menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールのオフェンスにおいて、戦術・戦略は、とても重要だということは、あなたもご存じだと思います。

もちろん、フリーオフェンスから何点も取れるにこしたことはありませんが、相手も必死に守ってくるため、それだけで得点を取ることは難しいです。

そのため、強豪、一般校に関係なく、様々なオフェンス戦術を用いて、相手の陣形を崩し、得点チャンスをつかみ取ります。

 

しかし、多種多様なオフェンス戦術は存在するが、

・動きが複雑で完成形ができない

・精度が低くて、決まらない(点に結びつかない)

など、強豪校と一般校でその成功率に差が生まれます。

その差が得点差として結果に表れ、選手たちはその得点差を実力だと勘違いしてしまい、モチベーションを落としてしまいます。

しかし、このように考えたことはありませんか?

そもそも、今チームが取り入れているオフェンス戦術が、選手の能力が高い強豪校にしか適さないとすると…

実は、「一般的な教本に記載されているオフェンス戦術は、選手それぞれのスキルが高いことを想定され、考案されている」と星澤先生はおっしゃいます。

 

その戦術をそのままチームに落とし込んでも、結果は…あなたもご存じの通りですよね。

では、どうすればいいのか?

その答えについて、星澤先生はこのような提案をされています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  3. 【バスケ】現代っ子は、ハーキーできない?

  4. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】

  5. 【片岡編集長のレポート⑧】八村選手のリバウンドダンクから読み取る…

  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る