menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  4. 【小谷コーチの分析バスケ】ボックススコアから紐解くバスケ
  5. 【片岡編集長のレポート】3men Automatic 6
  6. 【武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】自分の時間
  8. 【小谷コーチの分析バスケ】フリースローからプレースタイルを予想する
  9. 【片岡編集長のレポート】 3men Automatic 5
  10. 【武学籠球】武学の応用例「ディフェンス編」
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

■戦術指導の時に指導者が陥りやすい「落とし穴」

 

指導書などで学んだ戦術を必死になって学び、次の日、体育館で選手たちに事細かく、説明しても、

なぜか、思うようにいかない。

 

あなたもこのような経験をしたことはありませんか?

書籍や指導書に「記載されている通り」に、強豪校と呼ばれるチームの指導者が公開する戦術ですから、

「間違っているはず」がない。

 

それを再現できないのは、そのチームより

「うちのチームの選手たちの能力が足りないから」

だと思っている。

 

もしも、このように思われているなら、

それは【間違っています】

 

なぜなら、多くの指導者は、戦術を指導する時、

記載されている図通りに選手を位置させ、図通りに動かそうとします。

 

「それこそ、戦術指導しても効果が出なくなる、落とし穴です」と

星澤先生はおっしゃいます。

 

 

※新作DVDは9月3日(月)12時よりリリースします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート】現代バスケット界で適応するために必要な、…

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】外遊びと運動能力2…

  4. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークと…

  5. 【バスケ】初心者でも簡単に得点を取るための方法を公開します【オフ…

  6. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】外遊びと運動能力1…

ピックアップ記事

  1. 引き続き、FIBA EURO2017でのLATVIAのオフェンスからのお話です。本プレー…
  2. こんにちは!坂口慎です。前回は・百人百派・自分はもともとすごいということにつ…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術5-Latvia3
  2. 【坂口慎の武学籠球】百人百派と自分の価値に氣付く
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.16
ページ上部へ戻る