【武学籠球】武学の伝え方は「不立文字」

オフェンス シュート スキルアップ ディフェンス トレーニング ドリブル パス 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー 育成法


みなさん、こんにちは!

最近、稽古仲間とバスケをする機会が多く、自分の中でいろんな発見ができています。

稽古仲間も僕とバスケをすることで、多くの気づきを得ているようです。

やはり実際に会ったり、実際に触れてみたりするというのは、多くの成長をもたらします。

武術の世界でも、多くのことが文字や言葉ではなく、体験や接触によって伝えられます。

それを
「不立文字」
といいます。

武学の元となっている孫子の兵法も書物で残されてはいますが、それはすべて体験したものを記しただけであり、読むだけでは伝わらないことがたくさんあります。

これは「情報量」を観ていくとわかります。

まず一番情報量が少ないのが「文字」です。

例えば、パソコンで文字を1000文字打つとします。

1文字の大きさにもよりもますが、1~2byteぐらいなので、合計約1000~2000byte=1~2KB。

そう考えると本などは1ページに1000文字書かれていて、ページ数が300ページくらいだとすると、合計300~600KB分の情報量ということになります。

次に情報量が多くなるのが「写真」です。

パソコンで写真の容量を観てみると普通の写真であれば1MBくらい。

一眼なら10MBくらいです。

普通の写真が1MBであれば、文字に比べたら「約千倍」になります。

つまり、1000ページ分の本になるので、それは広辞苑レベルです。

次は「動画」です。

動画は少なくとも1GBから10GB。

4Kならもっとあるでしょう。

ということは「情報量」で観ると、文字よりも写真、写真よりも動画、ということになります。

「じゃぁ動画を使えばうまく伝わる!」と思うかも知れませんが、観てわかるもの以外にも、身体に触れてみた感じやこちらに伝わってくる感じなどは伝わるでしょうか?

なかなか難しいですよね。

それを可能にするのが「身体」です。

実際に会って身体に触れることで、その情報を自分の身体で感じ取り、得た情報をもとに身体に落とし込んでいきます。

また、人が一歩くだけでもその情報量は、計り知れないほどの量になります。

なのでAIなどが運動するのは難しいと言われてます。

(最近はかなり進化していますが…)

仮にプログラミングできたとしても、目の前の相手がドライブで攻めてきたときに、相手は今自分の右側を抜いて来ようとしている
時速は15キロで0.4秒後に通り抜ける

それを止めるには筋肉のあこと、ここと、そこをこうして…とやっている間に抜かれてしまうでしょう。

ということは、身体には莫大な情報量と処理速度があります。

つまり、日常生活しているというだけでも、その情報量は僕たちが想像できないレベルで膨大ですでにすごいものを僕たちは持っているのです。

なので武学では「身体」でみていくわけです。

本でもなく、思考で考えるでもなく、
「身体」です。

僕も最終的にはメルマガを読んでくださっているあなたとお会いして、実際に体験してもらいたいなと考えています。

その日が来るのを楽しみにこれからもまずは文字で伝えられることは伝えていこうと思っています。

よろしくお願いします。

では。

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/mm/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/mm/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます