menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ動画】ピック&ロールの成功の鍵は●●?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?

先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。
理由として、スペースを有効に活用するためです。

あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?
僕はコチラを参考にしています↓

ピック&ロールは、ある程度のスキルがあるという前提があれば
次に必要なのは、「バリエーション」です。

なぜなら、ピック&ロールはある程度行うと、ディフェンスが先読みしてくるためです。
以前からお伝えしていますが、オフェンスは常に先手を打たなければいけません。

ですので、様々なバリエーションが、ディフェンスを後手にさせるポイントとなります。
ぜひ、明日の練習から、指導の参考にしてみてください。

ご紹介しているDVDはコチラ↓
http://www.mlritz.com/link/113/1/293/15/

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【オフェンス戦術】ピックアンドロールを巧く行えない理由

  2. 【バスケ】二兎追って2頭を得れる【今倉理論】

  3. 【武学籠球】武学は科学

  4. 坂口慎の【武学籠球】ワンモーションとツーモーションの安定感につい…

  5. 【小谷コーチの分析バスケ】各クォーターの得点の累計からゲームの様…

  6. 【片岡編集長のレポート⑤】Off Ball Screenを駆使し…

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る