【梅原トレーナーのからだづくり哲学】したいことを「いま」している人だから実を結ぶ

スキルアップ トレーニング 梅原 淳 育成法

あなたには明確な夢、目標があるだろうか。きっとあるに違いない。それに向かって、たった今のあなたは何をしているだろう。

具体的なアクションをしていないという人は、どうぞ聞いて下さい。

今すぐに、それと関係ないものを全部切り捨てて、将来に向けて「なりたい」「したい」と心が動いているものを手に入れる準備を始めよ。

準備とは行動である。スタートのピストルが鳴るのを待つことじゃない。

夢を叶えるための具体的な行動を、ほんの些細なことでも、正しいのかを判断できなくても良いから、いますぐに始める必要がある。

目指すものがあるのに、いましないで先々に取っておく理由はない。もしいまできないのならば、おそらくいつまでもしないだろう。

自分で勉強する人が秀でる

日本の学校教育は、ペーパーテストの点数を取ることを第一としている。そのテストは模範解答があり、それに合う答えを書くことが正解となる。

多くの知識を携えることは人生を豊かにするためには必須であって、それを糧にして実践を積むからこそ力もついていく。勉強が重要なことは疑いようもない。

ただ、出された問題を解き、テストを行い、宿題を提出することは、外からあなたに要求されたものであって、あなた自身の意思による行動ではない。

それに毎日を翻弄され、それをこなすだけの毎日になって、勉強がすべて受け身となることが、あなたの夢を叶えるとは思えない。あなた自身も同じ思いではないだろうか。

学校から出される課題はもちろんする必要があるが、それがあなたにとっての勉強ではない。あなたは自分の目指すものをつかむために、あなただけの勉強と訓練を積む必要がある

それを「いま」しているのかいないのかだ。

学校へ通っているうちから、授業とは別に独自の学びを行っている人は少なくない。

誰に言われるでもなく、相談するでもなく、一人で「したい」「しよう」と思い立って人知れず本を読んでいたり、資料を取り寄せて調べたり、練習したりと、勝手にどんどん前へ進んでいく。

それは超主体的な行為である。

頭の中にあるものは今スグにすべき

こういう人は、もし学校へ行っていなくても目標を果たすだろう。したいと思うことを現実化させる人間だ。

就学生か社会人か、もしくは大人とか子どもということはまったく関係ない。大人であっても主体的な行動を取る人は、職業や家事とは関係のない勉強もする。

自分でしたいと思えばなんでもできるのであり、それはあなたのたった今の授業だ仕事だという制約は受けない。

時間的な制約はあるにしても、目を向けるべきは自ら動いているか止まっているか、そこにある。

止まっている人は、いまだけ偶々止まっているのではなく、ずっと止まっていると思ったほうが良い。繰り返すが、いま動かないのに近い将来に動き出すことはきっとない。

将来しようと思っていることがあるのなら、それは先延ばしにしていると捉えて、考え方を変えるべきだろう。すでに頭の中にビジョンがあるものは、いま始める必要がある。

学ぶことはどこまでも自由

この行動は習慣になる。なにかひとつを始めてみよう。どんな些事でも構わない。まずはこれからと決めたことを、自分の意思で今日から始めて欲しい。

できることで良いから、とにかく自分の意思と決断で物事を始めて、誰の評価、誰の管理もないところで自分だけの満足で勉強や練習をする。

どこまでも、自分がやった分だけの成果が得られる。そこからさらに進むことも、途中で止めることも自分の勝手だ。

そんな究極に自由な中で、絶え間なく取り組み続けることができるものは、間違いなく実る。裏を返せば、そこにあるもの以外は誰でも出来ることであり、他人の強制の力であり、要はあなたの本当の力ではないからほとんど成就しない。

それは理論やエビデンスなどというものではなく、人間皆が経験する世の常だ。

学校の授業も部活動も、ある意味ではあなたの行動ではない。どれだけ意欲的に取り組んだとしても、その時間として決められた一コマである。

それとはまったく別のところで行う行為が、完全に自由でいちばん伸びるあなたの最上の機会である。この時間を持っている人は主体性があって、何事も自分の力で他人よりずっと先を歩いて行く。

ぜひそのような明るい将来を歩いてもらいたいと思うので、将来に向けて考えていることをいますぐ始めよう。今日から動き出してほしい。

みんなで同じ速度で歩く必要はない。そうする理由も利点も、なにひとつない。あくまでも自分だけを見て、前へ前へ歩を進めていこう。

すでに動いている人が、誰にも優る。

(了)

このブログを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

宛先

・Eメール:info@basketball-school.jp

募集要項

  1. 氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください
  2. 性別
  3. 年齢
  4. お住まいの地域(都道府県)
  5. 内容

内容

  1. 今の状況
  2. 自分が取り組んでいること
  3. 改善・上達したい部分
  4. これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人:梅原淳梅原 淳
運動技能を向上させる専門家として、またバスケットボールでのファンダメンタル・スキルを教えるコーチとして全国各地に出向いています。またその活動から得た日々の思考や発見を、YouTubeなどSNSを活用して情報配信しています。このコーナーで扱う内容は、それらSNSでは記さない一歩踏み込んだ情報として、トレーニング実践レポートをはじめ自分の育て方、大人の再教育、子育て、健康づくり、みなぎる食事など、あらゆるジャンルをテーマにお届けします。