【バスケ】ローポスト1対1。3つのターンからのシュートエントリー

オフェンス シュート スキルアップ トレーニング 指導法

バスケットの経験があるから指導を任されたけど、自身はセンターをしたことがないから指導の方法が分からない。

そんなお悩みにお答えすべく、今回はローポストからの3種類のターンをご紹介したいと思います。

 

ジャンプミートやステイして、ローポストでボールをもらった場面を想定して解説していきます。

 

リバースターン

ボールをもらったら基本のターンです。

リングに近い方の足を引いてシュートモーションに入ります。

ディフェンスがシュートチェックに来たら、1ドリブルからレイアップに行きましょう。

 

相手が、ベッタリではなく少し間合いを持ってついている時に有効です。

片方の足を引くだけでリングを向いてシュート体勢に入れるので、無駄な動きが必要ありません。

 

重心が後ろに流れてしまわないように気をつけてください。

 

フロントターン

ボールをもらったら、リングに近い方の足を軸に、グルっと前回りターンします。

リバースターンが縦の動きであるのに対して、フロントターンは少し横の動きが出るため横のズレを作ることができます。

ディフェンスが、どちらか片サイドに意識を置いて守っている時に有効です。

ターンする際は、軸足がズレてトラベリングになることに注意しましょう。

 

バックターン

ディフェンスを背にしたまま、後ろ向きにターンしてリングへ押し込む技術です。

相手の足が縦向きに守っている時に有効です。

 

ディフェンスを押し込みすぎるとチャージングになるので気をつけてください。

 

3つの使い分けと注意点

ローポストでの基本的なターンをご紹介しました。

3つを上手く使い分けできれば、ディフェンスはどの守り方をしてもシュートまで持っていかれてしまう…

 

(ディフェンスが)

・少し離れていればリバースターン

・ウィークサイドに寄っていればフロントターン

・ストロングサイドに寄っていればバックターン

 

大事なことは、

・リングに向かうこと

・途中で止めてしまわずにシュートまでいくこと

・ボールをもらったら瞬時にターンできるように相手の位置を意識しておくこと

 

基本のターンを使うことで、シュートチャンスがグッと増えるはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ローポスト1対1の際のターンを3つご紹介しました。

以前にご紹介した「ハイポスト1対1 超基本編」と合わせて、ぜひ練習や指導の参考にしてみてください。

 

 

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加