menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  2. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  3. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  6. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】一人になれない
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「切り返…
  9. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】ボックススコアによる評価…
  10. 坂口慎の【武学籠球】僕が筋トレをしなくなった要因
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 いまこそ「キャプテン」を考えよう その5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたはチームを率いる者に何を求めるか。あなたがもしキャプテンだったら何をしようと思うか。コーチにとってもキャプテン本人にとっても、チームメイトにとっても深く考える価値のあるテーマだと思う。

もしこれまでキャプテンというものに特別の視点を持っていなかったのなら、ここから考えていただきたい。

▽チームリーダー

リーダーという言葉を調べると「指導者」「集団の代表者」「統率する者」などと出てくる。全員を引き連れて皆で同じ場所へ行く、そのために自らの力を尽くす者がリーダーと言える。チームのために動く思考がキャプテンには間違いなく必要だ。

プレイで魅せること、自分だけが活躍すること、それがキャプテンの資質ではない。己が犠牲となることも厭(いと)わず引き受け、全体でひとつになって共に進む精神こそリーダーの本質である。

それは自分が偉くなる事ともまったく違う。権力的にミラミッドの頂点に立つような思考は、キャプテンの真意を見誤っている。

全体を仕切るとは全体を守るということであり、最も高いところに立つということでは断じてない。意見の強い者、力関係の上の者、年齢、学年、そのようなものをキャプテンやチームリーダーを選ぶ基準になど、間違ってもしてはいけない。

▽絶対的存在

チームはキャプテンを必要としている。一つの集団が目的を果たすためにまとまろうとすれば、必然的にリーダー的存在が現れて場を結束させていくようになる。これはスポーツも同じことだ。

とくに団体競技の場合、個々の勝手を押さえて各々の持っている力を一つの方向へ向けるためには舵取りがいなくてはいけない。普段のチーム活動でまとまれるか、試合でまとまれるか、すべて集団で一つの結果を出すものだから絶対的存在と言える。

そこまで大切なポジションをあなたはどこまで真剣に考えているだろう。点取り屋のエースだからキャプテン、声が大きいからキャプテン、消去法で致し方なくキャプテン。本当にそれでいいのか。

本当は適任がいないから、まったく別の理由で決めてしまっている現実がある。そこに誰かを埋めなくてはいけないから、しかたなく他の部分で目立つ者をキャプテンとし仕事をさせるというものだ。

もしくは本当にその存在を軽んじている場合もあるだろう。しかし本当にキャプテンとはその集団のリーダーつまり支柱、絶対無二の存在なのだ。それ如何でチームの行方は大きく振れる。

▽キャプテンを育てよう

いないのなら、育てるしかない。常に選手各々が自立に向けて努力しつつ、強く結束するようなチームづくりをしませんか。

技術的な進歩ばかりに目を向けていては、リーダーは生まれない。コーチはとくに選手たちのチーム活動および日常生活の向上を積極的に進めて、日頃からリーダーづくりを行っていくことが必要だ。

選手同士の付き合いが薄っぺらいものであったなら、まずリーダーは生まれない。リーダーとかキャプテンという存在は人間の気質で語られることが多い。しかし本来それは性格的な意味ではなく、仕事であり役割のことを意味する。

だからキャプテンシーのある人間がいなくても、それを嘆くのではなく、芽生えたり育ってくるように手間暇をかけてアプローチしてもらいたい。

抜群の人間は出てこなくとも、チーム成長に少なからず貢献するキャプテン役は出現すると思う。

良いリーダー、良いキャプテンをつくることもチームづくりの課題だ。競技力を上げることも必要だし、それをさらに倍増させるための人間関係づくりも同じくらい重要なのだ。

人間同士がまとまるにはチームのリーダーの存在は欠かせない。もう一度キャプテンという存在についてよく考え、チーム成長に繋がる適任者を選び、もしいなければ時間を掛けて育てていこう。

誰がそのコーチの仕掛けで目覚めるか。コーチ自身も見えていなかった存在に、チームが救われる日がくるかもしれない。

(了)

 

このメルマガを通してあなたからの質問をお待ちしています

今の取り組みに疑問や苦労があり、ヒントやきっかけを持ちたいと悩んでいる人、
今の自分と違う角度の発想や見方を知りたいと、勉強意欲を湧かせている人など、
動きづくりや体づくりについて、活路を見出したいものがあればぜひ質問をお寄せください。

トレーニングメソッド、教育、子育て、メンタル、社会時事など、あなたの知りたい事柄について、遠慮なくお伝えください。

▼宛先
・Eメール:info@basketball-school.jp

・TEL:0120-242-007 (担当:平沼)
・FAX:0120-242-215

▼募集要項
1)氏名  ※フルネーム/ペンネーム/イニシャル/匿名 などの指定があればお伝えください

2)性別
3)年齢
4)お住まいの地域(都道府県)
5)内容

▼内容
今の状況
②自分が取り組んでいること
③改善・上達したい部分
④これまでのプロセス・経緯

どうぞ自由なテーマでお寄せください。たくさんのご意見・ご質問をお待ちしております。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナチュラルパーフェクトシューティングシステム
日本人がまだ知らないシュートの常識のウソ
https://rs39.net/c/bk/ckis_1/bl/

 

星澤純一の「マンツーマンディフェンスバイブル」
あなたのマンツーマンディフェンスの常識が変わる?
https://rs39.net/c/bk/ckhj_2/bl/

 

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」
もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/bl/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」
「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。
でも何か物足りないと感じている方へ
http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法
未経験者ばかりの公立校バスケット部が情け容赦なくシュートを決めて、

14年で7度も全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。
http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2
なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~
なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?
http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル
もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法をお伝えしますが…
http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~
今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~
なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り
なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame
なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、
試合に勝てるチームに変わったのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント
私が、どうやって、昨年初戦敗退の一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。
http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス
なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?
http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション
170㎝以上の選手がいない一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2
インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!
http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)
ドリブルを思い通りに操るセンスと、試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?
この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…
http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

バスケットボール上達DVDを、無料で視聴しませんか?


アメリカでも活躍した日本人選手や、弱小バスケ部を全国有数の強豪校に育てた名監督などが出演!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【小谷コーチの分析バスケ】ランニングスコアから紐解くキャプテンに…

  2. 【バスケ】シュートレンジが最大「約3m広がり」 確率が「2倍ア…

  3. 【得点の取り方】インサイドのダブルチーム対策【攻め方】

  4. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】「Pace」を分析…

  5. 保護中: 【限定記事】ポストDFの理解と、発想の世界が拡がると確…

  6. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No…

ピックアップ記事

  1. 体力づくりの一端に、重量物を扱うウエイト・トレーニングがあります。スクワット、デッド・リフト、ベンチ…
  2. 先日、DVD教材でも講師を務めていただいている星澤純一先生のレッスン会に参加してきました!そ…
  3. みなさん、こんにちは。今回はいきなりですがこちらの動画からご覧ください。【必見!】ス…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  2. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  3. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?
ページ上部へ戻る