menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  5. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  6. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  9. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】一人になれない
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは

相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時です。

 

そんな時に多くの選手は、スライドステップから、クロスステップにフットワークを切り替えるのですが、

この切り替えについて、あまり理解していない選手が多いです。

 

■クロスステップへの切り替えよりも仕留めるところがポイント

相手のスピードに置いていかれないために、クロスステップへ切り替えを行いますが

切り替えのタイミングを間違えていると勘違いしている選手が多いです。

 

しかし、多くの選手が抱える問題点は切り替えのタイミングではなく、切り替えた後の仕留め方です。

 

厳密にいうと、クロスステップを用いて相手オフェンスを守っている際に

もっとも抜かれる瞬間は緩急をつけられる瞬間です。

 

つまり、スピードにのった相手が急に止まり、その後方向転換を行い

さらにスピードを上げていくタイミングがもっとも抜かれてしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、仕留めるタイミング=トップスピードを緩める瞬間に、フットワークを用いて緩急をおこさせない

ということが重要になります。

 

解説は動画でご覧ください↓

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No…

  3. 保護中: 【限定記事】安易なBall screenで得点できる時…

  4. 【重要】ご登録ありがとうございます。

  5. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

  6. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  2. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…
  3. あなたはドリブル指導する時、どのように選手へポイントを伝えていますか?また、どんなことを意識…

おすすめ記事

  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
ページ上部へ戻る