menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 食べるトレーニングを考…
  2. 【クリスマス企画】バンビシャス奈良 ホームゲーム 「親子観戦ペアチケ…
  3. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「Pace」の実際
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート号外「今そこ…
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート号外「今そこ…
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート号外「県選抜選…
  7. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「Pace」を分析する
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者とはどんな人なのか?
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 食べるトレーニングを考…
  10. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】得点効率の実際
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【片岡編集長のレポート】on ball screen(選手に示す基準を明確に)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回に引き続き、on ball Screenに対してDropとChaseを絡めたDF戦術について取り扱います。

今回のメインテーマは『“what you teach,what you demand,what you accept” 選手に示す基準を明確にする』というキーワード。

DF戦術の動きではなく、コーチが選手に明確な優先順位を示す事の重要性を表現できれば幸いです。

<プレー解説>

・最初のスクリーンに対し、日本はアンダーで対応します。シュートレンジよりも遠い為に、ドライブでの突破を防ぐことを優先した守り方です。

・その後、リピックと呼ばれる2回目のon ball screenで日本のDFを手玉に取ろうとしてきます。結果、富樫選手はスクリーンの影響を受け、ドリブラーはインサイドエリアへの侵入します。

・日本は、ここでもファジーカス選手はDrop、富樫選手はChase(ファイトオーバーで追いかける)をしてボールマンを守ろうとします。その後、相手チームが絶妙な判断を見せ、富樫選手が追いかけるスペースを潰し、十分な判断の末にシュートを放って成功させます。

 

◇“what you teach,what you demand,what you accept” 選手に示す基準を明確にする

この場面、日本代表としてはシュートを決められました。しかし、自チームのDF戦術を遂行した上での失点であったように感じます。

個人的な見解では、このよう場面で最も避けたいのは、優先順位が不明瞭である事です。この場面、動画では、相手チームのスクリナーがアウトサイドにPopしている場面があります。

ファジーカス選手も、富樫選手も、Popする選手の姿が視界に入っているはずですが、ボールマンへのDFの圧を強める事にフォーカスしています。

Popに対しては、馬場選手が反応をする準備や素振りを見せています。ここで優先順位が明瞭ではない場合にDF側でトラブルが発生します。

例えば、本来はChaseをする事がルールであるのに富樫選手がPopの選手へマークへ向かってしまう事が、DFルールが曖昧なチームで起こりえます。

インサイドのファジーカス選手がドリブラーを守ってくれると判断した場合に起こりうるプレーです。

同時に、また、ファジーカス選手のポジションでも、相手のドリブラーが緩急を使ってファイクをしている際に、Popアウトをしている選手へのマークへと向かってしまい、ゴールへの花道を明け渡してしまうケースがあります。

これは、富樫選手がChaseをし、ボールマンのドライブを守ってくれると判断した際に起こりうるケースです。

上記、2つの「勘違い」が発生した際に、ゴール下でのノーマークのショットが起こりえます。

DF戦術をチームに導入する際、コーチとしても留意すべき点であると感じています。

ここで重要になるのが、今回のテーマである「“what you teach,what you demand,what you accept” 選手に示す基準を明確にする」です。

日本代表チームは、このようなケースでの優先順位や、選手に要求する項目を明確にされているのでしょう。

また、ファジーカス選手の特徴を活かすためにも、普段の練習でもアウトサイド陣はChase(ファイトオーバー)をして守る練習を徹底的に行っているのではないかと思います。

ファジーカス選手には、Show Hardや、Switchでアウトサイド選手をシャットダウンする事を要求しない代わりに、絶妙な間合いでDropをして守る事、ドリブラーがドライブした際のフィニッシュを守る事にフォーカスしているのではないかと思います。

「“what you teach,what you demand,what you accept” 選手に示す基準を明確にする」という言葉は、富山グラウジーズのHCを務めるベックHCがトヨタ自動車アルバルクを指導している際に、コーチ向けのクリニックで強調していたキーワードとなります。

チーム戦術を強調する際には、基準、優先順位を明瞭にする事、及び、普段の練習の中で、チーム戦術を遂行する上で大切な事を項目に焦点を当てて練習する事を重視されていました。

例えば、当時のトヨタ自動車アルバルクは、外国籍選手も比較的オールラウンドに動ける選手を積極的に採用するケースが多かったです。

インサイドの選手にも、トランジションDF、ローテーションでアウトサイド対インサイドのマッチアップになったとする。それでも、「サイドステップ2歩」にトライをして守ろうとする事を要求していたといいます。

守る事を諦めて、手から止めようとしたり、スティールばかり狙ったりすることをコーチとしては許さないという基準を明確にされていたと言います。

同時に、毎回の練習では、チームファンダメンタルとして2歩のサイドステップの練習もドリルとして取り組んでいたと言います。

こうする事で、選手にもチームが求める「基準」が明確になっていきます。「基準」や「HCの要求する事」は何もしなければ可視化できません。

様々なアプローチを通じ、「見える化」していく事がチーム戦術の遂行力を高める為にも、コーチには様々な工夫が要求されます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  2. 【小谷コーチの分析バスケ】チームのベストメンバーを把握する方法

  3. 【片岡編集長のレポート⑯】強制的にハリーバックをする習慣づくりを…

  4. 【片岡編集長のレポート】吉田亜沙美選手のスーパープレー1

  5. 【ミニバス】指導者から「どうしたらいいんだ!」と質問を受けました…

  6. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】NBAジャパンゲー…

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. あなたがお持ちのSNSアカウントで「バスケットボール上達塾」を「いいね!」&「フォロー」をしていただ…
  3. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 食べるトレーニングを考えよう!「塩」
  2. 【クリスマス企画】バンビシャス奈良 ホームゲーム 「親子観戦ペアチケット」プレゼント
  3. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「Pace」の実際
ページ上部へ戻る