケ】知っておくべき、ドリブルテクニック5選【スキルアップ】…

  6. 【武学籠球】自分に合ったフォームと「シュートはパス」

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る