【片岡編集長】ナショナルチームのゲームより9(アルゼンチン代表のピック&ロール)

オフェンス スキルアップ 動画 戦術 片岡 秀一

今回も、大会準優勝に輝いたアルゼンチン代表のプレーを取り上げます。

同チームも、スペイン代表チームの基本コンセプトと似たプレーを採択しています。

選手の長所、特徴、そして相手チームのDFに応じて使い分けています。動画、図解と共に紹介していきます。

今回は、相手チームのSwitchに対する攻防を中心に扱います。

1、プレーの構造

2、プレーの流れ

ュートを決められた後のプレーにて、アルゼンチン代表のオフェンスがスタートします。

映像では収まっていませんが、何かしらのシグナルが出されたはずです。

ボールサイドのコーナーにいた選手が反対サイドへ移動し、2人のサイドでピック&ロールがスタートします。

こで、フランス代表チームがICEをセットします。
ICE:ボールマンのディフェンスがスクリナーのいる方向のドリブルコースを消し、インサイドのディフェンスがドリブラーとリングを結ぶラインを守るコンセプト

ドリブラーは無理に仕掛けず、スクリナーの選手は反対サイドへとPOPをしました。

ICEの場合、インサイドの選手がドリブラーとリングを結ぶラインに下がる為、POPをするとインサイドのディフェンスとの距離を作る事が出来ます。

こで、元々のコンセプト通りに、反対サイドへボールを展開します。

3人サイドの真ん中の選手は、コーナーの味方のDFに対してスクリーンをセット。

ここでは、スクリーンを予測され、スライドで守られます(X1がマークマンを追いかけるコースに注目)。

ンサイドの選手がパスをして、その後スクリーンを仕掛けます。

その際、2回目のピック&ロールに対しフランス代表チームはSwitchを選択します。

ここで、インサイドvs相手チームポイントガードのマッチアップとなりました。

そして、ボールマンに対しては、相手チームのインサイドの選手がマークをします。

フォーメーション等のプレーから『このアドバンテージを活用する』考え方へと移行します。

コート上にいるディフェンス及びオフェンスの両選手とも、このMiss Matchに気が付いています。

ンパッソ選手は、インサイドのスコラ選手にボールを預けようと試みます。

一度、ローポストのエリアが味方同士で混雑しましたが、直ぐにスコラ選手の為のスペースを優先します。

ランス代表のガード選手は、ゴールとスコラ選手を結ぶラインではなく、上の位置からスコラ選手に圧力を与えます。

反対サイドから、味方のインサイド選手がヘルプに来ることがチームのルールとして決まっているからでしょう。

こで、重要になるのは『スコラ選手も、相手チームがダブルチーム等で対応してくる、及び、ベースライン側に待ち構えている事』を把握している事が重要です。

自分のマークマンが上から圧力を与えていれば、ベースライン側が空いていると思うはずです。しかし相手の思惑には乗りません。

コートの状況を的確に見た上で、ドリブルで3Pエリアの外へと移動します。

相手のディフェンスが困惑しているのを確認し、3Pを放って見事に成功させました。

3、総括

ート上にMiss Matchが発生した際の攻防は、近年のバスケットボールの見所の一つと言えるでしょう。

Miss Matchの攻防には、様々なコンセプトや攻略方法がありますが、まずはMiss Matchである事を自覚し、有利・不利を把握する必要があります。

そうな表現になってしまいますが、もしMiss Matchという視点を持ちながらゲームを観戦する事が新鮮さがある方は、是非その視点で見ていただけると各ポゼッションでの両チームの思惑が見え、ある程度の予測も立ちコート上の攻防の深淵が掴めると思います。

この記事を書いた人:片岡秀一片岡 秀一
株式会社アップセット所属。GSL(ゴールドスタンダードラボ)編集長として記事の製作、編集、各種のイベントなどを多数実施。近年は『Basketball Lab』にて記事執筆と編集、『バスケセンスが身につく88の発想 レブロン、カリー、ハーデンは知っている』・『バスケットボール戦術学』などで編集協力として関与。トーステン・ロイブル氏を講師とするEuro Basketball Academy Coaching Clinicでは事務局を務める。活動理念は「バスケットボールに情熱と愛情を注ぐ人の、バスケ体験の最大化」・「バスケ界にヒラメキを作る」。JBA公認コーチライセンスC級保有(2021年3月にB級を受講)