menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【戦術】プリンストンオフェンスってご存知ですか?【バスケ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プリンストン大学のピート・キャリル氏が生み出した
オフェンスシステムのことです。

ピート・キャリル氏はサクラメント・キングスのACにも就任し、
2005年まで活躍されました。

「で、一体どんなオフェンスシステムなの?」と
思われたと思いますので、カンタンにご説明させていただきますね。

プリンストン・オフェンスとは、
バックドアプレイを狙いながら、

ボールに対して選手全員が連動して、
規律と自由の融合で相手を翻弄しながら
得点を上げるシステムのことです。

このオフェンスのメリットは、レベルや技術に関係なく、
どのチームでも取り入れられるということです。

つまり、どんなチームでも
強豪校に勝つための戦略の一つなのです。

動き方などを文章で書いてもわかりにくいと思いますので
本日は動画をご用意しましたので、ご覧ください。


いかがでしたか?

もし、上記の動画をご覧に
なられても分りにくい場合は、

まずはモーションオフェンスから
取り入れてみても良いかもしれませんね。

今週も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができない…

  2. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付…

  3. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  4. 【バスケ】現代っ子は、ハーキーできない?

  5. 【ゴール下】高身長相手にシュートを決めるための「アンクルジャンプ…

  6. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る