menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昔に比べて、現代バスケはアウトサイドの得点力が各段にアップしています。

少し前なら、ガードは「ゲームを組み立てる」と
タクトを振るように周りの選手を活かす選手が多かったように思います。

しかし、現在ではゲームを組み立てることは大前提にありますが、

オフェンスのスタートとなる選手が多くなりました。

というのも、ある戦術を多様するようになったから
だと重田監督は言います。

ということで、本日の動画はトップにいるガードから始まる
オフェンス方法をご紹介します。

とても、カンタンな方法でDVDの中では5種類ご紹介していますが、

その中の一つを重田監督の解説を含めてごらんください。

 

アウトサイドの得点力に悩みを抱えている方はコチラをご覧ください↓
http://basketball-school.jp/shigeta/02/a/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【オフェンス戦術】ピックアンドロールを巧く行えない理由

  2. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点…

  3. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】

  4. 【レイアップ】庶民のシュートが上手く打てない人は必見

  5. 試合で結果が出ないオフェンスとは?

  6. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る