menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  2. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  3. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  5. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  6. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  8. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  9. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  10. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

試合でピックアンドロールを使える選手と使えない選手の「違い」とは…?

レギュラーシーズンも後半に入ったNBAですが

現在バスケの主流となっているピックアンドロールから、
得点チャンスを作り出しているシーンを多く見かけます。

しかし、あるコツを知っていない選手は

ピックアンドロールを試合では使えこなせません。

その「あるコト」とは…?

動画でご覧ください↓

 

いかがでしょうか。

ポイントは「ヘソの向き」を変えることで

ディフェンスのアングルを変えることだったのです。

 

もしも、試合でピックアンドロールを上手く使いこなせていなければ

ヘソの向きを指導してあげてみてください。

 

今回のご紹介している教材はコチラ↓

http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】読書のススメ(1)

  2. 【バスケ】ボールの「持ち方」で、シュート精度は変わる【シュート】…

  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】毎日のちょっとずつ

  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

  6. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「Pace」を分析…

ピックアップ記事

  1. ディフェンスが上手くなりたいけど、よくフェイクにかかって抜かれてしまう…。このような悩みを抱…
  2. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  3. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】1対1のディフェンス時にどこを見るのがいいのか
  2. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  3. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る