menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  3. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  4. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  5. 坂口慎の【武学籠球】学校と部活のバランス
  6. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
  7. 【バスケ】簡単なのに効果抜群!身体能力を鍛える体幹トレーニング
  8. 【バスケ】センターだけじゃない!ハイポストからのシュートをマスターしよ…
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.50
  10. 【バスケ】家でできる肩回りのトレーニング2 三角筋
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは。

慎です。

昨日、富山で指導者向け講習会の第二回を開催してきました。

内容としては「チーム理念、目的の定め方」ということでお話させていただきました。

最初は前回のまとめから入り、その流れから選手の主体性を出すには「目的」が大事という話をしていきました。

言葉では確かに「目的は大事」とわかっている方は多いと思いますが、なぜ大事なのかはいつも通り体感ワークで実感。

そして、せっかくの機会ですので「自分が指導する目的」を一人一人に出していただき、さらにその目的がちゃんと自分にとって合っているかも確認。

という感じで言葉と身体の両方からやっていき、より参加されているみなさんの中に入っていきやすいようにしていきました。

しかし…です。

みなさんに書いてもらった振り返りを読んでみると「1時間があっという間でした」と言ってくださる人もいれば「なにを伝えたかったのかわからない」「ホワイトボードの使い方がよくない」という感想を書いてくださった方々もおられました。

指摘していただいたことは当然僕は次に活かさなければいけないなと思うのですが「この感想の違いはどこから生まれるんだろう?」ということも同時にでてきました。

そして、答えは一瞬で出てきました。

「どれだけ主体性があるか?」です。

今回の募集の仕方は「興味ある方は来てください」とはいったもののせっかくなので人数を確保するために各協会からなるべく一人は参加してくださいという感じでも声をかけていました。

そうすると「気が進まないけどいかなきゃいけなくて…」という方もいたみたいで、主体性があまりなくなってしまいます。

主体性がないということは、なぜこの場にいるのか?なにを得るためにこの場に来ているのか?がうやむやとなり、学びすべてが中途半端になります。

その結果、「僕がなにを話そうと伝わらない」「よくないところが目に付く」という状態を生むということを身に染みて感じました。

そして、その結果を生んだのが僕の進め方にもあり、普段やっている講座の流れの大切さも身に染みて体感しました。

武学ではそもそも主体性のない人に指導するということはないですし、やはり主体性があることで自分から学ぼうとし、吸収しようとするので、とても大事な姿勢ということをこの失敗から学ばせていただきました。

しかし、そんな中でも次の機会があればまた参加したいという方もいてくださり、次の機会はもっと徹底してやれるよう、自分の講師としてのレベルを上げていきたいと思います。

みなさんも、なにか学ぶときやどんなものも学びに変えるために常に主体性を持って、自分がその場で何を得たいのか?を明確にしてみるようにしてみてください!

では今日も読んでいただきありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「…

  2. 【片岡編集長のプレイブック】戦術15 トルコ代表(インサイドアタ…

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「BS」を分析する…

  5. 【坂口慎の武学籠球】なぜシュートにもニュートラル?

  6. 拝啓、チームのシュート精度が『いつまでも上がらない』指導者の方へ…

ピックアップ記事

  1. ピボットの練習を、メニューに取り組んでいるミニバスチームや中学チームは多いと思います。&nb…
  2. 承前、1つ前のレポートではダッシュ一歩目のありがちな動作の崩れをお話しました。脚が動かず上半…
  3. 「試合でよくパスミスをする…」「しっかりピボットを踏んでいるのにパスカットされる…」…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  3. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る