menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

■戦術指導の時に指導者が陥りやすい「落とし穴」

 

指導書などで学んだ戦術を必死になって学び、次の日、体育館で選手たちに事細かく、説明しても、

なぜか、思うようにいかない。

 

あなたもこのような経験をしたことはありませんか?

書籍や指導書に「記載されている通り」に、強豪校と呼ばれるチームの指導者が公開する戦術ですから、

「間違っているはず」がない。

 

それを再現できないのは、そのチームより

「うちのチームの選手たちの能力が足りないから」

だと思っている。

 

もしも、このように思われているなら、

それは【間違っています】

 

なぜなら、多くの指導者は、戦術を指導する時、

記載されている図通りに選手を位置させ、図通りに動かそうとします。

 

「それこそ、戦術指導しても効果が出なくなる、落とし穴です」と

星澤先生はおっしゃいます。

 

 

※新作DVDは9月3日(月)12時よりリリースします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  2. 【バスケ】兄弟がバスケットをやられてる保護者の方から質問をいただ…

  3. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

  5. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る