menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  5. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  6. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  9. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
  10. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】一人になれない
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

試合でピックアンドロールを使える選手と使えない選手の「違い」とは…?

レギュラーシーズンも後半に入ったNBAですが

現在バスケの主流となっているピックアンドロールから、
得点チャンスを作り出しているシーンを多く見かけます。

しかし、あるコツを知っていない選手は

ピックアンドロールを試合では使えこなせません。

その「あるコト」とは…?

動画でご覧ください↓

 

いかがでしょうか。

ポイントは「ヘソの向き」を変えることで

ディフェンスのアングルを変えることだったのです。

 

もしも、試合でピックアンドロールを上手く使いこなせていなければ

ヘソの向きを指導してあげてみてください。

 

今回のご紹介している教材はコチラ↓

http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑦】プロから学ぶ、「ハンマープレー」で得点…

  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】勝敗へのこだわりとはなにか

  3. 【武学籠球】シュートで一番意識したいのは?

  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォ…

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  6. 小谷コーチの【分析バスケ】「T0/40MIN」を分析する

ピックアップ記事

  1. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  2. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…
  3. あなたはドリブル指導する時、どのように選手へポイントを伝えていますか?また、どんなことを意識…

おすすめ記事

  1. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  2. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  3. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
ページ上部へ戻る