menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した
オフェンスシステムのことです。

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、
2005年まで活躍されました。

「で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と
思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

プリンストン・オフェンスとは、
バックドアプレイを狙いながら、

ボールに対して選手全員が連動して、
規律と自由の融合で相手を翻弄しながら
得点を上げるシステムのことです。

このオフェンスのメリットは、レベルや技術に関係なく、
どのチームでも取り入れられるということです。

つまり、どんなチームでも
強豪校に勝つための戦略の一つなのです。

動き方などを文章で書いてもわかりにくいと思いますので
本日は動画をご用意しましたので、ご覧ください。


いかがでしたか?

もし、上記の動画をご覧に
なられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから
取り入れてみても良いかもしれませんね。

今週も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  2. 試合で結果が出ないオフェンスとは?

  3. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

  4. 【バスケ】フリースローが苦手という選手を即効で矯正する方法【シュ…

  5. 【片岡編集長のレポート⑧】八村選手のリバウンドダンクから読み取る…

  6. 【試合で外さないための練習法】クイックシューティングドリルとは……

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る