【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 食べるトレーニングを考えよう!「栗」

スキルアップ トレーニング 梅原 淳 育成法 食トレ

體づくりは運動をすることだけではありません。筋力をつけたりスピードを上げたりすることはもちろんド真ん中ですが、それと同じくらい食べることは體づくりの柱であります。

運動能力の発育発達を考えるときに、食を度外視して語ることはできません。

それは筋肉をつくるたんぱく質とか走る際のブドウ糖(炭水化物)と言った端的なスポーツ栄養学の話ではなく、細胞一つ一つがエナジーに溢れた力漲る健康的な體を育むための、人間の根源的な食がテーマとなります。

根本を言えば、運動で鍛えたから體が強くなるのではありません。毎日の食によってのみ、真に耐性の強いたくましい體が育まれていきます。

運動で體を鍛えることは、その土台に上乗せすることで向上していくだけです。土台が良ければトレーニングは大きく伸び、土台が貧弱ならばトレーニングも伸び悩みます。

本レポートでは、あなたの力となり得る実践的な内容をお届けすることが、私の決めたささやかなテーマです。競技力の向上を様々な角度から考えて、必要だと判断したことはできる限りお伝えしていくつもりです。

この食に関するテーマも、これから少しずつ書いていこうと思っています。

この時期だけの旬「栗」を食べよう

今回ご紹介するのは、秋の味覚の「栗」です。

私は美味しいからではなく、体力をつけるためにお勧めしようと思います。

米や麦などタネのもの、どんぐりなどの実のものは、多くの陸上哺乳類がエネルギーを蓄えるための主食としています。

栗は硬く、食べる際も水分が少なくてモサモサとしますね。つまり身が詰まっているということです。

これは体をあたためエナジーを高めてくれる食物の特徴です。血液の循環が良くなって、臓器や筋肉の動きが活発になります。

タネのものには米、麦、雑穀、とうもろこし、小豆などがあります。

実のものは栗、どんぐり、くるみ、栃などです。いわゆる木の実ですね。

栗は大体10月頃に実ります。土地柄で時期は多少変わります。私が食べているものは、農家さんから生栗を直接買っていて、無農薬の栗です。除草剤も使っていません。

このようなものは大量生産できないため、買える時期はひと月足らずです。今年は台風の影響もおそらくはあり、さらに収穫量が少なかったようで、わずか二度しか購入できませんでした。昨年は11月過ぎまで買えていたと記憶しています。

栗はほんの一時期の実りですが、体を力漲らせてくれる自然の恵みですので、ぜひ体力づくり肉体づくりのために食べてもらいたいと思います。

自然栽培ではなくても、量産された栗ならばスーパーなどでわりと長い期間並んでいますから、出回っている時期は積極的に口にしましょう。

できれば砂糖の入ったお菓子の栗ではなく、生の栗か焼き栗を買ってください。食べ方は、手間も考慮して栗ご飯がベストです。

ぜひ秋の旬を楽しみながら、最強の體づくりに励んでもらいたいと思います。

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp
・TEL:0120-242-007 (担当:平沼)
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

この記事を書いた人:梅原淳梅原 淳
運動技能を向上させる専門家として、またバスケットボールでのファンダメンタル・スキルを教えるコーチとして全国各地に出向いています。またその活動から得た日々の思考や発見を、YouTubeなどSNSを活用して情報配信しています。このコーナーで扱う内容は、それらSNSでは記さない一歩踏み込んだ情報として、トレーニング実践レポートをはじめ自分の育て方、大人の再教育、子育て、健康づくり、みなぎる食事など、あらゆるジャンルをテーマにお届けします。