menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL…
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  5. 【ディフェンス】現代バスケット界で適応するために必要な、トランジション…
  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
  7. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを紹介し…
  8. 【LINE限定】Bリーグ開幕特別記念!特別SALEが開催します【10月…
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】プロコーチと部活動顧問は…
  10. 【片岡編集長のレポート⑮】トランジションドリルをご紹介します
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

バスケットボールのオフェンスにおいて、戦術・戦略は、とても重要だということは、あなたもご存じだと思います。

もちろん、フリーオフェンスから何点も取れるにこしたことはありませんが、相手も必死に守ってくるため、それだけで得点を取ることは難しいです。

そのため、強豪、一般校に関係なく、様々なオフェンス戦術を用いて、相手の陣形を崩し、得点チャンスをつかみ取ります。

 

しかし、多種多様なオフェンス戦術は存在するが、

・動きが複雑で完成形ができない

・精度が低くて、決まらない(点に結びつかない)

など、強豪校と一般校でその成功率に差が生まれます。

その差が得点差として結果に表れ、選手たちはその得点差を実力だと勘違いしてしまい、モチベーションを落としてしまいます。

しかし、このように考えたことはありませんか?

そもそも、今チームが取り入れているオフェンス戦術が、選手の能力が高い強豪校にしか適さないとすると…

実は、「一般的な教本に記載されているオフェンス戦術は、選手それぞれのスキルが高いことを想定され、考案されている」と星澤先生はおっしゃいます。

 

その戦術をそのままチームに落とし込んでも、結果は…あなたもご存じの通りですよね。

では、どうすればいいのか?

その答えについて、星澤先生はこのような提案をされています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「d…

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォ…

  3. 【上達】ディフェンスが上手な選手が行っている事とは…?【1つ目】…

  4. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 

  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

  6. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 夏場のシーズンが終わり、秋以降の大会を控える時期に差し掛かりました。コーチの皆様は、夏場の大…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 速攻などの速い展開を行うためには、速攻の展開方法を理解することが大前提として重要となります。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP THE BALL』を強化するドリル
  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.4
  3. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密
ページ上部へ戻る