【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

シュート スキルアップ チーム戦術 動画 指導法 教材 星澤純一 育成法


バスケットボールのオフェンスにおいて、戦術・戦略は、とても重要だということは、あなたもご存じだと思います。

もちろん、フリーオフェンスから何点も取れるにこしたことはありませんが、相手も必死に守ってくるため、それだけで得点を取ることは難しいです。

そのため、強豪、一般校に関係なく、様々なオフェンス戦術を用いて、相手の陣形を崩し、得点チャンスをつかみ取ります。

 

しかし、多種多様なオフェンス戦術は存在するが、

・動きが複雑で完成形ができない

・精度が低くて、決まらない(点に結びつかない)

など、強豪校と一般校でその成功率に差が生まれます。

その差が得点差として結果に表れ、選手たちはその得点差を実力だと勘違いしてしまい、モチベーションを落としてしまいます。

しかし、このように考えたことはありませんか?

そもそも、今チームが取り入れているオフェンス戦術が、選手の能力が高い強豪校にしか適さないとすると…

実は、「一般的な教本に記載されているオフェンス戦術は、選手それぞれのスキルが高いことを想定され、考案されている」と星澤先生はおっしゃいます。

 

その戦術をそのままチームに落とし込んでも、結果は…あなたもご存じの通りですよね。

では、どうすればいいのか?

その答えについて、星澤先生はこのような提案をされています。

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加