【坂口慎の武学籠球】「止まる姿勢」で大事なこと

スキルアップ トレーニング 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー

みなさん、こんにちは。

慎です。

前回は「緩急」ということで
「スピードを緩めること」

「スピードを速めること」
の2つの要素があり、まずは
「スピードを緩めること」
から意識してみましょうとお話させていただきました。

その中で「スピードを緩める」ところから「止まる」
までしっかりと求めることでスピードを出したときの相手の体感速度が変わる
という話もさせていただきました。

今日はその
「止まる」
についてお話していこうと思います。

「止まる」
の何について話していくかというと
「止まる姿勢」
についてです。

ドライブやスキルで相手を抜こうとして
緩急を使おうとして止まるとします。

そのときにどんな状態で止まればいいのか?

これはただスピードを殺して止まればいというわけではなく、
「自分にとっていい状態」
で止まれなければいけません。

ではここで言う
「自分にとっていい状態」
とはどんな状態なのか?

この答えはバスケでよく言われる姿勢
「パワーポジション」
にもつながってきます。

パワーポジションの定義は
「もっとも力が出る姿勢」
ですが、

まさに、「止まる姿勢」でも大事なのは
「もっとも力が出る姿勢」かどうかです。

しかし、この
「もっとも力が出る姿勢」
には落とし穴があります。

それは
「力が出る」
という言葉にあります。

みなさんにとって
「力が出る」
ってどんな状態ですか?

僕の印象では
「力が出る」=「力が入っている」
と思っている人が多いのではないかと感じています。

パワーポジションでも結構腰を落として
下半身に力が入りやすい状態になっているのをよく見かけるのですが
実際は
「力が出る」≠「力が入っている」
です。

これは言葉の通りなのですが
「力が出る」はちゃんと体で生み出したエネルギーが外に出るといこと
「力が入る」は体の内部で生み出したエネルギーがそのまま体に入っていること
になります。

つまり、
「力を出したいのであれば力が入った状態では無理」
なのです。

「力が入っていてもその入っている力を出せばいいんじゃない?」
と思うかもしれません。

確かにそれも可能なのですが、それをするには
自分が力が入らない状態に持っていかないといけないですし、
そんなことしていたらせっかく作ったスキをつけなかったり、
逆に詰められて自分が危険に陥ってしまいます。

また、いい状態に戻さずに力が入った状態のままから動こうとするとしても
さらにエネルギーが必要となり、動きがどんどん重くなってしまったり、
常にそれで動けるようにするには筋トレなどを必死に続けなければいけません。

ということもあり、常に
「自分が力が出る状態」
で止まることが必要になります。

常に力が出る状態であれば
相手の状態に合わせてパス・ドライブ・シュートを選択して
スムーズに選択した行動に移すことができます。

「じゃぁ、力が出る状態ってどんな状態?」
となると思うので、それは次回じっくりとお話していこうと思います。

まずは自分の止まる姿勢やパワーポジションはどうなっているかを
観てみてください。

それでは今日も読んでいただきありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム2~精度の高め方~
ショート・ミドルレンジからのシュートも

高精度にできる「精度の上げ方」がコレ↓
https://rs39.net/c/bk/ckis_2/bl/

 

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

超おすすめ今だけ!友だちになるだけでプロの指導法を自宅で、しかも半額で学べます