menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ディフェンス】スライドステップからクロスステップへ切り替えるタイミング【上達法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ディフェンスで最も警戒しなければいけないのは

相手のスピードに置いていかれて、抜き去られる時です。

 

そんな時に多くの選手は、スライドステップから、クロスステップにフットワークを切り替えるのですが、

この切り替えについて、あまり理解していない選手が多いです。

 

■クロスステップへの切り替えよりも仕留めるところがポイント

相手のスピードに置いていかれないために、クロスステップへ切り替えを行いますが

切り替えのタイミングを間違えていると勘違いしている選手が多いです。

 

しかし、多くの選手が抱える問題点は切り替えのタイミングではなく、切り替えた後の仕留め方です。

 

厳密にいうと、クロスステップを用いて相手オフェンスを守っている際に

もっとも抜かれる瞬間は緩急をつけられる瞬間です。

 

つまり、スピードにのった相手が急に止まり、その後方向転換を行い

さらにスピードを上げていくタイミングがもっとも抜かれてしまいます。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、仕留めるタイミング=トップスピードを緩める瞬間に、フットワークを用いて緩急をおこさせない

ということが重要になります。

 

解説は動画でご覧ください↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケブログ】「LINE@」はじめました!

  2. 【スキルアップ】センタープレイヤー必見の技術 その1

  3. 【バスケ】子供を真剣に楽しませられる指導法とは…?【育成法】

  4. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

  5. 【選手必見】目標達成の重要性

  6. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る