シュートにも使える!手首を鍛える壁ドリブル

練習メニュー

初心者向けのドリブルやシュートリリースを鍛えるのに役立つ練習法です。

強く速く突くことで、手首の使い方やスナップの柔らかさ、ティップで放す感覚を覚えることができます

今回は、1人でもできる『壁ドリブル』をご紹介したいと思います。

やり方

簡単です。

ただ壁に向かってドリブルをするだけなんです。

ボールが引力に負けて落ちてこないように、連続して強く突くようにします。

まずは、利き手を連続100回目指して行いましょう。

利き手ができたら反対の手も同様に行います。

意識することは?

すばやくリズミカルに突くことを意識しましょう。

ポイントは、手のひらからボールを押し出し、指全体を使って指先で放つこと。

手首を返さなければ強く押し出せないので、シュートのリリースやプッシュパスも同時に練習することができます。

また、長く連続して行うには、受けるときの手のひら全体の感覚も重要です。

ボールをはじき返さずに、しっかりと受けて強く突く、その感覚を身につけましょう。

これらを意識することで、手首を使ったボールの受け方や放し方を身体で覚えることができます。

アレンジ練習

慣れてきて手首が上手く使えるようになってきたら、少し距離を空けて「壁シュート(ワンハンド)」がオススメです。

先ほどの壁ドリブルを、今度は腕全体も使って強く押し出す練習です。

ポイントは同じで、手のひら全体から指全体、指先で放す、最後は肘を伸ばしきります。

また、距離が遠くなった分、ボールがふわりと浮きがちですが、壁に向かってストレートにぶつけます。

注意点

体育館などでは、壁にボールを当てることが禁止されている所も多くあります。

壁当てがOKなのか、きちんと確認してから行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、壁を使った一人でもできる練習法をご紹介しました。

足のケガをしている選手の練習メニューにもオススメです。

※まさに筆者が今、足のケガでフル参加できない選手のメニューを探していたりします…(笑)

ぜひ、練習や指導の参考にしてみてください。

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加