【武学籠球】シュートで最初にやるべきこと

シュート スキルアップ 動画 坂口 慎

みなさん、こんにちは。慎です。

前回は「スポーツ選手の9割が知らないこと」というテーマでお話させていただきました。

スポーツは、いきなり動いてしまうことがほとんどですが、その前に「立ち姿勢」を丁寧にやることでその後の「動き」の質が変わるという話でした。

もし姿勢について詳しく知りたいという方は、僕が発行している無料メルマガに参加してみてください!

無料メルマガはこちら↓

http://shisei369.com/member/formadd/?group_id=1

今回は、その姿勢も大きく関わってくる「シュート」についてですが、実は姿勢に入っていく前にシュートでやっておきたいことがあります。

それは一体何なのかをお話していきます。

早速みなさんに質問です!

シュートで一番最初にやっておくべきことは何だと思いますか?

ちなみに僕はこれまで千人を超える方々にシュート指導してきましたが、今回お話することをやっている人は未だに見たことがありません。

しかし、僕はそれをやっていたからこそ誰からも教わることなく一人でもシュートを作ることができましたし、こうやってみなさんに発信できるほどになりました。

もし、それをやっていなかったら今の僕はシュートフォームに悩んでばかりいたと思います。

では答えを言います。

シュートで一番最初にやるべきこと

それは「目指すシュートの明確化」です。

これは

  • 「カリーのようなシュート」
  • 「PGのようなシュート」

など抽象的なものではなく、具体的に自分が目指すシュートを明確化するということです。

例えば僕であれば「必要最小限の力でブロックされずどんな状況でも100%入るシュート」です。

なぜここまで明確化する必要があるのか?

これは船などでどこか行くときを考えればわかりやすく、船で仮にどこか行こうと思った時必ず「目的地」がありますよね?

目的地なしに船に乗ってどこかに行こう!なんて思いませんよね。

目的地があって、そこで何かしたいことがあるから行動してそこまで行こうとします。

つまり、僕たちは「目的」があることで行動を起こすことができるわけです。

そして、船で言う「目的地」がシュートにおいては「目指すシュートの明確化」になります。

しかし、多くの人は「目指すシュートの明確化」を行っていない…。

ということは、どこを目指したらいいかもわからず、今何が問題でどう解決したらいいかも明確じゃないまま日々漠然とシュート練習をしていることになります。

確かにそれでもシュートのレベルは高まっていくのかもしれませんが、もっと効率的に、常に進化していきたいのであれば「目指すシュートの明確化」は必須事項です。

僕はこれを明確にしていたからこそ自分の今のシュートは

  • 何が問題で
  • 何が必要で
  • どう行動していったらいいか

がわかっていました。

もし、この記事で「明確にしたい!」という方がいらっしゃれば、こちらの僕のYoutube動画で一緒に作れるようになっているのでぜひやってみてください。

動画はこちら↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp

この記事を書いた人:坂口慎坂口 慎
大学時代に出場したインカレで当時優勝した日本大学に手も足も出ず、バスケの世界から引退しようと決めた。その後の恩師との出会いで、武術とバスケを掛け合わせるという試みでバスケを再開。人の本質を追求した武術をバスケに応用することで根本から動きが改善し、その成果を体系化して日々Twitter、Youtube等で発信している。