menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を…
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
  4. 【ディフェンス】ボール回しだけで、相手はバテバテになります【バスケ】
  5. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 
  6. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法
  7. 【上達動画】オールコートプレスに有効なディフェンスフットワークとは…?…
  8. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法
  9. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【戦術】…
  10. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した
オフェンスシステムのことです。

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、
2005年まで活躍されました。

「で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と
思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

プリンストン・オフェンスとは、
バックドアプレイを狙いながら、

ボールに対して選手全員が連動して、
規律と自由の融合で相手を翻弄しながら
得点を上げるシステムのことです。

このオフェンスのメリットは、レベルや技術に関係なく、
どのチームでも取り入れられるということです。

つまり、どんなチームでも
強豪校に勝つための戦略の一つなのです。

動き方などを文章で書いてもわかりにくいと思いますので
本日は動画をご用意しましたので、ご覧ください。


いかがでしたか?

もし、上記の動画をご覧に
なられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから
取り入れてみても良いかもしれませんね。

今週も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】シュート成功率を上げるための3つの秘訣とは…?

  2. 【練習法】試合に強い選手を育てる方法

  3. ローポストでの面取りについて

  4. 【バスケ】ゾーンプレスの攻略は簡単…?

  5. 【バスケ上達動画】アウトサイドからの得点の割合を上げる方法

  6. 【バスケ】絶対に得点を取られる「セーフティーの位置取り」とは…?…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 前回の記事で、「ティーチングとコーチングの違いについて、ご紹介しましたが、記事を読まれた読者…
  2. 先日、ネットニュースを見ていると野球日本代表の4番 筒香選手がどのようにして開眼したのか?という…
  3. 2018年、一回目となりましたがやはりテーマは「目標設定」でいきたいと思います。…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】コーチングスキルで最も重要なこととは?【指導者必見】
  2. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)方法を考えてください。【指導】
  3. 【選手必見】目標達成の重要性
ページ上部へ戻る