menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付ける方…
  5. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません。【新…
  6. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作DVD…
  7. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  8. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴
  9. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  10. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。

 

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した

オフェンスシステムのことです。

 

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、

2005年まで活躍されました。

「…で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と

思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

 

プリンストン・オフェンスとは、

バックドアプレイを狙いながら、

 

ボールに対して選手全員が連動して、

規律と自由の融合で相手を翻弄しながら

得点を上げるシステムのことです。

 

 

続きは動画でご覧ください。

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

 

もし、上記の動画をご覧になられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから

取り入れてみても良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

  2. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  3. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

  4. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化…

  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができない…

  6. 【バスケ】接戦を勝ちきれない方は必見です。

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 大学リーグや、B.LEAGUEのアーリーカップが開催しました。今年も本格的なバスケットボール…
  2. これまでのメッセージを通じ、本稿筆者の視点から、プレーの特性、指導哲学、ドリルの構成などを通じ、『超…
  3. 本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性…

おすすめ記事

  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
ページ上部へ戻る