menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付ける方…
  5. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません。【新…
  6. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作DVD…
  7. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  8. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴
  9. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  10. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【シュート】ボースハンドシュートについて【得点力アップ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、ミニバスの練習を見に行った際に

小学6年生の女子から、

 

「シュートするときに、ただ押し込んで

いるだけと言われるし、  高い弾道で打てないけど、何が悪いの?」

 

このようなご質問を受けました。

 

ツーハンドシュートは女子選手によくみかけられる

シュートフォームですが、

 

筋肉に頼らずに打てる、つまり力がない選手でも

3Pシュートを打てることがメリットです。

 

よく、リリース位置の高さからワンハンドが

有利と言われてきましたが、

 

最近は、新ルールでは3Pシュートの距離が

遠くなったため、トータル的にはツーハンドのほうが

シュートを決めやすいとも言われています。

 

プロ選手などのトッププレイヤーは

ミドルシュート(届く範囲のシュート)はワンハンドで

 

3Pシュート(片手で届かない範囲)はツーハンドでと

使い分けている選手なんかもいますね。

 

そんなツーハンドシュートですが

押し込んで入れているというのは

ボールに回転がかかっていないということです。

 

かんたんに言うと、ボールを腕だけで

押し出しているということです。

 

これによって、砲丸投げのように

ボールには回転のかからなくなり

高い弾道を描けないのです。

 

ボールに回転がかかっていれば、高い軌道を

描けるようになります。

 

それだけではありません。

 

回転をかけることで、軌道がブレることが

少なくなり、飛距離も伸びます。

 

その解決策が『手首を回内』させることです。

 

まず、ボールを持ったときに

ボールの中心を指している指、つまり両手の

人差し指がリングの中心を指すように持ってください。

 

そして、シュートのときですが

 

ツーハンドシュートといっても

ボールを押し出す際に、利き手はあるはずなので

無意識に、どちらかの手の力が強く伝わるはずです。

 

手首をスナップしてしまうと左右に力が加わり、

ボールが曲がる原因にもなるので、

手首を回内させて、ボールを打つことが重要です。

 

フォロースルーは手の甲と甲が合わさるようになり、

親指が下を向くようにすれば

自然と回内ができるようになります。

 

また、その際の肘は両脇からこぶし一個分くらい

離すようにしてください。

 

開きすぎると力が横向きになってしまうし、

閉めすぎるとボールの持ち方が悪くなってしまいます。

 

味方からパスをキャッチした状態から

少しだけ指先が上を向くように構え、

 

口元がディフェンスに見えなくなるように

意識してボールを下に下ろさないように注意してください。

 

前に飛ばそうという意識から、手が前方向に行くのではなく、

綺麗な弧を描いてリングに入るように

きちんとループさせて打つことです。

 

 

ミドルはともかくロングレンジからの

シュートは感覚を掴むしかないので

たくさんシュートを打つしかないと思います。

 

 

実際、相談を受けた女子選手も

手首の回内を意識させることで

 

 

自然と回転がかかり

高い軌道でシュートが打てるようになりました。

 

 

また、回内を意識させるだけなので

再現性も高いため、とても有効な方法だと思います。

 

 

ぜひ、ツーハンドをシュートを指導する際は

手首の回内を意識させてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【速攻】速攻時のサイドアウトは真ん中に出すべきですか?【バスケ】…

  2. 【古武術バスケ】ビックマンを押し出すディフェンス方法を教えてくだ…

  3. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  4. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇…

  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

  6. 【片岡編集長のレポート⑥】Off Ball Screenを駆使し…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 大学リーグや、B.LEAGUEのアーリーカップが開催しました。今年も本格的なバスケットボール…
  2. これまでのメッセージを通じ、本稿筆者の視点から、プレーの特性、指導哲学、ドリルの構成などを通じ、『超…
  3. 本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性…

おすすめ記事

  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
ページ上部へ戻る