【バスケ】ドリブルがグンと上手くなる!知らなきゃ損する緩急のコツを徹底解説!

オフェンス スキルアップ ドリブル ヒヤマ ココロ 練習法

ドリブルで相手を抜けるとかっこいいですよね。ドリブル力があるとチームで重宝されるだけでなく、攻撃の幅が広がるのでメリットだらけです。

この記事では、ドリブルのコツとしてよくいわれる「緩急」についてお伝えします。緩急のコツはもちろん、ドリブルを上達させるためのポイントも詳しく解説!ドリブル力をつけたい人や、これからバスケを始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

ドリブルが上手くなる練習方法は?

ドリブルが最短で上手くなる練習方法を知っていますか。

それは、上達するまでのステップを順番にクリアしていくことです。

バスケに限らず、あらゆる分野において「基礎は大切」といいますよね。ドリブルも同様に、ハンドリングステップが習得できていないのに、技術的なことばかり練習しても上手くなれません。できるようになったとしても、技術だけを練習した選手は相手のプレッシャーでミスをしてしまったり、応用ができなかったりするので、ドリブルが上手いとはいえません。

基礎からしっかり固め、段階的に練習していくことが、最強ドリブラーへの最短の近道になるのです。

ここからは、ドリブル上達法の第三弾として、上手い選手が必ず取り入れているスピードの強弱「緩急」に注目していきます。

ドリブルは緩急のある動きで劇的に変わる!

ドリブルが上手い選手は、スピードの強弱をつけることで相手とテンポをズラし、隙を狙って抜く技を必ず取り入れています。よく「緩急をつける」といわれますが、自分のスピードを操れるかどうかは、ドリブルに大きく影響します。

緩急のある動きなんて、足が速くないとできないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、全く関係ありません。たとえ足が遅い選手であってもコツをつかんでいれば、あっという間に相手を置き去りにすることが可能です。

それでは、緩急をマスターするための練習法を見ていきましょう。

ドリブルで緩急をつける練習法

ドリブルで緩急をマスターするために、以下の手順で練習してみましょう。

①(ボールを持たずに)軽くランニング→ダッシュ
②(ドリブルをしながら)ゆっくりペースで進む→一気にスピードを上げる

まずは、緩急の感覚を体に覚えさせることが大切です。スピードを変えるタイミングは、誰かに合図してもらいましょう

一人で練習する場合は、ポイント地点に線を引いたり、コーンを置いたりして目印をつけると良いでしょう。

緩急をつける練習のポイントは、遅いスピードに対する抵抗をなくすことです。ドリブルが遅いと相手にボールを取られてしまうのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが、その遅さが相手とズレをつくるポイントになります。

先にお伝えした①②ができるようになれば、次に以下の練習に「ドリブルをしながら」取り組んでみてください。

③スピードレベル70%→完全にストップ!5秒間→スピードレベル100%!
④スピードレベル70%→スキップドリブル1回→スピードレベル100%!

上記内容では、より実践的な練習をすることができます。スピードレベル70%からストップやスキップに切り替えるタイミングだけ合図してもらい、そのあと一気に加速します。

スピードのリズムを変えることでテンポをずらし、一気に駆け出すことで相手を置き去りにします。

③のポイントは、しっかり止まること。一瞬ですが、相手を揺さぶるには十分な時間です。

④のスキップドリブルは、前回お伝えしたステップの応用編です。

スピードが乗った状態をキープしながら相手を惑わせることができるので、③④を使い分けできるとプレーの幅が広がります。

緩急をマスターできれば簡単に相手が抜ける

ドリブルで相手を抜くにはスピードが必要と思われがちですが、そうではありません。スピードよりも緩急をつけられるかどうかが大切なのです。緩急をマスターしていれば、どんなに足が遅い選手でも相手をドリブルで抜くことができるでしょう。

ここまで、ドリブル上達に向けてハンドリングステップ、緩急とお伝えしてきましたが、次回はいよいよドリブルの技についてお届けします。ぜひ楽しみにしていてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バスケットボール上達塾では、バスケットボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バスケットボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バスケットボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@basketball-school.jp
この記事を書いた人:ヒヤマ ココロヒヤマ ココロ
バスケットボール歴5年。現役時代は主にセンターを務めていました。持ち前の体力を活かし、陸上競技や水泳、フィールドホッケーなど、様々なジャンルのスポーツを経験。全国大会や国民体育大会にも出場してきました。現在は二児の母で、ウェブライターとして活動中。このブログでは、スポーツの経験で得た基礎知識や上達するためのノウハウなど、実体験を踏まえた記事を執筆していきます。