ご注文は、今すぐこちら!

お申込みはこちらをクリック

チームの得点力を向上させたいバスケ指導者へ…なぜ、低身長の選手しかいない創部2年のチームが東海大会で準優勝できたのか?低身長チームでもノーマークから得点をサクサク取ることができる「アウトサイドプレイヤーの育て方」を公開します!

身長差をひっくり返したゲーム

先日、あるバスケ指導者の方に誘われて、地元の中学生の交流試合を観戦してきました。

会場となった体育館は、たくさんの保護者の方で埋め尽くされていました。私たちも、その中に混じり試合がはじまるのを楽しみに待っていました。

その日の試合は、対照的な2チームの対戦です。

一つのチームは、長身の選手を揃えた、いかにも強そうなチームです。試合前のウォーミングアップを見ても、子どもとは思えない迫力があります。

もう一方のチームには、背の高い選手が一人しかいません。他の選手は、まだどことなく幼いところが残る、いかにも中学生といった選手たちです。

そして、試合がはじまると…

試合の序盤は、完全に長身チームのペースです。

高さを活かしたプレーで相手ディフェンスを動かし、巧みにシュートチャンスを作り出していました。背の低い選手たちは必死に走りまわりますが、相手を止めることができません。

スコアも、だんだんと差が開きはじめてきました。

「やはり、身長差は大きいよな…。」と思いながら観戦していた試合中盤。この辺りから、試合の流れが大きく変わりはじめたのを感じました。

アウトサイドから守りを崩すオフェンス

背の低いチームの選手たちが、積極的にパスカットを狙った動きを見せてきました。
まるで、相手のオフェンスパターンを見透かしたかのように、的確にボールを奪います。

会場を沸かせたのは、そこからのオフェンスです。

背の低い選手たちは、巧みなドリブルとパスワークで、ゴール下の守りを固める相手をアウトサイドに引きずり出します。

そして、ディフェンスが崩れた一瞬のスキを突いて相手を交わしてゴール下へ切り込み、
ノーマークでシュートを決めたのです。

試合も後半になると、流れは完全に変わっていました。

背の低いチームは、結局20点以上の得点差をひっくり返し、見事に長身チームに勝利しました。試合終了後、私は彼らの見事なプレーを見て、たくさんのことを考えさせられました。

低身長チームでも試合に勝つために指導しなければいけない「必須事項」とは?

その日の試合の勝敗を分けたものは何か?

私は、試合を観戦した帰り道に、そのことをずっと考えていました。
両チームには、圧倒的な身長差がありましたが、結局試合に勝ったのは背の低いチームです。

身長差が原因でないとしたら、いったい何が勝敗を分けたのか?

色々と考えているうちに2つのチームには、「決定的な差」があることに気づきました。それは…、

オフェンスパターンの豊富さです…

試合に勝利したチームは、選手たちの身長こそ高くはありませんでしたが、相手のディフェンスに対応したオフェンスで、巧みにシュートチャンスを作り出していました。

特に、目を引いたのは、アウトサイドプレイヤーの技術力です。

ひと昔前のバスケットでは、センタープレイヤーを起点にオフェンスを組み立てるのが主流でした。しかし、展開の速い現代のバスケットでは、ガードやフォワードなどのアウトサイドのプレイヤーを軸にオフェンスを組み立てるのが主流です。

パスやドリブルで有利な陣形を作りながら、相手ディフェンスを崩す「セットオフェンス」などは、その典型的な例と言えるでしょう。

しかし、相手のディフェンスよっては、思いどおりに攻めきれないことも多々あります。

あなたもきっと、アウトサイドからオフェンスを組み立てようとしたけれど、シュートにつなげられず悔しい思いをしたことがあるでしょう。


この問題を解決するのが、「オフェンスのバリエーション」です。

たとえ、どれだけ有効なオフェンスパターンだとしても、チームがそのパターンしか持っていないのでは、試合に勝つのは難しくなります。

同じパターンのオフェンスをくり返せば、やがて相手に見抜かれてしまい、対策を取られてしまうからです。

だからこそ、たくさんのオフェンスパターンを用意し、相手の守りに合わせて使い分けられるようになることが重要なのです。

これは、身長で勝負できない背の低いチームには、特に重要なことだと言えるでしょう。

そこで私たちは、考えました…

「低身長チームがもっと勝てるようになるための、有効なオフェンスパターンを教えてくれる指導者はいないだろうか?」

私たちは、どんな指導者に教わるのがふさわしいのか、その条件を挙げることにしました。

条件①「豊富な実績があること」

まず、私たちが挙げた条件は、「豊富な実績」です。

言うまでもありませんが、実績というのは、「そのオフェンスパターンが本当に有効なのか」を判断する指標になります。

たとえどれだけ良さそうに見えるオフェンスパターンでも、チームが良い成績を残したという実績がなければ、本当に優れたオフェンスパターンであるとは言えません。

条件②「ベテラン指導者であること」

たとえば、これまで30人の選手を指導した監督と、3,000人の選手を指導した監督。他にも、指導歴1年の監督と20年の監督。

このような指導者いたとしたら、あなたは、どちらの監督に教わりたいと思いますか?

もちろん、指導経験が豊富なベテラン監督ですよね。

豊富な経験に裏打ちされた指導メソッドは、それだけで高い価値のあるものです。さらに上に挙げた「実績」という条件が加われば、これほど信用できるものはありません。

条件③「再現性が高いこと」

どれだけ優れたオフェンスパターンだとしても、その人にしか教えられないのでは意味がありませんよね。

その監督だからできる、能力の高い上手い選手だからできるというのでは、今回のテーマにふさわしいメソッドとは言えません。

誰が教えても、同じように上達させられ、強いチームを作れることが重要です。

以上の3つが今回私たちが挙げた条件です。しかし、こんな難しい条件をすべて満たせる指導者なんているのでしょうか。

弊社とかかわりのあるバスケ指導者の方にも相談した結果…、

この人以外に考えられません

それは、名古屋経済大学で男子、女子バスケットボール部の監督を務める、重田監督です。

重田監督は、バスケ指導歴48年の大ベテランです。さらに、これまで23回もチームを全国大会へ導いたという優れた実績をお持ちです。

それだけではありません。

何よりも重田監督がスゴいのは、平均的な能力の選手たちを育て上げ、全国へと導いているということ。

重田監督が今教えている女子チームには、170cm以上の選手がいません。
しかし、創部から「わずか2年」で、東海大会準優勝という信じられない結果を出しています。

いったい、どんな指導でチームのオフェンス力を向上しているのか?今回、その方法を教えてもらえることになりました。

重田恒文

重田恒文

バスケットボール指導歴48年の大ベテラン。選手の身長や能力にかかわらずインサイドプレイヤーを中心としたチームの育成をおこない、数々の優れた実績を残す。これまでの指導歴の中で、23回もの全国大会出場を果たしている。

【指導実績】
昭和45年4月 市邨学園高蔵女子商業高等学校 奉職
平成20年3月 名古屋経済大学高蔵高等学校 退職
平成20年4月 名古屋経済大学高等学校 専任講師
平成22年3月 名古屋経済大学高等学校 退職
平成22年4月 名古屋経済大学男子バスケットボール部 監督 就任
平成28年4月 名古屋経済大学女子バスケットボール部 創部
男子・女子バスケットボール部 監督 就任

【指導歴】
・全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技 23回出場
・第47回国民体育大会少年少女バスケット優勝監督
・国民体育大会少年少女バスケット コーチ 26回 優勝15回
・全国高等学校選抜優勝大会 2回出場
・平成5年 全国高等学校体育連盟 表彰
・平成19年 私立学校教員 表彰
・平成5年6年 愛知県体育協会 表彰

など多数

重田監督のアウトサイドプレイヤー育成法があなたのチームを強くする「7つの理由」

  • 「全国大会23回出場」の実績ある指導法だから
    重田監督の指導メソッドは、ただ理想を並べただけのものではありません。実際に、平均的な能力の選手たちを上達させ、23回も全国大会へ導いた実績のある指導法です。この圧倒的な結果こそが、重田監督の指導メソッドが信用できる何よりの証拠でしょう。
  • 背の低いチームでも、長身チームを相手に戦えるから
    上でお話ししたとおり、重田監督は、これまで23回もチームを全国大会へ導いています。しかし、そのほとんどは背の低い選手ばかりのチームでした。つまり、重田監督のメソッドでアウトサイドプレイヤーを育成すれば、たとえ背の低いチームでも、長身チームを相手に今より勝てるようになるのです。
  • 相手のディフェンスに対応したオフェンスがで組み立てられる
    ひと言でアウトサイドプレイヤーを育成すると言っても、そのオフェンスバリエーションはさまざまです。重田監督の育成メソッドなら、相手のディフェンスに対応し、ドリブルやパス、パスラン、スクリーンなど、さまざまな方法で相手を崩せるようになります。
  • インサイドプレーの完成度も飛躍的に向上できるから
    インサイドプレーを上手く展開できない一番の原因は、「アウトサイドプレイヤーの技術不足」にあります。重田監督の指導メソッドでアウトサイドプレイヤーのオフェンスバリエーションを増やすことができれば、優秀なアウトサイドプレイヤーを育成しながら、インサイドプレーの完成度も向上できます。
  • 指導のポイントが明確で、わかりやすいから
    アウトサイドプレイヤーの育成で一番難しいのが、どのタイミングで、どの方向に動けばいいのかということ。重田監督は、この部分を感覚に頼らず、わかりやすい言葉で選手たちへ指導します。つまり、選手の理解が早くなるので、短期間で優秀なアウトサイドプレイヤーを育成できるのです。
  • チームの得点力をグンとアップできるから
    アウトサイドからのオフェンスバリエーションが増えると、それに比例してチームの得点力も向上します。なぜなら、相手のどんな守りでも崩せることで、どんどんシュートチャンスを作り出せるからです。
  • パターンの完成度を高める「練習ドリル」があるから
    どれだけオフェンスパターンを増やしても、完成度が低く、試合で通用しなければ意味がありませんよね。重田監督は、各オフェンスパターンの完成度を高めるため、多くの練習ドリルを独自に考案しました。選手の習熟度に合わせたドリルに取り組むことで、さらに完成度を高められます。

「指導が難しいのでは…?」

アウトサイドプレイヤーの育成には、何となく難しそうなイメージがあります。

ですから、もしかすると、「初心者ばかりのチームには、難しすぎるのでは?」と思うかもしれません。でも、ご安心ください。チームに能力の高い選手がいなくても、アウトサイドプレイヤーを育成することはできます。

なぜなら今回、アウトサイドプレイヤーを育てる上で難しいと言われてきた、ポジションの取り方やタイミング、切り込む角度など、その細かいところ全てを重田監督が教えてくれたから。

今回、重田監督に教えてもらったのは、

・アウトサイドプレイヤーの考え方
・アウトサイドプレイヤーの基本ドリル
・「ドリブル」で相手を崩す方法(5パターン)
・「パス」で相手を崩す方法(2パターン)
・「パスラン」で相手を崩す方法(5パターン)
・「スクリーン」で相手を崩す方法(10パターン)

など、アウトサイドプレイヤーを育成するために必要なノウハウをすべて含んでいます。

これは、48年間に渡って、バスケ初心者を優秀なアウトサイドプレイヤーに育成し続けてきた重田監督だからできたことです。

「どのタイミングで」、「どのポジションに」、「どう動けばいいのか」その全てを包み隠さず公開します!

今回のDVDでは、今まで教えるのが難しいとされてきたアウトサイドプレイヤー育成のポイントを、重田監督のわかりやすい説明とともに学ぶことができます。

これは、重田監督が多くのアウトサイドプレイヤーを育成してきた集大成とも言える内容で、アウトサイドプレイヤーを育てたい指導者にとっての「貴重なマニュアル」と言えます。

これほどわかりやすくアウトサイドプレイヤーの育て方が学べる教材は、他にありません。

あなたも重田監督の指導法を知れば、アウトサイドプレイヤーを起点としたオフェンスのバリエーションを増やすことができ、今よりもっと強いチームが作れるはずです。

「うちのチームは、初心者ばかりだから」と、あきらめるには、もったいなさすぎます。

あなたも、ワンパターンのオフェンスから抜け出し、たくさんのオフェンスバリエーションを武器に長身チームに勝ちたいと思いませんか?

ぜひ今回のDVDから、重田監督の指導メソッドを学んでください。そうすれば…、

・さらにオフェンスのバリエーションを増やせる
・相手のディフェンスに対応した攻撃ができる
・インサイドプレーの完成度を高められる
・チームの得点力をアップできる
・背の高いチームが相手でも、もっと楽に戦えるようになる

など、今よりもっとバスケットの指導を楽しめるようになるはずです。


では、今回のDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

DVD収録内容の一部をご紹介すると…

アウトサイドプレイヤー育成の基礎

  • ガード&フォワードプレイヤーの役割と考え方
    まずは、重田監督が、ガード&フォワードプレイヤーをどのように考えているかをご説明します。アウトサイドプレイヤー育成の基本となる大事なポイントです。
  • アウトサイドプレイヤーが、「ボールをもらう足」が大事な理由
    重田監督は、アウトサイドプレイヤーを育成するとき、「ボールをもらう足」をとても細かく指導します。いったい、なぜなのでしょうか?
  • スクリーンのバリエーションと注意点
    スクリーンには色々なバリエーションがありますが、種類ごとにポイントと注意点が異なります。ここでは、それぞれのバリエーションについて、わかりやすくご説明します。
  • オールコートのボール運びのポイントと注意点
    ガード、フォワードは、試合中にボールを運ぶことが多いポジションですが、オールコートの場合は、パスをした後の動きが特に重要になります。
  • ポールポジションを指導するときのポイント
    重田監督は、どのように選手たちにポールポジションを教えているのか?構え方や目線など、良い例と悪い例の両方から、くわしくご説明します。
  • ディナイされたときのボールのもらい方
    相手にディナイをされると、ボールをもらうのが難しくなりますよね。でも、ある方法を使えば、オフェンスとディフェンスの間に「ズレ」を作り出し、簡単にボールがもらえるようになるんです。
  • 4種類のコーナカットイン、それぞれのポイントと注意点
    コーナカットインの指導で大切になるのが、最後の「シュートの位置」です。どのように有利な状況を作り出せばいいのか?ここでは、実戦的な4種類のパターンをご紹介します。
  • アウトサイドプレイヤーの基本ドリル(2人)
    このディスクの最後では、アウトサイドププレイヤーのための基本ドリルをご紹介します。2人のときのポイントは、ボールのもらい方です。ここでは、ボールをもらう前に「あること」をしておくのが重要になります。
  • アウトサイドプレイヤーの基本ドリル(3人)
    アウトサイドの基本であり、「ギブ&ゴー」と呼ばれる3人のプレーをご紹介します。この練習のポイントは、あえて短い距離でおこなうこと。いったい、なぜなのでしょうか?
  • アウトサイドプレイヤーの基本ドリル(オール)
    最後はオールコートを使った練習です。オールコートでは、スピードを上げるポイントが2箇所あります。一つひとつのポイントを押さえながら、じっくりと練習してください。
アウトサイドプレイヤーの考え方から基本的な練習法までをご紹介します

"アウトサイドプレイヤーの考え方から基本的な練習法までをご紹介します"

ドリブル&パスで崩す方法

  • ドリブルで相手を崩すアウトサイドプレーのコツ
    ポストから攻められないときは、ドリブルで相手を崩すこのプレーが有効です。まずは、ディフェンス無しで動きを覚え、それからディフェンスを付けて練習するのが良いでしょう。
  • ボールマンがプレッシャーをかけられている場合の対処とは…?
    ディフェンスに付かれた場合は、ある方向にドリブルをします。すると、ディフェンスが後追いになる形ができ、空間を作り出せるようになるんです。
  • フェイントは、どのタイミングで入れるべきか?
    ドリブルで相手を崩すときは、フェイントも重要なポイントになります。でも、どのタイミングで入れるのが効果的なのでしょうか?
  • ディフェンスの裏を突いてノーマークを作り出す方法
    たとえば、2対2のプレーでは、ヘルプがそこまでありませんよね。この方法なら、高い確率でノーマークを作り出し、シュートを狙うことができます。
  • パス回しで相手を崩すアウトサイドプレーのコツ
    パスで相手を崩すときのポイントは、パスのスピードとパスをしたあとの方向転換の2点です。ここでは、選手に教えるときのポイントと合わせ、くわしくご説明します。
  • パス回しで、「ディフェンスとのズレ」を作り出す方法
    正確にパスをつなげるには、ディフェンスを交わしてノーマークの状況を作り出すことが大切ですよね。この方法なら、簡単にディフェンスとのズレを作り出せますので、楽にパスが通せます。
  • リングにカットして相手を崩すテクニック
    最後にもう一つ、相手を崩す効果的なテクニックをご紹介します。相手の一瞬のスキを突いたこのプレーは、試合でも有効なテクニックです。
ドリブルやパスで相手を崩すアウトサイドプレーのコツをお伝えします

"ドリブルやパスで相手を崩すアウトサイドプレーのコツをお伝えします"

パスラン&スクリーンで崩す方法

  • パスランで相手を崩すテクニック
    ここでは、4人8クロスのパスランで相手を崩すパターンをご紹介します。特に8クロスの指導では、カットの入り方や相手の抜き方、フロントカットなどが重要になります。
  • スクリーンで相手を崩すテクニック
    次は、スクリーンで崩すパターンです。ボールを逆サイドへパスした場合と、コーナーへパスした場合とでは、パス後のプレーが異なりますので、違いをしっかり理解して指導してください。
  • 3人のシャローカットからのシュートドリル
    実際のゲームに直結する、「5種類」の有効なシュートドリルをご紹介します。それぞれのパターンは、良い例と悪い例の両方を挙げながら、くわしくご説明しています。
  • 3人のスクリーンからのシュートドリル
    この練習のポイントは、走り込むタイミングです。このパターンも試合で使える場面の多いプレーですので、ぜひマスターしてください。
  • 小さいチームが、大きいチームを相手に戦うためのプレー
    パスで相手を崩しながら、有利な展開を作るテクニックをご紹介します。特に背の高い選手がいない小さいチームに有効なテクニックです。
  • 3on3のフリーゲーム(重田監督によるゲーム解説付)
    ここまで習得したテクニックを、3人のフリーゲーム形式でおこないます。良いプレー、悪いプレーは一旦ストップし、重田監督の解説を挟みながらわかりやすくご説明します。
  • 5on5のフリーゲーム(重田監督によるゲーム解説付)
    最後は、5人のフリーゲーム形式です。今まで学んだガード、フォワードのテクニックをどう活かせばいいのか?こちらも重田監督の解説を挟みながらご説明します。
ゲームに直結する実戦的なパターン練習をご紹介します

"ゲームに直結する実戦的なパターン練習をご紹介します"

DVD視聴者・実践者の声

H.S様

H.S様



「簡単なことをしっかりやる」ということが一番印象に残り、一番勉強になりました。 細かいところでは、「ディフェンスが下がっている時には更に一歩下がる。そのことでディフェンスは前に出てくる。」ということが勉強になり、また、勘違いしていた点でした。 あとは、「ダウンスクリーンはスクリナー(ディフェンスも)見える状態なので、素早い動きが大切」と言う点でしょうか。

身長は高くないが、機動力のあるチームにお勧めしたいです。


H.S様

J.K様

年齢:36歳、指導歴:4年、お子様:中学生

シャローカットという概念がなくて、いろいろ調べるきっかけとなりました。アウトサイドの選手の練習メニューが増えそうです。 一番は、スクリーンで崩す4人のパスワークです。動き方を知らない初心者の状態に与える動きとしてはいいかなと思いました。

やはりバスケットは語句がたくさんあるので理解していかないといけないと思いました。スリースレットもシャローカットもです。ダウンスクリーンとアウェイスクリーンの整理も必要だとかんじました。

指導を初めてある程度の知識をもっていて、でも確たるものがない状態の情報の一つとしてはいいのではと感じました。これだけですべてがまかなえるものでもないとは思います。


H.S様

M.K様

年齢:59歳、指導歴:20年、お子様:中学生

現在、中学生を指導しており、シェアタイムとアリーオフェンスを極め、全中を目指しています。本動画で、早く正確なプレーを マスターする事が参考になりました。プレー中の視野・誘い・アタックする勇気です。
動画のすべてにおて、講師先生の自信に満ちた 誠実な説明に安心・安定が印象的でした。
動画での気付きは、視野の重要性です。現状を把握し、つぎを予測し瞬時に思考する。
予測する事は、とても自発的で 学びで有り、楽しいと感じます。
良いプレヤーは、基礎を大切にします。スランプの時など、原点回避して、確認する場所です。また、基礎の積み重ねでしか、最高の プレーは生まれないと思います。悩んだら、立ち止まり、原点に戻る事。これは、勇気が要ると思います。本動画を視聴され、基本と バスケットで重要な、予測・判断・勇気を学びましょう。     特に、上級者を目指す人にお勧めします。


T.F様

T.F様

年齢:45歳、指導歴:3年、お子様:中学生

・参考になったことは①45度のデイフェンスの状況(ノーマル・ディナイ・オーバー)に応じた攻め方②スクリーンのかけ方

・使い方、およびディフェンスの状況に応じた攻め方③ハンドオフでのボールの渡し方と受け方など、基本の再確認や、アウトサイドプレイヤーの動き(流れ)の練習方法などです。

・印象に残ったこと(気付き含む)は、基本的なプレイを磨き上げることの大切さです。(スクリーンの紹介をしている場面で、きちんとできていない選手が多いように感じました。普段からきちんとしていないことは、意識してもきちんとできるものではないと再認識。逆にテーマに上がっているわけではないですが、ワンハンドのバウンドパスがきれいだと感じました。 毒舌ですみません)。

・おすすめしたい方ですが、私と同じくご自身がインサイドを中心にされていた方で、アウトサイドの練習にバリエーションがない方です。指導対象は一般的な中学生(1回戦・2回戦負け)のレベルでは動きが複雑で5対5の場面では使いこなせないように感じます。中学生の上級や高校生以上が適していると思います。



T.F様

H.T様

年齢:46歳、指導歴:8年、お子様:中学2年・小学4年

このDVDは、アウトサイドプレイヤーの動き方について、
数多くのパターンを紹介されてます。
バスケットボール未経験の指導者の方が、そのパターンを知る上では、
非常に参考になるかと思います。 ハンドオフでの、渡す方は手を縦にする、
受ける方は片手で取りに行く、という部分は、改めて、指導していこうかと考えております。


「返金保証」をお付けいたします

返金保証

「興味はあるけれど、本当にアウトサイドプレイヤーを育成できるのか?」
「おなじように指導できるかわからないし、不安だな…」

もし、こう思われたとしても、ご安心ください。

今回のDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合には、商品到着後90日以内にご連絡ください。

何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。

ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。

これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。

 

重田恒文のインサイドオフェンスバリエーション2~インサイドと連動できるアウトサイドプレイヤーの育て方~

【DVD3枚組(合計収録時間128分)+メールサポート】

価格 16,980円(税・送料込)

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販

4つの安心お届け

Q&A(今までの教材との違いは何ですか?)

身体能力の高くない子どもでも実践できる内容ですか…?
もちろん大丈夫です。今回のDVDの内容を実践する上で、身体能力は関係ありません。事実、重田監督は、身長が低く、身体能力もそれほど高くない選手を指導しています。安心して選手の指導にあたってください。
教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されているメニューを実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「今すぐやろう!」という、あなたの気持ちだけです。
返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか?
もちろん大丈夫です。このプログラムに90日間取り組んでも、全く結果がでなかった場合、何度ご覧いただいた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。
インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。あなたのウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。もし、それでも「やっぱり心配だ…」と思われたのなら、ファックスでのご注文(代金引換)をご利用ください。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販

重田監督から、あなたへ…

私は、今回のDVDを撮影するにあたって、一つ大きな決断をしました。

それは、これまでの経験で得た本当に有効な指導法を、「包み隠さず公開する」ということです。その中には、チームを強くするための「極意」と言っても大げさではないノウハウも含まれています。

もしかすると、「なぜ、そんな貴重なノウハウを公開するのか?」と思われるかもしれません。

たしかに、私が48年間の指導経験から得た育成ノウハウを公開することは、多くのライバル校に、チームの手の内を明かしてしまうことと同じです。対策を取られてしまう可能性もあるでしょう。

それでも、私が公開しようと決めたのは、恵まれない環境にあり、決して能力が高いとは言えない選手たちでも、指導者次第で強いチームにできることを知ってほしいからです。

私はこれまで、「強豪校」と言われるチームにいるような能力の高い選手たちを指導したことがありません。一般的なレベルの選手たちや、あきらかに能力の低い選手たちを指導し、チーム作りをおこなってきたのです。

若いころは、今のあなたのように指導に悩みました。しかし、それでも熱意を持って指導し続けたことで、いくつかの優れた結果を残すこともできました。

高校生を教えていたときは、全国大会へ23回出場。大学生では、男子が創部7年目で全国大会へ、女子は、創部2年目で東海大会準優勝を果たすことができました。

これは、私だからできた特別なことではありません。

あなたの熱意があれば、必ずチームを強くすることができるはずです。だからこそ、選手の能力が高くないからと育成をあきらめないでください。今回、私がお伝えするノウハウを活かし、限界まで選手の能力を引き出し、才能を開花させてあげてほしいのです。

今のチーム戦術を大きく変える必要も、一から立て直す必要もありません。

あなたも、アウトサイドプレイヤーの育て方を知ることで、チームの可能性をもっと広げてください。

今回のDVDが選手育成のお役に立てれば幸いです。

重田恒文

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

FAXでお申し込みの方はコチラ

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX
オンライン通販