menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見…
  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】バスケットボールを分析し…
  5. 【片岡編集長のレポート】3men-automatic2
  6. 【片岡編集長のプレイブック2】琉球ゴールデンキングス2
  7. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  9. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームが好むゲームのテン…
  10. 【片岡編集長のレポート】-3men-Automatic1-
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは!

坂口慎です。

前回は「なぜ武学がバスケに応用できるのか?」ということについて書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

少しでも応用できるイメージができておられたら幸いです。

今回は、逆に

==================

スポーツと武学(武術)の違い①

==================

についてお話していこうと思います。

 

前回のメルマガの最後に「心意体が統一された状態=ゾーン状態」と書きましたが、この点はスポーツと武学の違いの一つでもあります。

武学では「常に乱れない状態」を創るために日々稽古していきます。

それはつまり、「常時ゾーン状態を創る」ということです。

「え、そんな漫画みたいなことできるの?」と思うかもしれませんが、できます。

スポーツでは

・コンディショニング

という言葉をよく使うと思いますが、それは「本番に向けて一番いい状態を創る」という感じですよね。

武学は「常時ゾーン状態を維持すること」を目指し、スポーツは「ゾーンの状態を本番に持っていくこと」を目指しているということになります。

ですので、武学は日常レベルから常に乱れないように、いつでもゾーンの状態を創れるように稽古を積み重ねているので、いつ何時、なにがあろうと自分の今できる最大限のパフォーマンスを発揮することを目指します。

一方のスポーツでは、試合の何日前に練習の強度を上げて、何日前に強度を落として…などすることで身体の調子をコントロールしていき試合や本番に最高の状態を持っていくことを目指します。

 

この目指す状態の違いがスポーツと武学の違いなのですが、この違いによって、武学では最終的にどんな時でもいい状態が創れるのに対して、スポーツではいい状態だったり微妙な状態だったりと身体の状態がまちまちということが起こってきます。

身体の調子を線グラフで表したとして、ゾーン状態の数値が100とすると武学は100のラインに線があり、スポーツはあるときは20で、調子を上げていくと80になって…たまに100になれて…という線になります。

できれば誰しもが常に良い状態でありたいと思いますよね。

それを可能にする術が武学にはあるということです。

 

バスケでのゾーンの状態は

・シュートが打てば入る

・相手の動きが自然と読める

・コートのすべてが観えている

などがありますが、武学ではそんな状態を常に創れるようにしていくということですね。

ということはその術を応用すれば、誰しもが常にゾーンに近い状態、

最終的には常にゾーンの状態を創れると僕は考えています。

誰しもが自分のゾーンの状態とはどんな状態なのか?を知り、さらにその状態を維持していく術を学び、日々実践していく。

それプラス、バスケも日々練習していく。

そうすればみんながいい状態で成長していくことができ、バスケだけでなく人生もより良くなっていく。

そんな状態を僕は創っていきたいなと思っています。

このような形を、文章で伝えても「なに言ってんだこいつは…」と思われるかもしれませんが、それは今後、動画などを交えながら丁寧にお伝えさせていただきますので、不思議に思いながらも楽しみにしていていただければと思います。

 

では今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」

もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/mm/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」

「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。

でも何か物足りないと感じている方へ

http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/mm/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法

未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。

http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2

なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~

なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?

http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル

もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…

http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~

今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?

http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

 

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り

なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame

なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、

試合に勝てるチームに変わったのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント

私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。

http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス

なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション

170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2

インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!

http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)

ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?

この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…

http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  2. 【バスケ】絶対に得点を取られる「セーフティーの位置取り」とは…?…

  3. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】ランニングスコアか…

  4. 【バスケ】レイアップシュートを確実に決める練習とは…?【シュート…

  5. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点…

  6. 【片岡編集長のレポート】現代バスケット界で適応するために必要な、…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事…
  2. みなさん、こんにちは!坂口慎です。今回は、前回の続きで=================…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見える希望なき未来
ページ上部へ戻る