menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】「ハイポストからの攻め方をご紹介します」超基本編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ハイポストでもらって!」

 

そう指示された選手は、言われたとおりにハイポストでもらったけれど・・・。

もらったまま何もできないでパスしてしまう・・・。

 

そんなお悩みに、今回は、ハイポストからのシュート指導法をご紹介したいと思います。

 

 

ステップ1「まずはリングを向く」

どこでボールをもらっても共通していますが、まずは攻めるリングに向くのが基本です。

リングに向いていないとシュートにすらいけません。

 

これは、当たり前なことですけど、意外と出来ていない選手やチームが多いんです。

 

リングに、背中を向けてボールをもらいます。

もらったら、ターンしてリングに向きます。

この時、必ず顔を上げてリングを見ましょう。

 

できれば内側の足を軸に、リバースターンをおススメします。

なぜなら、ポスト周辺でのフロントターンはディフェンスに押し出されやすく、大回りになる可能性が高いからです。

 

 

ステップ2「シュートを打つ」

ターンをしてリングを向いたら、まずはシュートです。

 

普段からドライブにいく選手ならともかく、何を仕掛けてくるか分からない選手が相手の場合は、適度な間合いが空いていることが多いですので、まずは積極的にシュートを狙っていきましょう。

 

また、ターンでしっかりリングに向くことができていれば、シュートは打てるはずです。

ここからのシュートを打つことで、シュートチャンスが増え、また得点も増えます。

 

 

ステップ3「シュート打てなかったらドライブ」

ターンからのシュートを狙ったけれど、ディフェンスが詰めてきていたり、シュートフェイクにかかったりしたらチャンスです。

ウィークサイド(コート縦半分に割った近い方のサイドライン側)を、強くドライブで抜いていきましょう。

 

この時は、強いドリブルでレイアップまでいきます。

途中で止まったりパスしたりすると、ボールを奪われるリスクが上がります。

 

シュートまでいけば、得点できる可能性もありますし、ファウルをもらえる可能性もあります。

 

 

このたった3つ

まずは、この3つをやってみてください。

 

・ボールをもらったらターンしてリングを向く

・リング向いたらシュートを打つ

・シュート打てなかったらシュートをフェイクにして、ドライブでレイアップまでいく

 

ハイポストでもらった後どうしたらいいか分からない…という場合の、基本的な3つのポイントをご紹介しました。

 

その他にも、ハイポストからの1対1のレパートリーはたくさんあります。

またご紹介していこうと思います。

 

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート号外「…

  2. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】あるコーチの実話から食を考え…

  4. 【片岡編集長のレポート】on ball Screen DF4(S…

  5. 保護中: 【レッスン編未購入者限定】気が付けばワンハンドでの3P…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「…

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る