menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した
オフェンスシステムのことです。

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、
2005年まで活躍されました。

「で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と
思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

プリンストン・オフェンスとは、
バックドアプレイを狙いながら、

ボールに対して選手全員が連動して、
規律と自由の融合で相手を翻弄しながら
得点を上げるシステムのことです。

このオフェンスのメリットは、レベルや技術に関係なく、
どのチームでも取り入れられるということです。

つまり、どんなチームでも
強豪校に勝つための戦略の一つなのです。

動き方などを文章で書いてもわかりにくいと思いますので
本日は動画をご用意しましたので、ご覧ください。


いかがでしたか?

もし、上記の動画をご覧に
なられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから
取り入れてみても良いかもしれませんね。

今週も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ミニバス】指導者から「どうしたらいいんだ!」と質問を受けました…

  2. 【重田理論】ローポストでの面取りについて

  3. 【バスケ】走るコースによって速攻が無駄になります。

  4. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!

  5. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!

  6. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その1

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る