menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ゾーンプレスの弱点を教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゾーンプレスは、ディフェンス側から仕掛けることによりオフェンスのミスを誘い、ボールを奪ってからすぐに得点に繋げるディフェンス戦術です。

私も経験がありますが、多くのチームがこの術中にハマってしまい短時間で多くの失点をしてしまい、結果負けてしまうことがあります。

しかし、ゾーンプレスはたった3つのポイントを選手たちに指導するだけで簡単に突破することができます。

その3つが

・フラッシュ

・カッティング

・間を突くポジショニング

です。

この3つのポイントをあなたが理解し選手たちに指導するだけで、どんなゾーンプレスでも簡単に攻略することができます。

一つずつ解説していきたいと思います。

 

ポイント1 フラッシュ

一つ目が「フラッシュ」です。

フラッシュとはボールを持っていない選手がパスを受けるためにバックコートに向かって飛び出すことです。

素早い速さや緩急をつけてボールに向かっていくため意味があります。

ゾーンプレスを仕掛けられた際、ガード陣は速すぎるとパスを出せる状況になく、遅すぎるとパスを出せない状況となっています。

ですので、フラッシュを行うタイミングがポイントです。

多くのチームはこのタイミングがわからずに気が付けばボールをカットされて、失点されているケースは少なくありません。

チームに指導するときには、エンドラインからパスを受けた選手がドリブルを付こうと前を向くタイミングで飛び出していることです。

このタイミングで飛び出すことで、ボールマンが仕掛けられる前にパスを受けることができます。

このタイミングでパスを受け前を向いてドリブルすれば、多くの場合は3対2のアウトナンバー(数的有利な状況)になっているので有利にオフェンスを仕掛けられます。

 

ポイント2 カッティング

次にカッティングについてご紹介します。

こちらも先程のフラッシュと合わせて覚えたいオフボールの動きとなります。

カッティングとはパスを出した選手が、パスを送った選手の前方に向かって斜めに走ることを言います。

このカッティングを行うタイミングでパスが入ればフラッシュを行う必要なくなります。

なぜなら多くの場合、カッティングが成功するとパスを受けた時点で目の前にはディフェンスがいなくなるからです。

または、一歩遅れてマークするため簡単にフロントコート(攻める側のハーフコート)へボールを運ぶことができます。

ゾーンプレスの術中にハマってしまうチームは、このカッティングがフラッシュと同じタイミングやそれよりも後になってしまい、ボールマンがパスをできない状況になってしまっているのです。

そのならないためのタイミングとしては、パスと同時に動き出してください。いわゆるパス&ゴーです。

多くの選手がパス&ゴーを一つずつの動作と切り分けてプレーしていますが、正しくはパスと同時に動きだすことで相手のゾーンプレスを攻略することができます。

 

ポイント3 間を突くポジショニング

特にフラッシュやカッティングの際に意識していただきたいのが、2人の相手選手の間にポジションを取ることです。

バスケットボールはスペースをどれだけ有効活用できるかで、オフェンスの展開をよくできるかが決まります。

逆にディフェンスはそのスペースをどうやって消すのか?が失点を防ぐことに繋がります。

しかし、ゾーンプレスの術中にハマってしまうチームの多くは、スペースをあまり意識せずにプレーしていることが多いです。

スペースを先に突かれるということは、相手を後手にさせる役割があるためゾーンプレスという戦術としては失敗に終わってしまいます。

ですのでまずは、相手選手の間にポジショニングするように意識しましょう。

ただし、一点だけ注意点があります。

それはスペースがあるからと言って、コーナーに陣取らないことです。

様々なゾーンプレスの中には、オフェンスの選手をコーナーに誘い込むことを目的としている戦術もあります。

コーナーはサイドラインが相手の味方をすることになりますので、なるべく中央付近のスペースを探してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ゾーンプレスの種類はたくさんありますが、今回ご紹介した攻略法はどのような戦術にも適用することができます。

一度仕掛けられてしまうと焦ってしまい何度もパスミスをしてしまうゾーンプレス。

しかし、お伝えした3つのポイントと余裕を持ったプレーを心掛けることで簡単に攻略することができます。

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「MIN」を分析す…

  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック

  3. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません…

  4. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利…

  5. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7

  6. 【小谷コーチの分析バスケ】チームファウルが5個を超えた場合のゲー…

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る