menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Bur…
  4. 【星澤理論】一般校が取り入れるべき、オフェンス戦術とは…?
  5. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  6. 【片岡編集長のレポート⑩】フルコートディフェンスの精度を高めるための方…
  7. 保護中: 【トレーニングレポート】3代目でようやく手にできた強化への足…
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】全身運動ができないバスケ…
  9. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)ということを軸…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォームア…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは

相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時です。

 

そんな時に多くの選手は、スライドステップから、クロスステップにフットワークを切り替えるのですが、

この切り替えについて、あまり理解していない選手が多いです。

 

■クロスステップへの切り替えよりも仕留めるところがポイント

相手のスピードに置いていかれないために、クロスステップへ切り替えを行いますが

切り替えのタイミングを間違えていると勘違いしている選手が多いです。

 

しかし、多くの選手が抱える問題点は切り替えのタイミングではなく、切り替えた後の仕留め方です。

 

厳密にいうと、クロスステップを用いて相手オフェンスを守っている際に

もっとも抜かれる瞬間は緩急をつけられる瞬間です。

 

つまり、スピードにのった相手が急に止まり、その後方向転換を行い

さらにスピードを上げていくタイミングがもっとも抜かれてしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、仕留めるタイミング=トップスピードを緩める瞬間に、フットワークを用いて緩急をおこさせない

ということが重要になります。

 

解説は動画でご覧ください↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【電光石火】セカンダリーブレイクについて【バスケ】

  2. 【指導者】「怒られている子供を見たくないのですが…」と質問を頂戴…

  3. 【重要】ご登録ありがとうございます。

  4. 【バスケ】走るコースによって速攻が無駄になります。

  5. 【シュート】練習前にやってほしい【自主練習】

  6. 【戦術】チビでもインサイドで得点を奪うための方法

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 愛知県を舞台にインターハイが白熱して開催されていた一方、同時期、U-18男子日本代表チームはFIBA…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 長身選手を数多く持つチームに対抗すべく、前線からのプレッシャーディフェンスに活路を見出されているチー…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
  2. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすことにある その2
  3. 【片岡編集長のレポート⑪】『buy time(時間を奪う)』・『Burning time(時間を燃やす、消費させる)』事で、優位なゲーム展開に持ちこむ
ページ上部へ戻る