menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。

 

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した

オフェンスシステムのことです。

 

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、

2005年まで活躍されました。

「…で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と

思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

 

プリンストン・オフェンスとは、

バックドアプレイを狙いながら、

 

ボールに対して選手全員が連動して、

規律と自由の融合で相手を翻弄しながら

得点を上げるシステムのことです。

 

 

続きは動画でご覧ください。

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

 

もし、上記の動画をご覧になられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから

取り入れてみても良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【アナライズ】片岡編集長のレポート①

  2. 【ミート】キャッチした瞬間に相手を抜く方法とは?

  3. 【速攻】速攻時のサイドアウトは真ん中に出すべきですか?【バスケ】…

  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付…

  5. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性につ…

  6. 【攻略】ゾーンディフェンスをカンタンに攻める方法

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る