menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.34

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人というものは周囲に馴染む生き物です。学校全体でスポーツに力を入れているところは、どの部も互いに刺激し合って自然と盛り上がっていきます。勉強でもそうですね。その反対の落ち込みもまた同様にして、全体へと広がっていきます。

環境によってやる気になったり萎んだり、同じ事なのに簡単にできたり上手くいかなかったりと、不思議ですがそういう現象が実際に起きるのです。

前回のトレーニング・レポート33号で、初めてのバーベル・トレーニングに挑む女子高生たちに触れました。彼女たちの環境もまた、部活動や体力トレーニングを積極的・意欲的に行うことには向かないかもしれません。

意志が弱いと言えばそうですが、周りのせいにするなと言うのもごもっともな意見ですが、現実として私たちの関わる環境において多くの人は全体の雰囲気に少なからず影響されて生活しています。

▼チームの腰が据わるまで数年掛かる

女子校という特異な環境、校則や礼節に寛容、勉強も中の上、周りの部活動もさほど精力的に活動しているわけでもなく、バスケットボール部だけが孤軍奮闘といった様子です。

彼女たちのいる場所には、刺激し合い変化を起こすものがあまり見当たらないと言えます。

そのような中で長い時間を掛けて少しずつチームを育てていき、ようやく安定して頑張れそうな腰の据わったチームに今なってきました。もちろんまた萎んでしまう可能性もあります。確実とは言い切れません。

それでもどこかで一歩前へ出なくてはいけません。監督の判断として、今がアクセルを踏むタイミングだと考えたのだと思います。この選手たちなら大丈夫だろうと。

学校にはバーベルでの筋力トレーニングを本格的に取り組んでいる運動部はいません。周囲の友達は誰もそんな事はしていないという状況下において、自分たちだけがそれをすることへの拒否反応は極々当たり前のことではないでしょうか。

そこに選手と監督と私で挑みました。悲観や憂いなど微塵もありません。

▼落ち着くのに1時間

さて前号では、数年前に一度トライしたときの嫌な風と同じものをまた感じたと書きました。そこで怯まず諦めず、前へ進むしかないと決めて嫌な風を吹き飛ばして取り組んでその結果、選手たちはどうなったか。

まず2年生の行動が遅いので私に注意されます。やりたくない感情がわかりやすく出ていて、お互いに人の後ろへ立とうとします。消極的で誰もバーベルを持とうとしません。私に一喝されます。

2年生の様子を見て、当然1年生もそれに倣います。何人かは顔が引き攣っています。準備が遅く、片付けも遅く、順番の交代も遅すぎます。何かに縛られているのでしょうか・・・、あきらかに心が落ち着いていません。

はじめの1時間はグズグズと全体的に鈍い動きが続きました。

しかしどれだけ空気が重くても、耐えて忍んで進めていくしかありません。いつものトレーニングの雰囲気とはまったく違いましたが、仕方ないと諦めて見守ることにしました。

選手たちは実技をしているとき、常にちょっと遊び半分でざわざわと話をしながらやっています。これは不安を紛らわすための行動なので、気持ちはわかります。一度注意は促しましたが、それ以上に咎めはしませんでした。

時間をあげて自分たちで少しずつ慣れてくれるのを待ち、一つめの種目を代わる代わる延々と反復しました。余計な雑念を取り払って目の前の課題に集中するためには、同じ行動の繰り返しが大原則です。

そうしておそらく1時間を過ぎたくらいから、トレーニング・ルーム内の雰囲気が良くなり始めたと思います。

▼意外と力がある

開始早々に数年前と同じ風が吹いたときには、何度か(数ヶ月は)繰り返さないとダメかなと思いましたが、監督が作ってきたチームはしっかり成長していました。

イヤイヤの反応をしていたのはこの1時間程度で、徐々にトレーニング自体に気を向けるようになっていきます。足の幅はこれ、姿勢はこう、意識する動きはここなどと、本来の課題に目を向けられるようになれば物事は一気に走り出します。

彼女たちは普段、本当はバーベル・トレーニングと同じくらい負荷のあるトレーニングをおこなっています。自重ですが私の考えたオリジナルな手法により充分に筋肉や関節は刺激され、大きな負荷にも慣れているはずです。

初めてのウエイト・トレーニングをおこなった実際の出来具合はどうだったか。驚くことに予想していたよりも重いバーベルを、ほとんどの選手が平然と持ち上げてしまいました。

私が小さく見積もったことも多少はあるでしょう。しかしデタラメに設定しているはずもなく、これまで20年にわたり全国の高校を日々回ってきて、基本的なスタートラインというものは見えています。

その上で重量を決め、また選手の出来具合を見て増やすとか減らすことをしていきます。

彼女たちの場合は予想を上回る筋力を持っていました。精神的に前向きになっていないだけであり、取り組んでいるその表情からはバーベルが重くてきつい辛いという様子はほとんど覗えませんでした。

つまり実際のパフォーマンス・レベルにおいては、まったく心配することがなかったのです。

やっぱり食わず嫌いを克服して良かった。

▼2週間後に一段階上げる

あえて聞きませんでしたが、選手たち自身も「特別なものではない」「問題なくやれる」と、時間が進むにつれて印象が変化したのではないでしょうか。

この5日後に再訪問したときには、もう何食わぬ顔でスクワットやベンチ・プレスをおこなっていました。1回目よりもさらに平然とバーベルを担いでいましたので、次回は早くも重量アップとなりそうです。

私は「2週間後は重さを増やすぞ」とここは宣言しました。

もし彼女たちの毛嫌いがまだ残っているようなら逆効果になりますが、たぶん大丈夫という直感があったのでわざと先に言って決め事にしてしまい、その間の2週間を頑張るよう方向を付けようと思ったのです。

さあ、今までしてこなかった肉体づくりがいよいよ始まりました。時間的な限度、設備の限度、体力的な限度など決して高くない上限は多々ありますが、でき得る中で最良の取り組みをしたいと思います。わずか数ヶ月でもきっと競技力が向上するはずです。

苦手意識を克服した彼女たちそれから長く見守ってきた監督に心から敬意を表し、私もまた力を尽くしていきたいと思います。

(了)

 

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp

・TEL:0120-242-007 (担当:平沼)
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【坂口慎の武学籠球】正しいとは何か?

  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「BS」を分析する…

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No…

  4. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

  5. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バス…

  6. 【バスケ】ゾーンプレスの攻略は簡単…?

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
ページ上部へ戻る