menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見…
  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】バスケットボールを分析し…
  5. 【片岡編集長のレポート】3men-automatic2
  6. 【片岡編集長のプレイブック2】琉球ゴールデンキングス2
  7. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  9. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームが好むゲームのテン…
  10. 【片岡編集長のレポート】-3men-Automatic1-
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ゾーンプレスの攻略は簡単…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。

今回は、ゾーンプレス(オールコート)についてご質問を頂戴しましたので

たった一つを意識するだけで、カンタンに破れる攻略法について

ご紹介していきますね。

———————————————–

【ご質問】

今日は。いつも楽しみに見ています。

今回もし出来たらプレス(オールコート)で来られたときの

ボールの運び方を教えていただきたいと思います。

たくさんの方法があると思いますが、そのうち一つでも

二つでもいいので、お願いできればと思います。

 

【回答】

こんばんは。

いつもご覧いただいてありがとうございます。

 

また、この度はご質問ありがとうございます。感謝致します。

 

オールコートプレスのボールの運び方、

突破の仕方についてご説明させていただきますね。

 

以前、メルマガでお話させて頂きましたが、

ゾーンプレスの攻略法は相手が行う形によって変化します。

 

一般的に行われるのが2-1-2や2-2-1、さらには1-2-1-1など、他にも

様々な形が存在しますが、共通して言えることは、

「フラッシュ」が有効ということです。

 

かんたんに言うと、フラッシュとはボールマンに対して、

味方オフェンスが急に飛び出して向かってくることをいい、

 

普段動かないポストプレイヤーがセンターライン付近まで

上がってボールをもらう動きもフラッシュの一種ですね。

 

ゾーンプレスを攻略するオフェンスの動き方などは

相手のプレスによって変わりますが、

 

このフラッシュは、どのゾーンプレスでも有効な動きです。

 

例えば、2-1-2のゾーンプレスをかけられているとき

ディフェンスの絞りどころは・・

1.ボールをもらう選手

2.もらった選手と反対側にいる選手

3.ボールを出している選手

4.センターラインにいる選手

以上の4人ではないでしょうか。

 

このボールマンから近い4人の選手に対して

ディフェンスは常に意識をしていて、

 

何も考えずにパスをしようものなら

かんたんボールをとられるでしょう。

 

しかし、5人目の選手。

 

つまりポストプレイヤーについては

ディフェンスはもっとも警戒が薄れています。

 

そのポストプレイヤーがセンターライン付近まで上がってくることで、

ディフェンスは、5人を警戒しなくなるので簡単にパスを通されるというわけです。

 

オフェンス側のメリットは(パス出来る)ターゲットが表れるということです。

 

フラッシュして上がることで、必ずディフェンスの意識は4人の時より拡散します。

 

ですので、パスが通りなり、さらに

ポストプレイヤーという明確なターゲットが表れます。

 

もし、ポストプレイヤーにパスが入らない場合だと

それ以外の選手が必ず相手いるはずです。

 

なので、開いている選手を、いつもターゲットに

することが突破する秘訣だと思います。

 

ですが、ここで注意点があります。

 

フラッシュプレイとは何度もいう通り

センターライン付近まであがっていくことです。

 

ノロノロと上がっていってはディフェンスは何の脅威も感じられません。

むしろ守りやすいと思われていることでしょう。

 

ですので、ゴールラインからボールが入ったと同時に

素早く上がりだすことが大切です。

 

上がる位置に決まりはないですが、基本的にセンターライン付近です。

 

理由は、ボールをセンターライン付近で受けられれば

その次にワンパスでゴールチャンスが生まれるからです。

 

位置が、あまり低すぎてはターゲットの役目を果たせませんし、

高すぎても、そこから繋いでいかないといけませんので、

基本的にはセンターライン付近がベストかと思います。

 

ゾーンディフェンスで、もっとも失敗する(ハマる)原因は

「パスコースがなくて慌てる」ことが根底にあります。

 

選手はパスコースさえ見えれば、慌てることはありません。

 

運び方ではなく、このフラッシュプレイを正しく行うだけで

ゾーンプレスはすぐに突破できるかと思います。

 

是非、このフラッシュプレイを実践して頂きたいと思います。

 

ご質問者様と選手の活躍を心よりお祈りしております。

頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①

  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8

  3. 【バスケ上達動画】プレーの質を向上させるための「ジョイント」とは…

  4. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱…

  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事…
  2. みなさん、こんにちは!坂口慎です。今回は、前回の続きで=================…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見える希望なき未来
ページ上部へ戻る