menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付ける方…
  5. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません。【新…
  6. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作DVD…
  7. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  8. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴
  9. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  10. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。

本日は、中(インサイド)を固められたときの

効果的な攻め方についてご質問をいただいたのでご紹介させていただきますね。

 

【質問】

中が固い時の攻め方は何がありますか?

 

【回答】

いつもありがとうございます。

早速、ご質問に答えさせて頂きますね。

 

今回は、ゾーンとは違う形で、中を固められたときの

攻め方についてご紹介させて頂きますね。

 

一般的に中を固められるというのは

センタープレイヤーへのダブルチームが多いです。

 

外からのシュートへの対応は諦め、シュートが外れたときのリバウンドを

全員で取り、確実にオフェンス権を手に入れる。

 

こういったチームへの対応としては、

悪い展開になるパターンは考えてみます。

 

1つ目は、あなたも行っているかもしれませんが

3P~ミドルレンジからのシュートを打つ攻め方です。

 

しかし、この攻め方には「あるコツ」があります。

 

そのコツは『シュートを打つ位置』です。

 

一般的にダブルチームを敷かれている場合

ドリブルで中に切り込むか、センターからのパスに合わせてシュートを打つ。

 

しかし、ドリブルで中に入ってしまうことは

相手が集まっている場所に自ら飛び込んでしまうので

かなりリスクが大きい攻め方になります。

 

ドリブルやパスが得意でない選手が行った場合、かんたんに相手に取れれてしまい、

最悪の場合、カウンターを簡単に行われてしまう可能性があります。

 

次にセンターからのパスを受けて打つシュートですが、

このプレーが成功しない理由として「パスした位置から動かない」という

選手が多く見受けられます。

 

動かないということは、相手からすれば

マークマンの位置、ダブルチームしている選手からの

距離などをかんたんに把握できるため、非常に守りやすい選手となります。

 

要は1人で2人守られているわけです。

 

これでは、シュートを打つときにすぐにチェックに入られ、

プレッシャーを感じながらのシュートとなります。

 

そこで、今回のご質問に対する解決策として

僕はミドルレンジからのシュートをオススメします。

 

複雑な動きやプレーは必要ありません。

 

センターに入れたボールを返してもらい打つだけです。

 

ただ、先程説明した、悪いプレーとは“ボールをもらう位置”が違います。

 

少しイメージしてみてください。

 

例えば、45度のポジションからボールを入れた場合、

いつもならそのままの位置ですが、

このボールをもらう位置を0度のポジションまでズラしてみましょう。

 

するとディフェンスはどうでしょうか。

 

ゴールに向かって左側の45度ポジションならば

ダブルチームを行う位置は基本、センターの左側にいるはずです。

 

あなたが「少しだけ」移動するだけで、

あなたのディフェンスはセンターのスクリーンが

 

自動的にかかる位置から、最長距離を移動して

シュートチェックをしに行かなければなりません。

 

このように、もしも相手に中を固められているのならば

外側に作られる「ディフェンスが守りにくい空間」を

有効的に使うことで簡単に攻められることができます。

 

相手チームが中を固めたときには是非、この攻め方を行ってみてください!

 

ご質問者さんのご活躍をお祈りしています。

頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バス…

  2. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴

  3. 【バスケ】兄弟がバスケットをやられてる保護者の方から質問をいただ…

  4. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】

  5. 【ゾーンディフェンス】かんたんに得点するためには?【攻略法】

  6. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 大学リーグや、B.LEAGUEのアーリーカップが開催しました。今年も本格的なバスケットボール…
  2. これまでのメッセージを通じ、本稿筆者の視点から、プレーの特性、指導哲学、ドリルの構成などを通じ、『超…
  3. 本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性…

おすすめ記事

  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
ページ上部へ戻る