menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 速報!ウィンターカップの年始開催…
  5. 坂口慎の【武学籠球】主体性によって吸収量が違う
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.39
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.38
  8. 坂口慎の【武学籠球】指導者のあるべき姿
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.37
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.36
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

今倉理論を観る前に心掛けたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは。坂口慎です。

今回は先日リアルスタイルさんからリリースされた「ナチュラルパーフェクトシューティングシステム~まったく新しいシュート理論~講義編」について僭越ながらレビューさせていただきます。

このDVDを観るに当たって、まず大切なことはDVDの中でも今倉さんが何度もおっしゃられていますが「既成概念を捨てる」ということです。

これはどんな学びをする上でも大切なことです。

 

みなさんはとても勉強熱心な方が多いと思うので、これまでも多くの知識を得てこられたはずです。

その状態というのは「水を吸い切ったスポンジ」みたいなものです(水=知識)

 

そこに、もし 新しい知識=綺麗な水 を吸収しようと思ったら、水でひたひたになったスポンジでは吸収できませんよね。

 

また中途半端に絞った状態で吸収すると、綺麗な水と元からあった水が混ざってしまい、もしかしたら今倉さんが伝えたいこととズレが生じてしまうかもしれません。

なのでまずは、ぎゅっと絞って、新しい知識=綺麗な水を吸収できる状態にしてください。

そうすればどんどん知識が入ってきて、行動にも移していけると思います。

 

そして、DVDを観ると早速新しい知識が入ってきます。

それがBEEF」「FOREST」です。

 

BEEFは昔からよく言われていた理論で
Balance:ボディバランスをとりましょう
Elbow:肘をゴールに向けましょう
Eye:距離感をつかみましょう
Follow through:フォロースルーをしっかりしましょう
というものですが、この理論で指導している方もいらっしゃると思います。

 

僕もいろんな選手を観てきましたが、「シュートで大事なことは?」と聞くと「肩と肘と手首を一直線にする」「ボールを手にしっかりと乗せる」「膝をしっかりと曲げる」と答える人がとても多いです。

 

しかし、それでいくと、筋力や体格に頼ったシュートになってしまうことが多く、その理論で十分な人はいいのですが、すべての人がいいシュートを身につけることが難しくなってしまいます。


特に中学生の男子は、
小学校の時は5号球でリングの高さは260cmだったのに、中学に入ると7号球でリングの高さは305cmになります。

女子もボールは5号球から6号球になり、高さも同じく変わります。

 

このギャップを埋めるのはなかなか難しく、シュートに悩む人も多いと思いますし、指導するときにも悩むのではないでしょうか?

 

 今回のDVDではタイトルにもあるように「ナチュラル」=「自然」より身体の構造に沿ってシュートを作っていくので、一人一人にとって自然にパワーが出るシュートになっていきます。

なので、パワーがないからワンハンドシュートは難しいと思われている女子でもしっかりと届くようになります。

そもそも「女子=パワーがない」というのも既成概念なので、そこも捨てた方がいいですね。

 

自然に打つことができれば、誰でもスリーからしっかりとボールをコントロールして届かせることができるようになります。

れを作り上げるのが「FOREST理論」となっています。

 

最初は英語の多さに慣れないかもしれませんが、さまざまな英語の頭文字を合わせてFORESTはできていますし、今倉さんも丁寧に教えてくださっているのでとても覚えやすくできています。

「早く実技を観たい!」と思うかもしれませんが、ある程度理論や概念を最初に入れておくと、実技をやっていったときに脳と体の両方で体感することになるのでより知識が腑に落ちやすくなります。

まずは「FOREST理論」がどんな言葉で構成されているかが、すぐに出てくるまでに落とし込んでほしいと思います。

そうすれば自分のシュートを観ていくときにも、誰かのシュートを指導するときにも、いろんな観方ができて、より一人一人に合ったフォームを観つけていくことができると思います。

  1. 既成概念を捨てる
  2. FOREST理論を叩き込む

この二つをまずは忘れないように、DVDを観始めてください。

 

では引き続き何通かレビューさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
読んでいただきありがとうございました。

■新作DVDのご紹介

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【武学籠球】武学における学び方の三段階~相乗創育~

  2. 【バスケ上達】ダウンスクリーンで簡単で得点を奪う方法【動画】

  3. 【片岡編集長のレポート】現代バスケット界で適応するために必要な、…

  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  5. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  6. 【小谷コーチの分析バスケ】バスケットボールを分析する方法について…

ピックアップ記事

  1. 今、目の前には自ら積極的に練習する選手たちの姿がある。私の存在が無くなり、選手同士で話し合い知恵を出…
  2. サイド・キックの振り幅が大きくなったときに、負荷の大きさに対応できる人は腕の動きが活発になっていきま…
  3. 前回のトレーニングレポートNo.39において、サイドキックを鍛えるトレーニング動画をお届けしました。…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ある進学校の自立への歩み その1
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.41
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.40
ページ上部へ戻る