【バスケ】ボールに慣れるための基本の動きと技術

スキルアップ 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

バスケットボールは、ボールの持ち方をみるだけで選手の実力がわかるといわれています。それほど、ボールの持ち方や構え方は全てのプレーに反映されるくらい重要な技術なのです。

正しいボールの持ち方をしていなかったら、良いプレーをすることはできません。

今回は、バスケットボールの基本中の基本。

ボールの持ち方や構え方、そして、ボールに慣れる方法をご紹介します。

家でもできる練習法もありますので、早く上達したい人には必見です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ボールの持ち方と構え方

パスもドリブルもシュートも、ボールを持った状態から始まります。いつでも正しいボールの持ち方ができているように心がけておきましょう。

その①

①ボールを持つ準備
 両足を肩幅くらいに開き、両足の前にボールを置きます。

②指の腹でボールを持つ
 手のひらではなく、指の腹で支えるようにしてボールを持ちます。

③胸の前で持つ
 正確な位置で持つことができるようになると、ディフェンスにボールを叩かれても簡単には落ちることはありません。

④パワーポジション
 膝を曲げて、胸を張ります。ボールは利き手側の腰の横に移動させましょう。このことをパワーポジションといいます。

その②

①ボールを持つ準備
 両足の前にボールを置きます。背筋を伸ばして立ちましょう。

②胸の前で持つ
 5本の指を均等に開いて、両手で挟むようにして、しっかりと持ちます。

③腰の横で構える
 利き手をボールの後ろにずらして、反対の手を横から支えます。そして、腰の横で構えます。

④パワーポジション
 膝を曲げて、胸を張ります。押されてもふらふらしないようにできることが、パワーポジションです。

ボールに慣れる練習法

ボールフィーリング(感覚)を高めることで、ボールを自由自在に扱えるようになります。技術の上達にもつながる大切なトレーニングなので、最終的にはボールを見なくても練習できるように頑張りましょうね!

■両手でタップ
両手で小刻みにタップをします。胸の前、頭の上、頭の後ろ。位置を変えながらおこないます。
極めるコツ
ボールを触れている時間は、なるべく短くして、指先の感覚を磨きましょう。

■腕を上下にひねる
ボールを手のひらに乗せたまま、脇の下から通して1回転します。逆回しもおこないます。
ワンランクアップのコツ
同じ動作を背中でもやってみます。指の先が下を向くので、これまでと違った感覚になります。

■片手での巻込みキャッチ
ボールを手のひらに乗せて、頭上に投げます。
投げたボールを片手でボールの横から勢いを吸収して巻込むようにキャッチすることがポイントです。
ボールの重心を、手のひらで正確に捉えることで上手にできるようになります。
ワンランクアップのコツ
頭上を通して、背中側でキャッチします。
ボールは見えないので、落ちてくるスピード・位置を予測することが大切です。
高度な技術なので、練習して自分の技術として習得していってください。

まとめ

ボールの持ち方と構え方の注意点は、両手首とも内側に曲がると、スピーディな動作ができなってしまうので、手首は軽く外側に曲がるようにすることがポイントです。

また、後ろから支える方の手首は立てておくことで、瞬時にプレーに移ることができますよ。手首にシワができるくらいがベストといえます。

このとき、ボールは身体の正面には出さないようにします。ディフェンスにボールを奪われる確率が高くなってしまうので注意してくださいね。

そして、家でも練習ができることも、この練習においてのメリットです。正面からの姿勢は、鏡に映して確認できますが、横からの姿勢は自分で確認することはできません。家族や友達と姿勢の確認をし合うことがいいかもしれません。