【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.50

オフェンス スキルアップ トレーニング ドリブル 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー

※お知らせ
こちらの記事は、新型コロナウイルス感染が広がる前に執筆した記事となります。

石川県の高校チームにて、ドライブスピードを上げる練習をしました。様々なチームにてこの練習をしていると、見事に共通した特徴があります。それはただ走るだけの場合と、ドリブルを入れたときの走り方が大きく異なるということです。

ドリブルが入るんだから当たり前だろうと思う方もいるでしょうが、これは技術的なボール・ハンドリングをするという意味ではなくて、単純に前へ走るという動作に規則的なドリブルが入るだけの動きについて申し上げています。

いわゆるダッシュにドリブルが付くというだけであり、それならば誰でもできると思ってしまうのですが、これが意外と不得意な選手をたくさん見ています。

だからこそ体力トレーニングの部分で動きづくりを行う価値が生まれます。

本レポートでは私が現場に赴いて実際に鍛練をおこなった内容、および選手の様子をお伝えすることを目的の一つとしています。言葉伝いでありますが生の情報を、私の責任と判断のもと可能な範囲において公開しています。

ここに書くことは私の持論、理論ではありません。現実的に起こっている状況として事実をありのまま文字にすることを自分なりの原則としています。

理論や方法論を集約させてまとめ「この物事の結論はこうである」という確定を、ここでは一切致しません。

目の前にある問題を受けて、このような試みをしている、このような成果が実際に見られたという他者の実体験を、どうぞご自身の材料にしていただければと思います。

理論のまとめは致しませんが、事例として公開していますので、あとは活用してください。

さて話をドライブに戻しましょう。

ドライブについてはポイントとなる要素が二つあります。細かく見ればいくつも出てくるのですが、より影響が大きいものとしてはこの二つです。

ドライブスピード①「一歩目の動き出し」

あなたは「よーいドン!」のところ、一歩目の飛び出し方をどのような動作でおこなっていますか?

私が見てきた選手たちの動きは、①頭から前のめりに動き出すか、②床を蹴ろうとする動き、このどちらかが主です。

このどちらも良い動きにはなりません。つまりそのあとのダッシュが散々な走りであるということです。つまずきそうになったりドタバタと重い脚になったりと、かえってパフォーマンス発揮を遮っているような様子です。

スタートの體の動かし方というのはダッシュ力において一つのカギになっていますので、ぜひ鍛練を積まれてください。

でもいつもどおり、私の話すことは難しくありません。誰にでもできます。

今回、このような練習をしてみました。

軽くポンポンとその場でジャンプします。緩い縄跳びをしているくらいの動きをして、あるタイミングで突然走り出してみましょう。

当然、空中にいる時に走り出せるはずはありませんから、着地のタイミングで前へ出ることになります。その際にどのような動きで飛び出すでしょうか。

たぶん上記①②のどちらか、もしくは両方の動きになってしまう人が多いと思います。

これを起こさずに飛び出すには體をどのように使えば良いか?

私のトレーニングでおこなっているのは、着地と同時に片方の脚を素早く上げる訓練です。いわゆる腿上げですね。

両脚でポンポンと跳ねてください。ご自身のタイミングで着地の瞬間にどちらかの脚をクイックで上げてみましょう。股関節を引き上げるようにします。片方だけです。

言葉を体現することは難しいものですが、それでも上手くできないとすればこれがスタートダッシュで重くなる一因と考えてください。走り出しの腿上げを磨くことで、あなたの走りは大きく変わります。

ただ脚を上げるだけでなく、一歩前へ飛び出してみましょう。後ろ脚を伸ばし、前脚を上げ、腕を前後に大きく振ってください。その全体動作の中で、とくに腿上げの感覚が必要になります。

しかしおそらく一歩前へ出ようとすれば、腿上げよりも頭を前のめりに崩す動きが強調されると思います。前へ出ようとする意思が、どうしても脚に先んじて上半身から動かしてしまうのです。

これを我慢して脚の動作を先行させる訓練をします。

動作全体では一歩前へ飛び出す動きをしますが、これの主動は脚でおこないます。床への着地と同時に、上体を前へ出すのではなく腿上げを最初の動作としておこなえれば、強い初速を生むことができます。

左右の脚で比べるとより感覚が掴めるでしょう。必ず上手くできる側とできない側があります。その差を実際に感じることでも、自身の学びに繋がるはずです。

これはある意味で我慢の練習です。急いで前へ出たくなるのですが、抑制して脚の動作をしっかりとおこなうボディ・コントロールが必要です。

この石川県の選手たちも、縛られた自分の動きに四苦八苦していました。頭では解っているつもりでも體が言うことをきかないという人もいれば、自分では正しく動いているつもりでいてどう間違っているのかさっぱり解らない、そういう人もいました。

これは體への感受性が弱いということを物語っています。技量というものはすべて體を使う感覚、コントロールする力ですので、こういった訓練を練習の中心にしていく必要があります。

次回はドライブスピードの2つめをお話したいと思います。

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp

・TEL:0120-242-007
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム2~精度の高め方~
ショート・ミドルレンジからのシュートも

高精度にできる「精度の上げ方」がコレ↓
https://rs39.net/c/bk/ckis_2/bl/

 

■ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ

https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加