menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャ…
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
  4. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み
  5. 【片岡編集長のレポート③】ミドルラインにおけるスペーシングと「dish…
  6. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  7. 【片岡編集長のレポート②】ドライブインに対するインサイド選手の合わせ方…
  8. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
  9. 【バスケメルマガ】また1人、新しい仲間が加わります!
  10. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよ…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは

相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時です。

 

そんな時に多くの選手は、スライドステップから、クロスステップにフットワークを切り替えるのですが、

この切り替えについて、あまり理解していない選手が多いです。

 

■クロスステップへの切り替えよりも仕留めるところがポイント

相手のスピードに置いていかれないために、クロスステップへ切り替えを行いますが

切り替えのタイミングを間違えていると勘違いしている選手が多いです。

 

しかし、多くの選手が抱える問題点は切り替えのタイミングではなく、切り替えた後の仕留め方です。

 

厳密にいうと、クロスステップを用いて相手オフェンスを守っている際に

もっとも抜かれる瞬間は緩急をつけられる瞬間です。

 

つまり、スピードにのった相手が急に止まり、その後方向転換を行い

さらにスピードを上げていくタイミングがもっとも抜かれてしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、仕留めるタイミング=トップスピードを緩める瞬間に、フットワークを用いて緩急をおこさせない

ということが重要になります。

 

解説は動画でご覧ください↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【上達法】ディフェンスの正しい姿勢はオフェンスと同じ?

  2. 保護中: 女子選手の運動能力は低いという思い込み

  3. 【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  4. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法

  5. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その2

  6. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回は、U-18アジア選手権(2016)、U-19男子ワールドカップ(2017)、U-16アジア選手…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 前回までのメルマガでは、U16代表チームや、B.LEAGUEのプレーより、ドライブからの状況判断につ…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使してチャンスを作るオフェンス戦術
  2. 保護中: 今の日本の子供たちに、運動する力を自ら磨き伸ばす力を蘇らせよう その4
  3. 【片岡編集長のレポート④】ドライブインからの「状況判断」について
ページ上部へ戻る