menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】ローポストで簡単に得点を奪うための3つのキホン【面取り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ローポストでの面取りはバスケットにおいて、とても重要なテクニックです。

なぜなら、相手の警戒も高くなるため周りの選手を活かせたりと、ポストプレーができる選手が一人いるだけでオフェンスの幅が広がるためです。

リングに最も位置から攻められるため、得点力を上げるためには指導しておきたいポジションです

ですがよく見かけるのは、パスを受けるタイミングでディフェンスに前に入られてしまいボールを取られたり、ディフェンスに外に外に追い出されて、気がづけば広がってしまうことです。

パスカットをされることはもちろんですが、外に追い出されてしまうとポストプレーはできないためセンターの選手は不利な状況になると言えるでしょう。

その原因は面取りを正しく張れていないことにあります。

センタープレーを経験したことのある指導者なら指導できるスキルなのですが、ポストプレーを行ったことのない上周りの出身なら教えることも難しいでしょう。

そこで今回は面取りの正しい指導法について解説したいと思います。

ポイントは腰の落とし方と腕の広げ方にあります。

 

面取りはなぜ必要なのか?

ポストプレーは基本的に背中の後ろにゴールがある状態でプレーします。

基本的には味方やコート全体を見渡せるポジションにいます。

ですので、パスを受けるためには必ず相手を背負わないといけません。

なぜなら、リングの方向を向いた状態でパスを受けせてしまうとリングに近い距離にいるため、すぐにシュートを決められてしまうからです。

ディフェンスもそんな簡単にはシュートを決めさせないために背中を向かせようと守ってくるわけです。

しかし、ただ相手を背負った状態ではスルスルと自身の体の横をすり抜けられ、パスをカットされてしまいます。

そのために面を作って、相手の動きを封じる「面取り」が必要になるのです。

 

お尻を押し当てて動きを封じる

では、正しい面取りはどのように指導すればいいのか?

まず足幅は肩幅よりも少し広めでお尻を深く落としてください。

その時に上半身はしっかり起こしてください。

上半身が前後に倒れていては上手く力が入らないため、ディフェンスとの押し合いに負け、どんどん外に追い出されてしまいます。

そしてここからがポイントなのですが、お尻を相手の太ももにぶつけるようにしっかりと当ててください。

面取りの最中にディフェンスに前に出られてボールをカットされる選手は、相手にしっかりと体を当てられていないため間(スキマ)ができています。

この間が相手を自由に動かす原因となってしまうのです。

また、お尻を相手の太ももに押し当てると相手は身動きを取りにくくなります。

パワー自慢のディフェンスはどんどん前に出てこようと押し出してきますが、太ももの動きを抑えることで、そのパワーも半減以下にすることができます。

このような姿勢で構え、相手の動きを背中とお尻で感じとってください。

 

手のひらは上にあげる

次に腕の使い方も重要になります。

まずは基本として、肘を90度にセットして大きく横に張ってください。

この時、手のひらは下げてはいけません。

なぜなら、この手は相手の動きを封じる(前に出ようとするコースを消す)役割があるためです。

手のひらを下してしまうと相手が前に出よとする動きを、腕を巻いて抑え込もうとしてしまいます。

これは腕だけで相手のコースを遮っているためファールとなってしまいます。

ですので、手のひらはあげましょう。

 

ターゲットハンドは体から遠い位置へ

次にパスを受けるときの手ですが、こちらはチェストパスなどでパスを受ける前に作るターゲットハンドの役割があるにも関わらず、その意味を指導できていない方が多いです。

そのためほとんどの選手のターゲットハンドは低い、もしくは体から近い位置にあります。

45度でパスを受けるのとは違い、相手は背中の真後ろにいるため体から遠い距離でパスを受けなければいけません。

ですので、イメージとしてはディフェンスがいる側と反対側の斜め上で手を上げると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お伝えした通り、最も多くのボールを取られる原因は自身とディフェンスに間を作ってしまうことです。

・お尻を相手の太ももに押し当てて動きを封じる

・手のひらは上に上げた状態で90度に肘を横に張る

・相手がいる側と逆側の斜め上にターゲットハンドを構える

以上の3点を徹底して指導してあげることで、良い面取りが行えます。

その結果、ターンシュートやポストムーブなどのテクニックと組み合わせることができます。

インサイドでのプレーはオフェンスの幅を広げるには必要不可欠な部分です。

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?

  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】アウトサイドにおけ…

  3. 【片岡編集長のプレイブック】戦術12 ワールドカップ対戦国1

  4. 【バスケ】フロントチェンジだけで抜く技とは!?

  5. 【武学籠球】観るだけでは絶対にわからない接触感覚

  6. 【バスケ】抜かれそうな時こそクロスステップを使いましょう。

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る