menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  4. 【バスケ】 オフェンスリバウンドのリターン、そしてリスクについて
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  6. 【片岡編集長のレポート】良いトランジションディフェンスと悪いトランジシ…
  7. 【片岡編集長のレポート】ディフェンス力向上に欠かせない、『STOP T…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  9. 【上達動画】速攻が出せないチームが行っていない、リバウンドの秘密【バス…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 50人100人のチーム…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】カンタンに得点を取れる戦術の紹介【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、「プリンストンオフェンス」をご紹介したいと思います。

 

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した

オフェンスシステムのことです。

 

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、

2005年まで活躍されました。

「…で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と

思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

 

プリンストン・オフェンスとは、

バックドアプレイを狙いながら、

 

ボールに対して選手全員が連動して、

規律と自由の融合で相手を翻弄しながら

得点を上げるシステムのことです。

 

 

続きは動画でご覧ください。

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

 

もし、上記の動画をご覧になられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから

取り入れてみても良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アーリーオフェンスマニュアルについてご質問いただきました。

  2. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バス…

  3. 【育成法】センタープレイヤーを中心としたチーム作りをこっそり教え…

  4. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利…

  5. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】

  6. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その3
  2. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結する理由
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイアスを取り除こう その2
ページ上部へ戻る