menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52
  4. 【バスケ】キャッチが苦手な子のための簡単トレーニング
  5. 【バスケ】【初心者向け】ピボットのありがちな失敗パターンと練習法
  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.51
  7. 【バスケ】パスカットされる原因は意外なこと!?
  8. 【バスケ】プランク(肘立て)がきつい人の体幹トレーニング
  9. 【坂口慎の武学籠球】学校と部活のバランス
  10. 【バスケ】ドリブルが上手くなる…初心者向けの基礎ハンドリング
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【バスケ】家でできる肩回りのトレーニング1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、小学生でもできる肩回りのトレーニングについてご紹介したいと思います。

 

自粛生活が続く今の時期に、簡単なトレーニングをしたいけど…

「どんなことをやればいいか分からない」

「負荷をかけすぎて故障するのも怖い」

などと悩んでいませんか?

 

実はバスケットのためになる簡単なトレーニングが、100均で売っているダンベルやペットボトルで適度な負荷をかけて行うことができるのです。

 

 

用意するもの

・背もたれのある椅子

・ダンベル(体重の4%~5%程度の重さ または1kg~2kg)

※100円均一で売っているもので充分ですが、ペットボトルに水を入れて重さを調整してもOKです。

 

 

バタフライ

椅子に軽く腰を掛け、背もたれにもたれます。このとき上半身は、斜めに真っすぐ伸びている状態です。

背中が丸くなったり反り返ったりしないよう注意してください。

 

両手にダンベルを横向きに持ち、腕は身体に対して90度に伸ばします。ゆっくりと息を吐きながら、ダンベルを縦向きに捻って胸を開いていきます。

胸がしっかりと開いていて、肩甲骨は閉めていることを意識してください。肘は少し曲げた状態がいいと思います。

 

また、ゆっくりと息を吐きながらダンベルを横向きに捻って腕を身体の前に戻していきます。

このときは、胸が閉じていて肩甲骨が開いている状態を意識してください。

 

胸を開く、胸を閉じる、を繰り返します。慣れてきたら、胸を開いた反動を使って閉じるようにしてください。

 

 

何回やればいいの?

15回×3セットを目安にやってみてください。

各セットのインターバル(休憩時間)は、30秒~1分ほどが良いと思います。

 

体格や年齢に応じて調整しても大丈夫ですので、1セット15回が難しい場合は回数を減らすなど、無理のないようにしてください。

 

 

気をつけること

とても簡単なトレーニングですが、気をつけることがあります。

 

腕だけでダンベルを動かすと、肘を痛めるなどのケガに繋がる可能性があります。

また、胸がきちんと開いていないとトレーニングしている意味がありません。

 

まずはゆっくりでいいので、トレーニングするべき箇所が稼動している事を確認しながらやってください。

 

 

バスケットには有効?

もちろん有効です。

トリプルスレッドスタンス…つまり基本姿勢を作る際に、背中が丸くなったままだと良い姿勢が作れません。

ドリブル、パス、シュート、どのプレーもいい基本姿勢が作れると、いいパフォーマンスに繋がります。

 

胸が開くことと肩甲骨を動かすことは、バスケットにかなり活きてきますので、ぜひやってみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、バタフライトレーニングをご紹介しました。

・椅子に浅く腰をかける

・1kgくらいの軽いオモリで実践できる

こんな便利なトレーニングです。

 

やり方のポイントは、

・胸をしっかり開く

・肩甲骨を動かす

・腕の動きに合わせて手の向きも捻る

です。

 

これまで簡単なトレーニングをお探しのあなたに、ぜひやっていただきたい肩のトレーニングをご紹介しました。

 

100均のダンベルやペットボトルなどで負荷をかけられ、小学生や中学生の選手にも行うことができます。

お家で簡単にできますので、自主練にオススメのトレーニングです。

 

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

 

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【バスケ練習法】なぜ、たった58分で1対1から5対5まで練習が行…

  2. 【オフェンス戦術】ピックアンドロールを巧く行えない理由

  3. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?

  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】FT%から読み取る…

  5. 【バスケ】まだまだある!ピポットの応用テクニック

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.…

ピックアップ記事

  1. ディフェンスで活躍したいという人必見。動きやすくて、プレッシャーがかかる構え方をご紹介したい…
  2. みなさん、こんにちは。慎です。緊急事態宣言が解除され、やっと…
  3. 肩甲骨というのは、肋骨の後ろ側にくっついている三角形の板です。これが胸郭の背面上部で上下や左…

おすすめ記事

  1. 【バスケ】動きやすいディフェンスの構えとは?
  2. 【坂口慎の武学籠球】「緩急」をつけるために
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.52

line

SNSでも情報配信中!

ページ上部へ戻る