【自宅トレ】4つのハンドリング練習法【バスケ】

スキルアップ ドリブル 練習メニュー

今回は、自宅トレに最適なハンドリングについてご紹介したいと思います。

いきなりですが、もう少しボールを上手く扱えるようにしてあげたいけどハンドリング練習にあまり時間を取れていないと悩んだことってありませんか?

実はボールの扱いをスキルアップさせるには、ボールに触れる「手の部分を意識するだけ」でいいんです。

自宅でできるトレーニングなので、ぜひチャレンジしてみてください。

ボールタッチ

一つ目はボールを叩く(掴む)ハンドリングです。
片手ボールを持ち逆の手でボールを叩く、ただそれだけです。
力任せに叩かなくても「バチン!」と大きな音が鳴ります。
このハンドリング練習で意識するのは、手のひら全体とボールをピッタリと合わせることです。
指だけでバチンと叩くと痛みも伴いますし、あまり良い音は鳴りません。
手のひら全体でピッタリ合ったときは痛くなくい「バチン!」と大きな音が鳴ります。
しっかりとボールの中心に手が密着する感覚を掴むために必要で、キャッチ後のパスの感覚などのハンドリング力が上がりますのでオススメです。両手ともやるようにしましょう。

ボールつまみ

指先で掴んだボールをギュッとつまみ出すようにして左右に飛ばすハンドリング練習です。
「投げる」のではなくて、「つまみ出す」ようにするとポーンと軽くボールが上がります。
この練習を行うことで、指の筋力が上がるのでプレー全体のハンドリング力がアップします。
腕全部で投げないで、指でつまむことに注意してやってみてください。

ボール渡し

次は、手首の力でボールをタッチするハンドリング練習です。
くある両手でパタパタと行うものですが、基本というだけあって高い効果を得られるドリルです。
このトレーニングでは主に、腕の力と手首のスナップを強化することができます。
ポイントとしては1つ目のボールタッチと同様に、手全体にボールが乗ることを意識してやってみてください。

真上シュートリリース

次は仰向けに寝て、真上にシュートリリースするハンドリング練習です。
やったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
シュートフォームが崩れた時ときなどにも有効なハンドリング練習ですが、それだけではありません。
一番得られるものはボールの回転です。シュートやパスなどはボ-ル回転を必要とします。
この練習を行うことで自宅にいながら綺麗なボールの回転を得られスキルアップに役立ちます。
ポイントは回転しながら腕の位置を動かさずにできるかを意識してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新型コロナウイルスの影響により、体育館でプレーできない期間が長くなっていると思います。

今回ご紹介したハンドリング練習法は初心者やミニバス選手などの、自主トレや自宅トレーニングに活用いただけると思います。

ただ1つ、「ボールに触れる手の部分を意識するだけ」で簡単に解決できます。

ハンドリング指導にお役立ていただけると嬉しいです。自宅でできますので、ぜひ選手たちへシェアしてあげてください。

ただし、ボールを扱うので周りに割れるものや危険なものがないかを十分に確認して行ってくださいね。