日本教育がなくしている”自主性”を、バスケから学ぼう

指導法

こんにちは、木下です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは、「自主性」です。

中・高生のバスケットボールプレーヤー、保護者・指導者の方々に読んでいただきたい内容となっております。

ぜひ、最後までご覧ください。

世界との違い

他国と比べた日本人の性格、、、

そんなこと考えたことありますか?

相手を思いやる気持ちや気遣いなど、素晴らしい「協調性」を持っているところは日本人の良さですよね。

一方で、表現力や積極性など他国に比べ劣っているのも事実です。

日本の教育では、「人に迷惑をかけてはいえない」と教えられます。

当然ですが、子どもたちは大人の言う事に従い、決められたことを周りの友達と同じように行います。

このトップダウン体制が確立したことにより、意見を言えば注意され、行動すれば叱られるようになりました。

「出る杭は打たれる」ということわざの通り、人と違う意見を言う・行動すると叩かれる文化が根付いてしまっています。

その結果、

  • 主体性が育たない
  • 失敗を恐れる

といった風潮になってしまいました。

一方で、他国はいかがでしょうか?

アメリカでは、「自己アピールが大切」と幼い頃から教えられます。

多種多様な人種が集まっている環境で生き残っていく為には、個性の尊重が不可欠であるということです。

「自己主張しないと生き残れない国」アメリカの学校教育は、自主性を求められます。

発表や討論が多く、常に先生から発言を求められます。

そんな環境で過ごしていると、

  • 好きなものは好き
  • 嫌いなものは嫌い

とハッキリ言えるのは、普通なことなのかもしれません。

また、インドでは、「あなたは人に迷惑をかけて生きていかなければならないのだから、人のことも受け入れてあげなさい」と子供に教えるという有名な話があります。

面白いですよね。

国によって、教育方針が180°違います。

監督の言う事が「正解」ではない

スポーツに、方程式はありません。

  • 能力
  • 場面
  • 状況

によって、選択肢は異なります。

1対1の場面ひとつとっても、

  • ディフェンスが離れていたらシュートを打つ
  • 3Pに自信がなければ中に切り込む
  • 他のプレーヤーがあいていたら仕掛けずにパスをする

そうです。

監督が言うことは「正解」ではなく、「選択肢」の一つです。

私は以前中学生の指導に当たった経験があるのですが、ずっと子どもたちに伝え続けたことがあります。

「私が言うことが正解ではない、選択肢の一つだ。状況に合わせて最適な方法が何なのかを考える癖をつけなさい」

頭を使わないプレーヤーはうまくなりません。

考える癖をつけることは、客観的に自分の課題を見つけることに繋がります。

例えば、

  • ディフェンスが離れていたが、中に切れ込むことを選択した
    →ロングシュートに自信がない
    →入るようになれば選択肢(プレーの幅)が増えるのではないか
    →シュート練習をしよう
  • ゾーンプレスを仕掛けられ、右サイドを突破したらフロントコートの隅で挟まれた
    →左ドリブルが苦手だから、狭くても右を突破した
    →中に入っていければパスの出しどころが増えていたはず
    →左ドリブルがうまくなれば、①右サイド②左サイド③パスと3つの選択肢が生まれる
    →ドリブル練習をしよう

当然のことのように感じるかもしれませんが、考える力がなければ課題を見つけることはできません。

人の意見はもちろん聞き入れ、その上で最善の方法を探す癖をつけてください。

一貫性のない社会

私は、スポーツを通して社会の勉強をしてほしいと考えています。

スポーツを通して学んだことは、必ず将来に活きます。

今回話した「自主性」は、実は社会で最も重要なことなのです。

  • 自分の意見を相手に伝える
  • 大勢の人の前で発表する
  • 世の中の情報を整理して発信する

あまり得意ではないという方も、多いのではないでしょうか?

私だって得意ではありません。

この力は、経験によって身に付きます。

しかし、学校教育との一貫性がないのが問題です。

前途の通り、学校では「人と同じことをする」ように教育されます。

社会では反対です。

「人と同じことをしていては成長できない」です。

  • 情報を整理する力
  • 最善の方法を選択する力
  • 客観的に見た視点から課題解決する力

バスケットを通して、この力をつける練習をしてください。

「出る杭は引っこ抜け」

社会では、あなたの発言が会社を変えます!

では、また次の記事でお会いしましょう。

Let’s think!!

この記事を書いた人:木下雅博木下 雅博
宮城県仙台市出身、小学校4年生からバスケットを始める。6年生の時には、主将として創部以来初の全国に出場。全国4位タイの成績を収める。中学校では、腰の手術で1年間ブランクがあったが、3年生の時にはレギュラーとして出場し県3位で終了。高校は、県内有数の強豪校へ推薦で入学。1年生の時は再度腰の手術で全休。2年生初めから復帰し、3年生の時にはレギュラーとして県3位東北大会出場を果たす。その後は東京都にある体育大学に入学し、バスケットボールサークルに所属。2年生の時に右膝前十字靭帯断裂し全休。1年後復帰し、4年生のときには全国大会出場、大会MVPを獲得する。