menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  5. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  6. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  9. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】一人になれない
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【電光石火】セカンダリーブレイクについて【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。

今回は、素早い展開から得点を奪うための「セカンダリーブレイク」について

ご質問を頂戴しましたので、ご紹介します。

————————————————————–

【ご質問】

今回DVDを購入させていただいたDVD「セカンダリーブレイク」

について質問があります。

 

「セカンダリーブレイク半面」では

2番プレイヤーと3番プレイヤーが最初クロスしてから

ガードがパスを出していますが、

 

「セカンダリーブレイク全面」では選手はクロスをしていません。

 

確かにクロスを入れると最初のパスは入りやすいし、

ディフェンスも引き付けやすくなると思うのですが、時間がかかる気がします

(全面を使ったセカンダリーの練習はまだ行っていません…)

 

クロスを使う場面は具体的にはどのような場面なのか、

どのような場面が適しているのか教えてもらえると助かります。

よろしくお願いします。

 

【回答】

質問にお答えします。

ご指摘の様に2番、3番プレーヤーがクロスするとパスが入りやすくなります。

 

しかしクロスをすれば時間がかかり次の展開を考えるのであれば、

クロスをしなくてもパスが出来るのならそのままレシーブして、次のプレーに

進んでもらえれば良いと考えます。

 

要するに2、3番プレーヤーがデイナイされて

1番からパスが出来ない時クロスをすると理解して下さい。

 

また、クロスは時間がかかるならば

2、3番プレーヤーはクロスと見せかけて

リングの手前でスイッチバック(ユーターン)して

 

1番からパスをレシーブして従来の動きに入って下さい。

そうすればクロスより、時間は短縮出来ます。一度試して下さい。

二杉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いかがでしたか?

ご質問内容をシェアさせていただきました。

二杉監督の言う通り、速攻でもっとも大切なのは

速く攻めるための判断です。

 

形ばかりを教えていては、選手たちはその通りにしか動けず、

必ずどこでワンテンポ遅れてしまいます。

 

形はあくまでも形にしかすぎません。

 

試合に勝つために大切なのは

試合の状況に合わせて形を変えられる実践力です。

 

そのためには、練習から様々なトラップを指導者側が仕掛けることで

子供たちは考え、バスケ頭脳が高くなります。

 

ぜひ、形にハメようとせず、

実践力を身につけさせることを目的に指導に励んでください。

http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「ORtg」「DR…

  2. 【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  3. 【武学籠球】なぜ「武学」がバスケに応用可能なのか?

  4. 【片岡編集長のレポート】吉田亜沙美選手のスーパープレー1

  5. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「…

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  2. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…
  3. あなたはドリブル指導する時、どのように選手へポイントを伝えていますか?また、どんなことを意識…

おすすめ記事

  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
ページ上部へ戻る