【バスケ】シュートをマスター!確率が上がるシュート練習

オフェンス シュート スキルアップ 練習法 西嶋治美

バスケットボールにおいて、シュートは多く入れば入るほど得点が積み重なっていきます。

すなわち、試合で勝つ可能性が高くなるということです。

シュートがたくさん入って、試合にたくさん勝つほうが楽しいですよね。

バスケット技術のなかには、パスやドリブルはもちろん、シュートも含まれます。

確率の高いシュートのためには、正しいフォームを最初の段階から身につけることをオススメします。

入らない癖がついてしまうと、なかなかシュートフォームを修正することが困難となるからです。

では、練習メニューをひとつずつご紹介します。

  1. ジャンプシュート
  2. フックシュート

ジャンプシュート

ジャンプシュートは、その名のとおりジャンプして放つシュートのことです。具体的には次の4つの要素を含みます。

  • ゴールに対して正対している。
  • 両足でフロアに対して垂直にジャンプしている。
  • ボールを額の上あたりにセットしている。
  • ジャンプの最高点でボールをリリースしている。

ジャンプシュートは良く使われるシュートですので、しっかり練習してくださいね。

基本的な構え方

  1. 足を肩幅ほどに開き、シュートを打つ手と同じ側の足を半歩前に出します。
  2. 膝を内側に軽く曲げます。
  3. 上半身はゴールに正対し、しっかりと胸を起こしましょう。

★人差し指は縫い目と垂直になるように心がけてくださいね。

ボールの持ち方

  1. ボールの縫い目に親指と小指をおきます。
  2. 指先でボールを持ちます。このとき、手の平はボールにつきません。
  3. 片方の手は、ボールにそっと添えるだけです。

打ち方

  1. 膝を曲げ、腰を落とします。背筋は伸ばして胸を起こす体制をつくりましょう。
  2. 膝から上に向って垂直にジャンプします。
  3. ボールは高く、弧を描くイメージで。
  4. リングを手で蓋をする感覚で、手首をスナップさせます。

ボースハンド(ツーハンド)の場合は、シューティングハンドはどちらでもありません。この動作を両手でおこないます。

フックシュート

フックシュートは、ディフェンスの身長が高いときや、インサイドのゴール付近でディフェンスに密着され、正面を向いてシュートが打てないときに役立つシュートテクニックです。

ブロックを避けるために打つシュートのことです。

特に、身長が低い選手はシュートをブロックされるケースが多くありますよね。

そんな選手のためにシュートの決定率を上げることができるのがフックシュートです。

打ち方

  1. ディフェンスに対して体を横に向けます。
  2. 肘を伸ばしてシュート体勢を整えます。
  3. ディフェンスから遠い方の腕を伸ばして、半円を描くようにシュート。

フックシュートはボールを極力見ずに片手で打つ難易度が少し高いシュートです。

指先の感覚でボールをコントロールする練習も必要になります。

ボールコントロールの練習

  1. 右手を床と平行に伸ばしてボールを持ちます。
  2. 肘を伸ばしたまま頭上を通じて、左手に送ります。
  3. ボールをキャッチしたら、同じ要領で右手に送ります。その繰り返し練習です。

フックシュートの練習方法

  1. ジャンプせずに片手でフックシュートをします。
  2. 慣れてきたらステップを踏みフックシュートをしてみましょう。
  3. さらに、ボールをコントロールできるようになったら、ジャンプフックシュートに挑戦してみてください。

肘を曲げるとコントロールが難しくなるので、肘は伸ばして手首のスナップを使います

また、フックシュートにはやり方がいろいろありますが、原則は身体の幅を使い、ボールを守りながらシュートを打つことが大切です。

まとめ

今回は2つの基本的なシュート練習をご紹介しました。

これらの動作を身につけることができれば、選手同士の身体の接触があったときや、自分より大きなディフェンスが相手でも、シュートを決めることができるようになります

基本的な動作は、初心者のときに身につけることが重要です。

しっかりと練習していきましょう。