【バスケ】ハイポスト1対1 超基本編

オフェンス シュート スキルアップ ドリブル 指導法 練習メニュー 育成法

「ハイポストでもらって!」

 

そう指示された選手は、言われたとおりにハイポストでもらったけれど・・・。

もらったまま何もできないでパスしてしまう・・・。

 

そんなお悩みに、今回は、ハイポストからのシュート指導法をご紹介したいと思います。

 

 

ステップ1「まずはリングを向く」

どこでボールをもらっても共通していますが、まずは攻めるリングに向くのが基本です。

リングに向いていないとシュートにすらいけません。

 

これは、当たり前なことですけど、意外と出来ていない選手やチームが多いんです。

 

リングに、背中を向けてボールをもらいます。

もらったら、ターンしてリングに向きます。

この時、必ず顔を上げてリングを見ましょう。

 

できれば内側の足を軸に、リバースターンをおススメします。

なぜなら、ポスト周辺でのフロントターンはディフェンスに押し出されやすく、大回りになる可能性が高いからです。

 

 

ステップ2「シュートを打つ」

ターンをしてリングを向いたら、まずはシュートです。

 

普段からドライブにいく選手ならともかく、何を仕掛けてくるか分からない選手が相手の場合は、適度な間合いが空いていることが多いですので、まずは積極的にシュートを狙っていきましょう。

 

また、ターンでしっかりリングに向くことができていれば、シュートは打てるはずです。

ここからのシュートを打つことで、シュートチャンスが増え、また得点も増えます。

 

 

ステップ3「シュート打てなかったらドライブ」

ターンからのシュートを狙ったけれど、ディフェンスが詰めてきていたり、シュートフェイクにかかったりしたらチャンスです。

ウィークサイド(コート縦半分に割った近い方のサイドライン側)を、強くドライブで抜いていきましょう。

 

この時は、強いドリブルでレイアップまでいきます。

途中で止まったりパスしたりすると、ボールを奪われるリスクが上がります。

 

シュートまでいけば、得点できる可能性もありますし、ファウルをもらえる可能性もあります。

 

 

このたった3つ

まずは、この3つをやってみてください。

 

・ボールをもらったらターンしてリングを向く

・リング向いたらシュートを打つ

・シュート打てなかったらシュートをフェイクにして、ドライブでレイアップまでいく

 

ハイポストでもらった後どうしたらいいか分からない…という場合の、基本的な3つのポイントをご紹介しました。

 

その他にも、ハイポストからの1対1のレパートリーはたくさんあります。

またご紹介していこうと思います。

 

ぜひ、指導の参考にしてみてください。

 

超おすすめLINE友だち登録で、今なら最先端の技術”を知るトップシューティングコーチである今倉定男氏のDVD教材が今なら半額。

友だち追加